Health and Public Policy Committee welcomes new members!

Dear,

I am very pleased to introduce new members of the committee.

Best regards,

PRC chair Yasuo Oshima, MD, PhD, FACP


Yusaku Kajihara 顔写真2

Committee
Name
HPPC
Yusaku Kajihara
Degree  MD, FACP
Institution Fuyoukai Murakami Hospital
Department Division Department of Gastroenterology
Job title Staff Physician
Message Your affiliation doesn’t necessarily ensure
your ability as a physician. In any hospital or clinic, it is important to make unflagging efforts.
Hobby Job

iwasaki

Committee HPPC
Name Naoko Iwasaki
Degree  M.D., Ph.D., 
Institution Tokyo Women’s Medical University
Department Division Insitute of Geriatorics, Institute of Medical
Genetics, Diabetes Center
Job title Professor
Message How can I serve for patients ?
Hobby Kabuki,  Fitness

thumbnail_picture山田康秀

Committee HPPC
Name Yasuhide Yamada
Degree  MD, PhD, FACP
Institution National Center for Global Health and
Medicine
Department Division NCGM Comprehensive Cancer Center
Job title Director
Message All’s well that ends well.
Hobby Ski, baseball

Committee HPPC
Name Asahiko Oguchi
Degree  MD, FACP
Institution SAN MEDICAL CLINIC aoba
Department Division Internal Medicine, Home care
Job title President
Message contribute to society while developing myself with
gratitude
Hobby music, walking, photograph

ono fa

Committee HPPC
Name Takuya Ono
Degree  MD, PhD, MMA
Institution Medical corporation association Toikai, Ono Cardiology
and Internal medicine Medical Office
Department Division Cardiology
Job title Chief director
Message With greater power comes greater
responsibility.
Hobby travel, photograph

森本勝彦 写真

Committee Health
and Public Policy Committee
Name Katsuhiko Morimoto
Degree  MD, FACP
Institution Nara Prefecture Western Medical Center
Department Division Division of Nephrology, Department of Internal
Medicine
Job title Director
Message It’s never too late to start something
new.
Hobby Travel, Photograph

 

 

Local Nominations Committee welcomes new members!

Dear,

I am very pleased to introduce the new members of the committee.
Best regards,

PRC chair Yasuo Oshima, MD, PhD, FACP


 

Committee
LNC
Name Yohei Goto
E-mail yoheigoto818@hotmail.com
Degree MD
Institution Hakodate Medical Association Hospital
Department/Divison Cardiology
Job title Chief
Message Happiness depends upon ourselves
Hobby Running

 

松村榮久顔写真3

 

Committee
Local Nominations Committee
Name Yoshihisa Matsumura
E-mail 4ever@mahoroba.ne.jp
Degree MD,FACP
Institution Matsumura Clinic
Department/Divison
Job title President
Message Always do my best

Credentials/Membership Committee welcomes a new member!

Dear,

I am very pleased to introduce the new member of the Credentials/Membership Committee (CMC).

Best regards,

PRC chair Yasuo Oshima, MD, PhD, FACP


Hiroshi Yoshida 20161213-DSC_0005

 

 

Committee

 

CMC
Name Hiroshi Yoshida
Degree MD, PhD, FACP, FAHA
Institution The Jikei University Kashiwa Hospital
Department/Divison Department of Laboratory Medicine
Job title Professor and Hospital Vise-President
Message Promotion and Harmony
The important thing is not to stop
questioning.
Hobby Food visits, Historical site exploration, Collection
of red-ink stamps of temples and shrines

2020年 Doctor’s Dilemma(臨床研修病院対抗クイズトーナメント)参加チーム募集のお知らせ

Scientific Program Committeeの志水 英明先生より、2020年6月6日・7日のACP日本支部年次総会で開催されるDoctor’s Dilemma(臨床研修病院対抗クイズトーナメント)参加チーム募集 のお知らせです。

