ACP Japan Chapter Local Nominations Committee Interim Report

委員長の永山正雄先生(国際医療福祉大学大学院医学研究科神経内科学)から中間報告を頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chair: Masao Nagayama, MD, PhD, FACP
Department of Neurology, International University of Health and Welfare Graduate School of Medicine

What We Accomplished
Local Nominations Committee (LNC)委員会は、2017年度末に、次期、ACP日本支部長候補者公募、支部長候補者の本部への推薦を行い無事、前田理事が次期支部長として本部より決定通知をいただきました。また2018年度は、4年間にわたり貢献された平和伸仁委員長、伊藤孝史委員、倭正也委員、安尾和裕委員が勇退され、新体制は委員長永山正雄、副委員長羽田俊彦、小原まみ子委員、柳川健委員、江波戸美緒委員の計5名となりました。なお平和伸仁委員長には体制移行期の1年間(規定期間)、アドバイザーとしてご助言戴くことと致しました。
なお、2018年度のSakura Award、Volunteerism Award、ACP Japan Chapter Contribution Award (ACPJCCA)に対する公募をACP日本支部Websiteにて開始しています。

What We Are Working On/What We Plan to Initiate
2018年度のMACPノミネート、Laureate Awardノミネート、Sakura Award、Volunteerism Award、ACP Japan Chapter Contribution Award (ACPJCCA)受賞者の決定を行う予定です。

ACP Japan Chapter Credentials/Membership Committee Interim Report

Chair: Koichiro YUJI, MD, PhD, FACP
The Institute of Medical Science, the University of Tokyo

(1) What We Accomplished
Activity of Credentials/Membership Committee since July 2018
Reviewed 7 application forms for FACP advancement and judged the applicants‘qualifications.

– The 4 new fellows were approved for election by the Credentials Committee
until November:

September:
Nagaaki Kotera, MD, FACP
Mitsuhiro Sato, MD, FACP
Tetsuya Shiota, MD, FACP

November:
Hidekatsu Fukuta, MD, FACP

(2)What We are Working On
-Review application forms for FACP advancement and judge the applicants’ qualifications by online.

-Respond to queries from members and board of ACP Japan Chapter regarding membership in collaboration with secretary.

Annals of Internal Medicine へのレター投稿がアクセプト

Annals of Internal Medicine へのレター投稿がアクセプト
IEPCの牧石徹也先生(済生会滋賀病院)から報告を頂きましたので広報いたします。(PRC委員:前田正彦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平素より大変お世話になっております。IEPCの牧石徹也です。
平成30年のACP日本支部総会で「レターの書き方ワークショップ(片岡 裕貴先生)」に一般参加者として参加しました。当日の課題であったAnnals of Internal Medicineへのレター投稿がアクセプトされ、2019年2月号(Annals of Internal Medicine • Vol. 170 No. 3 • 5 February 2019 218 )に掲載されました。課題となった論文に対して計4本のレターが日本から掲載されています。一つは片岡先生が共著者のもの、そしてもう一つは私が参加したグループによるものです。後の2つも当日のワークショップの課題として提出されたものである可能性が高いと考えます(未確認)。このことは、ACP日本支部総会のワークショップのレベルの高さを示す具体例の一つになるかと思いますし、またニュースバリューもあるかと思いご報告する次第です。

