Windows Movie Maker 2012

子供のウィンドウズPCに動画編集アプリを入れようとしたところ、Microsoft社のMovie Makerがなぜだか「サポート終了」として、日本の同社のホームページから消えていました。無料であることに加え、ちょっとキャプションを入れるだけの様な簡単な編集には便利なアプリだったので残念、と思っていたら、ダウンロードサイトが他にありました。

<https://www.windows-movie-maker.org/>

city.osaka.lg.jp

リンク先の記事は、救急隊が搬送後に自販機の飲料で一息ついたところが、ある種の大阪市民のお気に召さなかったという内容の様です。 <http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000419363.html>

九大にいた時消防署に泊まって、救急車の出動時に一緒に救急車に乗って救急の現場を見るという実習がありましたが、その時に救急隊の方からはじめに言われた注意事項を思い出しました。

曰く、「先生方が病院にいたら感じないかもしれませんが、市民の権利意識が厳しく、救急の現場でも、ガラスが飛び散っているような場所で靴を脱がずにけが人のところに向かったのを、土足で家に上がられたとクレームつけられたり、担架に患者さんを乗せて運んでいるときに、道をあけてもらおうとしたのを、患者の家族を突き飛ばしたとクレームつけられたりすることがあるので、患者さん以上に周りの人に注意して行動してください」

その当時はそうだったかもしれませんが、今では病院にいる先生方も市民の権利意識を感じる機会は多くなっているかもしれません。