日時

2020年6月7日(日)
10:35-11:35 予選  参加チーム数原則上限なし
13:25-14:25 決勝  上位10チーム

会場 京都大学百周年時計台記念館

参加要件

  • ACP会員(Resident/Fellow Member)資格者かつ卒後1-4年目の方(参加申し込み時に必ずしもACP会員である必要はありません)
  • 1チーム2名(混成チームも可能)
  • 同所属原則2チームまで
  • 予選ではインターネットに接続可能なスマートフォンもしくはタブレットを使用しますのでご用意ください

特典

優勝チームは、2021年のACP米国本部年次総会(オーランド,フロリダ)の本戦に日本支部代表として参加できます。

(本戦登録時にACP会員である必要があります)

渡航時にはACP日本支部からのサポートがあります。

参加お申し込み

下記の入力フォームから申し込みください。 締め切り 2020年3月31日(もしくは定員に達した時点)http://www.acpjapan.org/acp2020/dilemma.html

ACP米国本部年次総会では、全米の有名研修病院から予選を勝ち抜いたチームがトーナメント形式で参加するクイズ大会「Doctor’s Dilemma」を開催しています。
本企画は、それに倣ったもので、ACP日本支部2015年次総会から新たに始まりました。
2019年は、全国有名研修病院より34 チーム (1 チーム 2 名) が参加しました。

総合内科、救急、呼吸器、消化器、内分泌、感染症、血液、膠原病、循環器、神経、腎臓の各分野について、ACP米国本部が提供しているMedical Knowledge Self-assessment Program(MKSAP)を利用した問題や、オリジナルの問題が出題されました。

日本支部総会では 全国からの参加をお待ちしています。

ACP日本支部年次総会で優勝し、2021年(4月29~5月1日)にフロリダのオーランドで開かれる本戦に参加しませんか?

現在、続々と各施設からの申し込みをいただいております。ぜひご検討ください。

The 5th RFC seminar – Deep Dive into Cardiology –


Tomohiro Hirai (Mie University)


Yoshito Nishimura M.D., Ph.D. (Department of General Medicine, Okayama University Hospital)

I believe every one of you might have felt cardiology is difficult to learn. In the 5th Resident-Fellow Committee (RFC) Seminar on November 10, is a solution for those people.

The RFC Seminar is held up to twice a year. In the seminars, we invite internal medicine subspecialists as well as doing a brief “Dr’s Dilemma” like session to disseminate the high-tiered, essential internal medicine skills to medical students and residents. Through the seminars, we aim to get them together to strengthen the community of ACP as well. The 5th RFC Seminar was held in Nihonbashi, Tokyo. The guest lecturers were Dr. Akio Kawamura, Professor and Director of Department of Cardiology, International University of Health and Welfare, and Dr. Atsushi Mizuno from Cardiovascular Center of St. Luke’s International Hospital. Approximately 30 participants gathered Tokyo for the seminar.

In the lecture of Dr. Kawamura, he showed us his career path as a cardiologist as well as his view on medical education and treatment of patent foramen ovale (PFO). He also briefly summarized the clinical implication and rationale to treat PFO, which was meaningful to generalists as well.

Dr. Mizuno organized a session in a group-work style to let participants learn “how to manage heart failure and its complications”. Through the session, participants acquired skills of initial managements, differential diagnosis and clinical management. All the participants apparently enjoyed his session.

Lastly in the afternoon, the RFC committee presented a small Dr’s Dilemma-like session. Not only the participants solved the quizzes, Dr. Mizuno also added clinical implications and reality in the frontline clinical field to every question and answer. We are sure that this was the way to get the most from clinical quizzes.

RFC plan to continue seminars like this. Through the seminars, annual meetings and so on, we hope to contribute to the further development of ACP Japan Chapter as well as the field of Internal Medicine in Japan.