International Exchange Program Committee ACP Japan Chapter Interim Report

International Exchange Program Committee

ACP Japan Chapter Interim Report

Chair: Tetsuya Makiishi, MD, FACP

Saiseikai Shiga Hospital

  1. What We Accomplished
  2. INDIA PROJECT Two members of the IECP, Tetsuya Makiishi and Takahiko Tsutsumi participated in the ACP India Chapter annual congress held in Lucknow, India from August 31th to September 2nd, and provided lectures to enhance the interrelationship between the two chapters.
  3. HAWAII PROJECT The committee has received one applicant for the externship in Hawaii under the supervision of Dr. Jinichi Tokeshi, clinical professor of Family Medicine at the University of Hawaii, John A. Burns School of Medicine. The committee has supported the candidates’ CV and personal statement before submission. The externship is planned in January, 2019. One of the IECP members will be assigned as a mentor to support the candidate before, during, and after the externship.
  4. What We Were Already Working On
  5. FLORIDA PROJECT By the courtesy of Dr. Jerald Stein, well known for his dedication to medical education in Japan, a three-week externship program at the University of Florida was offered to two members of the ACP Japan chapter. The committee has been involved in a selection process for this program. Their externships are planned in early 2019.
  6. DOMESTIC PROJECT We are having a seminar focusing on how to get into a clinical training program overseas, mainly the US, at the end of November in Osaka.
  7. What We Initiated
  8. We started to interact with the ACP India Chapter as mentioned above to seek for the possibility to establish an exchange externship program between the two chapters in future years.
  9. We started to support the externship program at the University of Florida as mentioned above.
  10. What We Plan To Work On
  11. We plan to continue and further develop each PROJECT mentioned above.
  12. We plan to create a network among the members of the ACP to facilitate sharing information and know-how about working overseas as a physician.

Health and Public Policy Committee ACP Japan Chapter Interim Report

Health and Public Policy Committee委員長の小山雄太先生(日本海総合病院)から中間報告を頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Health and Public Policy Committee

ACP Japan Chapter Interim Report

Chair: Yuhta Oyama, MD, FJSIM, FACP

Nihonkai General Hospital

  1. What We Accomplished
  • 2018年度ACP日本支部総会でHPPC/CMC合同企画セッション「FACPへの道〜なぜ、そしてどのようにそれを目指すのか〜」を行った。
  1. What We Are Working On
  • 2019年度ACP日本支部総会でのHPPC企画セッションの準備を始めている。2018年度と同方向の内容になる可能性が高く、またWomen’s Committeeとの共同開催となる可能性がある。
  • ACP日本支部におけるCOI基準策定に関する提案を検討中である。
  1. What We Plan to Initiate
  • FACPに関するセッションを開催したことによって,FACP申請者数の推移に変化があったかどうかを確認したいと考えている。
  • 前年度からの懸案事項として,ACP日本支部のHPにおけるProfessionalismのページのupdateを具体化させたい。
  • 実際に動き出すのは難しいのであるが,Choosing Wisely/High Value CareおよびEnd of Life CareについてのACP日本支部としての取り組みについても今後HPPCとして関わっていきたい。

Women’s Committee  ACP Japan Chapter Interim Report

Women’s Committee委員長の山本典子先生(やまもとクリニック)から中間報告をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Women’s Committee

ACP Japan Chapter Interim Report

Chair: Noriko Yamamoto, MD, FACP

Yamamoto Clinic

Women’s Committeeでは6月の支部講演会の企画を行った時の反省点を踏まえて、来年の講演会の企画を検討中です。女性医師を応援する企画というと女性医師は興味はあるけど構えてしまって参加しにくい、男性医師はあえて興味がないという方が多いのだと思います。そこでECPCやRFCとコラボして何かできないか検討中です。

また女性のメンバーやFACPを増やすということも大切なMissionですのでCredential CommitteeやPPCともコラボで企画を作れないかと考えています。まだまだ日本支部の中では女性FACPも1割に満たない状態です。学生や研修医などの若い世代の参加が増えていますので継続的にACPに参加しFACPについても知っていただき多くの女性医師がFACPを目指し元気な女性FACPを増やしたいと思っています。

ここ2年くらいACPでは9月にWomen In Medicine Monthというキャンペーンをしています。同時に支部長の推薦により女性メンバーをFACPにしてあげられるという機会を設けています。今年は日本からお一人を推薦することができましたがACPの活動に加わってくださる女性医師を増やして頑張る方にはぜひFACPになるチャンスを差し上げたいと思っています。

また今年よりFacebookでACP Women’s Committeeというページを作っております。 ACPのページリンクだけでなく女性医師たちの関心がありそうな記事をシェアしたりそれについてコメントしたりすることができます。札幌徳洲会のDr. Constantineも投稿して問題提起をしてくださったりしています。希望すればどなたでも参加できますので多くの先生方に参加して頂きたいと思います。

ACP Japan Chapter Scientific Program Committee Interim Report

 

********************************************

Chair: Sugihiro Hamaguchi, MD, FACP

Fukushima Medical University

 

What We Accomplished

We planned and held the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2018 at Kyoto University. We attracted almost 700 participants with approximately 40 sessions and 100 abstracts. We invited Dr. Jack Ende, the immediate past president of ACP, and has a constructive discussion with eager participants about “Mind & Arts as Essentials for Internists” in the plenary session. The new session, Kurokawa Award, a competition of clinical research presentations, gained a large amount of attention and gave an initial push for increasing academic atmosphere into the annual meeting.