ACP日本支部 Resident-Fellow Committee主催 「第5回RFCセミナー」


平井智大 (三重大学医学部)


西村義人 M.D., Ph.D.(岡山大学病院 総合内科・総合診療科)

「循環器って難しい」、そんなことを一度は思ったことはありませんか?今回のResident-Fellow Committee主催「第5回RFCセミナー」は、そのような若手医師にありがちな苦手意識を忘れさせるような、濃密な企画となりましたのでご報告します。

RFCセミナーは、年に2回程度、内科各分野のスペシャリストを講師としてお招きし、特別講演やMKSAPの類題などを通じて、やる気溢れる学生や研修医をさらにワンステップ進化させ、ACP日本支部の輪を若手の中で広げることを目的としたものです。
今回の舞台は11月10日(日)、東京都日本橋。「循環器」をテーマに、河村朗夫先生(国際医療福祉大学医学部循環器内科 主任教授)、水野篤先生(聖路加国際病院心血管センター 医幹)をお招きし、全国各地から学生、初期・後期研修医、さらにはベテラン医師まで、約30名が集いました。

河村先生の講演では、先生が循環器内科医として歩まれてきた経歴のご紹介から、卵円孔開存の病態と治療、医学教育者としての在り方、考え方についてなど、幅広くお話頂きました。会場が笑いに包まれるような雰囲気の中でも、卵円孔開存の先進治療や臨床的意義等、驚かされる医学的知識もちりばめられた講義で、ついつい聞き入ってしまいました。

水野先生の「合併症を考慮した心不全治療」をテーマとした症例検討会では、心不全診療の初期対応、鑑別診断、そしてマネジメントまで、全てを網羅的に、グループワークを通じて学びました。循環器分野に限らず、医師としての学習、後輩指導のテクニック等もお話頂き、会場全体が盛り上がっていたのが印象的でした。

そして、午後はRFC委員が作成したMKSAPの類題を用いた「診断道場」でした。このセッションでは、クイズ形式で臨床問題を参加者全員で解いていくだけでは無く、水野先生から日本での実臨床や、ご自身の経験を踏まえたコメントを問題毎に頂き、机上の空論に留まらない実践的な知を習得することができました。

セミナー全体を通して、臨床現場の第一線で活躍されている専門医の先生方から各々の専門領域やジェネラリストへの示唆について聞くことができ、参加者は皆循環器診療におけるリアルな臨床現場を垣間見ることができたと思います。RFCは今後もこのような企画の立案等を通じて、ACP日本支部、日本の内科診療の発展に貢献していきたいと思っています。

Governor’s Message

Dear Fellow ACP Japan Chapter Members,

I hope each of you is enjoying a busy but wonderful season.
As the first year of my term as Governor of Japan Chapter, I’d like to express my appreciation for your support. And thanks to the members who helped us spending time and energy, especially lots of thanks to various committee members.

Now we are going internationally. The first Asian Regional Chapters Conference will take place in Kochi in India in August 2020. It was accomplished through endeavors of Governors from India, Bangladesh and South-East Asian Chapters.
The guest speakers from India and Bangladesh will participate in our Chapter meeting in Kyoto in June 2020. There will also be a guest from ACP headquarter in the USA, and we’ll have the first “Thieves’ Market” session in Japan, one of popular sessions in the Internal Medicine Meetings in the USA, which will be presented by Dr. David Scrase.

At the national level, we began to cooperate with both of Japan Primary Care Association and Society for Clinical Epidemiology. Its activity is called as “Primary Care Research Connect” or “PCR Connect”. The first conference of PCR Connect will take place soon in early this month, December 8th. Also we keep cooperating with the Japanese Society of Internal Medicine (JSIM), we are planning to hold a 2nd session with them in the coming JSIM annual meeting in Tokyo in April 2020.

Various committees in our Chapter are acting vigorously. For example, Resident Fellow Committee (RFC) is giving two clinical seminars a year for residents, and International Exchange Program Committee (IEPC) is trying to send young physicians out to oversea medical institutions for short-term study by observation. Other committees are working hard as well. The Japan Chapter is steadily progressing.

The best of the holiday season to you all and your families.

Kenji Maeda, Governor of Japan Chapter

ACP Well-Being Champion Program

ACP日本支部会員の皆様

お世話になっております。牧石徹也と申します。 平素は国際交流委員会で皆様方に大変お世話になっており有難うございます。支部長の前田先生にご推挙頂き、本年4月のACP総会時に2日間のACP Well-Being Championセミナーに参加して参りました。

ACP Well-Being Champion Programとは、世界的に問題となっているPhysicians’ Well-Beingについて対処すべく2018年度から始まったACP本部主催のプログラムです。ACP各支部から1-2名ずつが参加し、丸2日間、この問題への対処法やコーチングについて学ぶ機会を頂き、修了後、各支部にて以下の取り組みを始めるよう指示を受けております。
①まず支部長の支持を得ること
②広く支部内のメンバーに協力を呼びかけ、仲間を集めること
③Mini-Z surveyとよばれる医師向けのアンケートを支部会員全員を対象に実施し、結果についてACP本部と共有すること
④Well-BeingやCoachingについて支部内の意識を高めること
既に前田支部長、支部理事会の先生方にご報告しご支持頂いております。ついては皆様方に是非、Physicians’ Well-Beingに取り組む活動にご協力を頂ければと思いご連絡差し上げた次第です。私などよりずっと以前からこのような活動に取り組んでこられた先生方は多数おいでになると承知しております。そのような方々には是非お力をお貸し頂き 、ご一緒させて頂けましたら幸いです。また、この問題は根が深く、医師のみでは解決しえないことから、果たしてACP支部の活動として対応することが適切なのかというご意見もあろうかと存じます。ただ、私たちの身の回りに日常的に存在する問題であればこそ、できることからやってみるというアプローチもあってよいかと思います。是非、様々なバックグラウンドをお持ちの皆様方のご協力を頂けましたら幸いです。
具体的には、当面の目標としてMini-Z surveyと呼ばれるBurn-outについてのアンケートの実施を考えております。ついては、
①Mini-Z surveyの日本語版の作成にご協力いただける方
②本MLでアンケートを実施する際、survey monkeyなどのツールの利用を考えていますが、そういったことのリテラシーのある方
③今後の活動の進め方について、大所高所から助言やコメントを頂ける方
④本活動に少しでもご興味があり、議論などに加わって頂ける方
もしご協力頂ける方がいらっしゃいましたら牧石まで直接メールにてお知らせ頂けましたら幸いです。今後の活動の進め方については、基本的にメール上で議論させて頂ければと考えております。具体的なご協力のお申し出でなくとも、今後の活動を温かく見守って下さる、今後予定しているアンケ―トにご回答下さるといった形でのご協力も勿論有難く思います。一人で悩みを抱えている医師、医学生に手を差し伸べることができるような活動をできればと思っております。どうぞお力をお貸し下さい。
ACPのwebsiteには医師のBurn-out対策として種々のリソースが提供されています.まだお読みでない方は是非一度ご覧ください.↓
牧石徹也
済生会滋賀県病院腎臓内科
ACP Well-Being Champion 2019

米国での臨床見学プログラムについて

ACP会員の皆様

国際交流プログラム委員会(IEPC)から米国での臨床見学プログラムについてのお知らせです。

日本でも長年臨床教育にたずさわっておられるDr. Herald Stein(スタイン先生)のご厚意により、米国内科学会(ACP)日本支部会員(医師)を対象に,フロリダ大学医学部内科系サブスペシャリティーでの3週間のエクスターンシップ研修の機会を頂きました。本プログラムは昨年に引き続き2年目となります。昨年度は2名の先生にご参加頂き,非常に好評でした(↓ご参加頂いた小尾先生,内山先生のレポートです.是非ご覧ください)。
http://www.acpjapan.org/
(What’s Newコーナーの該当箇所をクリック下さい)