 

What We Are Working On

We are preparing for the upcoming ACP Japan Chapter Annual Meeting 2019 at the same venues. The theme of the 2019 meeting is “Fostering Lifetime Fundamental Competences for Internists -Beyond Board Certification System-”. The board certification system has been recently revised in Japan and how to integrate mind and experience of general internal medicine into the system remains a great matter of debate in Japan where most medical residents strive to become a life-time specialist. We will have Dr. Robert M. McLean who is the president of ACP to discuss “the wider the general basis, the higher the special peak as a specialist” in plenary lecture before the plenary session with Japanese seasoned physicians.

In addition, we will offer many attractive sessions. The Lecture Marathon starting with Latest Paper reviews is a new session where a summary of the up-to-date papers will be introduced first followed by many short lectures on basic internal medicine will be provided. A special lecture concerning the nuclear plant disaster operation in Fukushima after the East Japan Earthquake will be presented by Dr. Kurokawa. We have also planned the same sessions that are popular in the previous meeting: Dr’s Dilemma (an inter-institutional Quiz tournament by teams of residents), MKSAP, and Kurokawa Award for poster session.

Many attendants will enjoy and learn a lot from English-speaking sessions as well.

We are sure that the increasing number of attendants will be expected to the 2019 meeting with plenty of attractive sessions.

FACP昇格のご挨拶:北野 夕佳 先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

北野 夕佳 先生

(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院救命救急センター)

ACP日本支部会との出会いは2011年頃と記憶しております。

2006-2009年にVirginia Mason Medical Centerで内科レジデンシーを修了し、総合内科医としてのトレーニングを身につけ米国内科専門医を取得して帰国したものの、それをどうやって日本の診療に還元したら良いかを模索していた時期でした。

ACP日本支部会に初めて参加したときのことを覚えています。「同じ総合内科~総合診療マインドを持った仲間が集まる基地みたいな場所であり、今後も毎年年次総会に参加することで生涯成長できる場所がある」と、とてもうれしかったのを覚えています。

ACP日本支部において、私はYoung Physicians’ Committee委員(現RFC)、次いでPublic Relations Committee委員、その後PRC副委員長を務めさせていただいております。いろいろなご縁が重なり、In the Clinic翻訳プロジェクトという画期的な無謀な企画もプロジェクトリーダーとしてはじめさせていただきました。これらのことができたのは、ACP日本支部を組織として築いてくださった先生方、現支部長の上野文昭先生、PRC前委員長安藤聡一郎先生、PRC委員長大島康雄先生ほか、ACP日本支部の先生方のお力添えあってのことと感謝いたしております。

このたび、In the Clinic翻訳プロジェクトのご縁もあり、FACPに昇格させていただきました。FACPをいただいたということは、今後もACP日本支部、日本の総合内科医療/教育に貢献するようにとの暖かい叱咤激励と受け取っており、今後とも精進してゆきたいと存じます。

I recall joining ACP Japan Chapter in 2011.

After completion of Internal Medicine Residency 2006-2009 at Virginia Mason Medical Center in Seattle and obtaining ABIM, I was confident of acquiring general internal medicine clinical skill, I was wondering how I could implement what I’ve learned in the U.S. in Japanese clinical training.

I remember when I first participated in ACP Japan Chapter Annual Meeting as one of the lecturers. I was very excited to find a community for aspiring general internists who have the same clinical passion to implement good general internal medicine practice. I felt that by attending this academic annual meeting regularly, I could be confident in my clinical knowledge and skills and would have life long learning opportunity.

I have served as a member of Young Physicians’ Committee and then a member of Public Relation Committee (PRC) and currently am a Vice Chair for the PRC. We as PRC started ‘In the Clinic Japanese Translation Project (ITC project)’ and I am proudly leading this project as the project leader. This project couldn’t have come to fruition without the support by Dr. Fumiaki Ueno, Governor for ACP Japan Chapter, Dr. Soichiro Ando, the immediate past Chair for PRC and Dr. Yasuo Oshima, the current Chair for PRC.