米国のトップレベルの臨床そして教育の現場を肌で感じることのできる貴重な機会です。ご興味をお持ちの先生方は是非ご応募下さい。ただ、今回は募集人数がお一人であり、せっかくご応募頂いても派遣させて頂けるとは限りません。しかし、応募に向けたプロセスそのもの(CVの記載で自身の立ち位置を客観的に眺め、Personal Statementの記載により自身のしたいことを言語化する)も、たとえそれが多くの時間と労力を必要としたとしても、ご応募された方のその後のキャリアパスにとって非常に有益であると思います。是非ご応募をご検討頂ければと幸いです。

派遣に際してはACP会員であることが必要ですが、ご応募時に会員申請頂ければ大丈夫ですので、先生方の身の回りにご興味がおありの先生がおられれば是非ご共有頂けましたら幸いです。
何卒宜しくお願い致します。

米国内科学会(ACP)日本支部
国際交流委員会(IEPC)

下記が募集要項となります。

========================================================
ACP日本支部 国際交流プログラム委員会(IEPC)主催
臨床見学プログラム2019 -2020

米国フロリダ州のUniversity of Florida, Department of Medicineの内科系専門科で,3週間のエクスターン研修ができます。現地でのプログラムを監修頂くのは日本でも長い指導歴をお持ちのDr. Jerald Stein(スタイン先生)です。米国の一流の内科系臨床研修プログラムを見学できる貴重な機会であり、将来米国での臨床研修を考えている若手医師、米国式臨床研修システムを日々の指導に取り入れたいと考えている指導医クラス、そして米国の臨床研修システムを肌で感じてみたい全ての方に最適です。当委員会メンバーが研修前から研修者をサポートします。

なお、このプログラムはACP日本支部とフロリダ大学医学部との契約に基づくものではなく、あくまでスタイン先生の「25年間の日本での指導を通じて得た友情に対する感謝の気持ち」として先生のご厚意によりACP日本支部会員へ提供されるものです。そのため、スタイン先生およびフロリダ大学医学部や見学科に対しての費用は発生しません。
(具体的には、スタイン先生は見学希望科の調整と、見学希望科のFacultyに参加者のメンターとなって頂く調整をして下さいます。)

スタイン先生の日本でのご活動については下記URLをご覧下さい。
http://plaza.ufl.edu/jerrydoc

見学の時期:2020年4月もしくは5月(研修先と日程を調整し決定します)
見学の期間:3週間
研修内容:エクスターン研修(基本的に見学のみとなります)
研修可能診療科:内科系診療各科(Hospital Medicine, Nephrology, Infectious disease, Rheumatology, Emergency Medicine, etc. )参加者が見学を希望する科に対してスタイン先生が直接交渉し調整されます。必ずしも希望する科を見学できる保証はありません。
応募締め切り:2019年9月17日午後5時
派遣人数:1名
参加費用:飛行機代、現地滞在費、現地生活費は自己負担となります。研修先への費用はありません。
現地での病気やけが等:自己の責任の下,対応頂くことになります.

応募資格・要件:
(1) ACP会員であること
(2) 卒業後2~5年程度
(3) 一般的なコミュニケーション英語能力、医療英語能力がある方
(4) 米国での臨床研修に目的意識を持って、意欲的に取り組んでいる方
(5) 研修後、ACP日本支部での活動に積極的にご協力頂ける意志がある方
(6) 渡米中の3週間は、毎週末、国際交流委員会へ研修内容をメールにてご報告頂くこと。臨床見学終了後は日本語でA4 1-2枚程度、英語で 500 -1000words程度の体験記をご提出頂くこと。

応募書類:
(1) Curriculum vitae (CV) (英語で記載. Dr. Steinはもちろん、訪問先へも提出する可能性があります)
(2) Personal Statement(PS) (英語で記載. Dr. Steinはもちろん、訪問先へも提出する可能性があります)
(3) TOEFL(iBT)、IELTSなどの英語検定試験のスコアのコピー(任意)
(4) USMLE step1、step2 CKの合格者はそのscore reportのコピー、step2 CSの合格者は合格証のコピー、ECFMG certificate保持者はそのコピー(任意)
(5) ACP日本支部会員の確認書会員番号、会員の種類(member, associate member, fellowなど)を記載して提出してください。現在会員でない方は、応募時に会員申請頂ければ応募可能です。

応募方法:上記必要書類(PDF等のデジタルファイルにしたもの)を添付の上、下記宛にお送りください。
ACP日本支部事務局 office@acpjapan.org

選考方法:当委員会にて書類審査 。その後、書類審査通過者に対しIEPC委員による直接面談もしくは電話・スカイプなどによる面接。

選考基準:
本プログラムでの学びを日本国内の医療向上に還元しようとする気持ちの強さ,ならびに英語力。(先方の意向により,本プログラムを米国臨床留学の直接の足掛かりとすることはご遠慮下さい。具体的には、参加中に懇意になった米国人医師に推薦状(LoR)の記載をお願いする等の行為は望ましくありません。将来的な臨床留学の意思そのものを否定するものではありません。)

選考結果:書類選考結果については募集締切り後2週間以内に応募者本人へEmailにて通知します。面接に進まれる方とは、改めて面接の日時や方法等を調整します。

一般社団法人米国内科学会日本支部事務局
〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階
有限会社ビジョンブリッジ内

E-mail:office@acpjapan.org
http://www.acpjapan.org

プログラム担当:
ACP日本支部国際交流プログラム委員会(IEPC)
========================================================

2019年 ACPJC 年次総会講演会における学生企画の御報告

Student Committee委員よりACP年次総会・講演会のご報告をいただきました。ご報告させていただきます。(PRC委員 宮内隆政)

 

ACP日本支部の皆様

ACP日本支部年次総会・講演会2019の1日目
6月8日(土) 14時20分~15時40分に開催されました
Student Committee企画「夢見る海外臨床講座」
について御報告させて頂きます。

本企画は、ACPを学生へ広報する目的として、
また海外臨床に興味のある学生の交流の場として、
Student Committeeメンバーが一から企画準備したものです。

企画の内容は、
海外臨床に思いを馳せる3つのチームによるプレゼン合戦で、
・USMLEを中心とした海外臨床留学までの道のりについての紹介
・有名な海外医療ドラマをもとに臨床現場を考える検討会
・実際のCaseをもとにした本格的な症例検討会
といった、それぞれのチーム色のある、大変活気のあるものとなりました。

それぞれの発表では、同時にクイズの出題やディスカッションの時間があり、
最もクイズの正解やディスカッションに貢献した学生の表彰も行われました。

30名を越える参加者には、医学生だけでなく、多くの先生方もいらっしゃいました。
症例ディスカッションの時間では、学生が苦戦する中、
非常に鋭い発言をして頂き、ディスカッションを非常に盛り上げて下さいました。

本企画は学生が一から企画準備したものでしたが、
当日も含め、ACP日本支部に所属する多くの先生方のご支援の御陰で実現することができました。
本企画に関わって下さいました全ての方への御礼の言葉を最後に御報告とさせて頂きます。
誠にありがとうございました。

ACP日本支部 Student Committee 委員長
平井智大

——

Student Committee Event Report

The Student Committee held a program for student exchange at the ACPJC annual meeting 2019.
The program consisted of three presentations and the discussions were very exciting. More than 30 participants attended.
We thank everyone who helped make this program possible.

ACPJC Student Committee Chair
Tomohiro Hirai