With the successful launch and progress of this ITC project, I have been promoted as an FACP. I take that being promoted as an FACP means to continue to contribute to ACP Japan Chapter and to promote General Internal Medicine in Japan, which I would proudly like to continue for the rest of my medical career.

 

FACP昇格のご挨拶:福田 英克 先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

福田 英克 先生

(名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター 准教授 副センター長)

私は、平成7年に名古屋市立大学医学部を卒業後、1年間の一般内科研修を経て、循環器内科医として診療、教育、研究に従事して参りました。私と同様に、日本の内科医の多くは医学部卒業後にサブスペシャリティ研修を中心としているため、総合診療の経験を十分に有している内科医は少ないと思われます。日本は超高齢者社会を迎えており、多くの患者が多併存疾患を抱えているため、総合診療の重要性は増すばかりです。今後は、ACPおよびACP日本支部年次総会の参加を通じて、サブスペシャリストとしてのみならず、総合診療医としての診療技術の向上を目指し自己研鑽に励みたいと思います。また、多併存疾患を有する患者に最適な医療を提供するためには、医師以外の医療職との連携は欠かせません。医師としてチーム医療の中心としてリーダーシップを発揮するのみならず、医療人の育成にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

 

FACPご昇格のご挨拶:塩田 哲也 先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

塩田 哲也 先生

(岡山市久米南町組合立国民健康保険福渡病院)

岡山県の中山間地域にある小規模国保病院の院長として赴任して、四半世紀近くが過ぎようとしています。フルタイムとしては院内に唯一の内科医として、内科全般の診療に従事することからスタートしましたが、当時、県内では決して多くはなかった内科専門医であることを誇りに感じ、可能な限り、安価で良質な医療を地域に提供できるよう心がけて参りました。自らの専門性や能力の及ばない分野は、非常勤の専門医を招聘して、診療の質の維持と、都市部へのアクセス手段に乏しい高齢者の利便性との両立を図りました。

 

その後、介護保険制度の導入をはじめとして、地域医療を取り巻く環境は大きく変化しました。勤務先の性質上、行政・保健・福祉などの他職種と連携し、診療に直結しない部分でも、地域に貢献できるよう努めましたが、院長業務や診療以外の雑務に時間を取られ、内外の論文に目を通すことも、つい疎かになってしまいました。 ACPに、そして、Publication Committeeに参加させていただいたのは、少しでも論文に接するきっかけにしたいという気持ちからでした。日常診療に追われる中での翻訳は、時に負担に感じることもありましたが、定期的に多彩な分野の論文を読み、また、各委員からの、単に翻訳だけではなく、内容にまで踏み込んだ生の意見も伺うことができ、とても有意義でした。毎年のように年次総会とCommitteeの打ち合わせ会に参加し、各委員と顔の見える関係が築けていたように思います。

 

ここ数年、昨今の医師不足の関係で、週末であっても、勤務先を留守にしづらいことが多くなり、年次総会参加の機会が限定的となっていました。それでも、ホームページやFacebookにアクセスすることで、日本支部の活動に接することができます。Facebookで送られてくるQuizは楽しみですし、一日に一度はDynaMed Plusを開いて、その日の診療を振り返るとともに、英文を読む機会を失わないよう、心がけています。今年、京都での年次総会に久しぶりに参加できましたが、ACPから与えられる内容の豊富さを改めて再認識いたしました。

 

ACP憲章に謳われるプロフェッショナリズムは、医師が高い水準の能力と誠実さを維持し、患者の利益に重きを置き、社会に対して専門的な助言を与えることが柱となります。その根底には、医師自身の誠実さとそれに対する公衆からの信頼がなければなりません。医師確保も含めて、過疎地の小規模自治体病院の経営が厳しくなった今日、自らに課した「安価で良質な医療の提供」が困難となりつつあるのではないかと不安に思うことがあります。自身のキャリアの中では、少し遅くなってしまいましたが、自らのプロフェッショナリズムをさらに高め、これまで以上に,内科医として地域に貢献できるよう、FACPを目指しました。サポートいただいたCredentials/Membership Committeeの先生方、Annals翻訳の時代からお世話になり、今回、ご推薦いただいた宇野久光先生、安藤聡一郎先生に、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。