Contemplate the Healthcare Reform

Report from Women’s Committee 2019 June、2019

Chair; Noriko Yamamoto, MD FACP(President of Yamamoto Clinic)

Contemplate the Healthcare Reform.     9 June,2019 AM11:55-14:00

Women’s Committee;

Chair; Noriko Yamamoto, MD FACP

Co-Chair; Noriko Kawashima, MD FACP

Member; Keiko Arai, MD FACP, Yuko Morishima, MD FACP, Eri Matsumoto, MD Ayako Miki, MD

 

1, Become the best hospital many doctors would like to work at.

NPO Corporation Director Dr.Toshiko Takino, MD

2, How the maternity leave system works in the US and how to keep work-life Balance?

Sapporo Tokusyuukai Hospital Dr. Shadia Constantine, MD FACP

3, Diversity management of the Palliative care Division at Iizuka Hospital.

Iizuka Hospital Palliative care Division Director Dr. Hideyuki Kashiwagi MD

4, The approach at Tokyo Women’s Medical School, Now and then, in future. From medical education to re-training as physician after any leave.

Tokyo Women’s Medical School Center of the Adult Diseases. Professor Dr. Noako Iwasaki, MD

5, Career Support multiply Patients Safety equal Work style Reform to have approached For 12 years at Okayama University medical school.

Okayama University medical school Professor Dr. Hitomi Kataoka.MD

 

First speaker Dr. Takino has the corporation E-J net to measure the functions to work comfortably in the hospitals for female physicians. That is called HOPIRATE by Dr. Takino. She told why she has begun this program, she was a physician of gastroenterology and almost got burn-out when she was working the hospital by fulltime back in her days.  She said recently young doctors has been changing to make much of work-life balance and female doctors make things of their personal life , they don’t take care of the patients around time of their return. Other male doctors compensate the patients care after female doctors left and they must work till late hour. The male doctors feel nuisance for that and think female doctors make trouble but are not useful. So HOPIRATE has changed the marks for measurement about working with high motivation not only the conditions of work place with childcare facilities, short time working. The hospital where female doctors are working cheerfully will gather good nurses and office workers and they get more fixed at the hospital, increase the number of patients, they will get more incomes and be happy.

Next speaker is Dr. Shadia Constantine. She was graduated from medical school of Panama and got her residency at US. She has come to Japan as the teaching stuff of the medical education and has three young kids. She told about the maternity leave system in the US. Most of all female physicians can take the maternity leave for about 8weeks. She is working as a teaching physician in Japan and learning at Oxford University.

Third speaker Dr. Hideyuki Kashiwagi has a certified MBA and qualification of social welfare. He affirmed not to admit the stereotype for previous winner. He declare the vision and mission of their division and he and his subordinates pursue to achieve them. He always try to get his subordinates engagement, stimulate their mindsets, share their Why thing. He gave the example the Mikoshi model, Mikoshi is portable shrine. 5 people keep to shoulder the Mikoshi and 2 people come to join, 7 people carry the Mikoshi comfortably but then they feel heavy strangely, 2 person hang the Mikoshi and load them. He told to start conducting easy issues he could do although they have many tough issues.

Fourth speaker Dr. Naoko Iwasaki is Professor of the Tokyo women’s medical school. Tokyo women’s medical school is very unique because the only female students study to become doctors and they perform to educate to become good female doctors and live their lives as doctors. They continue to educate their students why they want to become doctors, they must keep working as physicians. They have had some surveys for alumni association what you are doing. They especially told young female students must have the motivations to become good doctors. Also they perform the work-style reform to go back home at 18 o’clock.

Last speaker is Professor Dr. Hitomi Kataoka. She has a 2 years old baby. She has been working the MUSCAT career center at Okayama University medical school for 12 years. In rural area in Japan the numbers of doctors is running short, in city area especially Tokyo area the numbers of doctors is too much.  She think the working doctors now in Okayama don’t quit and keep working with any personal conditions. Most of all doctors think they must work for their local patients because local medical care will collapse if they would quit to work. She told we have to balance between doctor’s well-being and local medical care continuity. They need the supports from their family, comprehension from co-workers. She told when female doctors is increasing in the hospital the female doctors got to have more motivation for upper titles of academic societies.

We held this long time symposium for about 130 minutes, but I didn’t feel too long. 5 doctors talked different issue from various viewpoints. I felt they all talked we need to change our perception for our well-being and social rules. Generation X and young generations have different wishes and lifestyles. But we will avoid to collapse the local medical care, Dr. Iwasaki and Dr. Kataoka have been working for medical education and making mediating center for re-job placement for long time. It would be most difficult and important that we must have been working for long time to change people’s mindset for equity in gender. But now we must take action for this issue with our colleagues and families.

I felt their each efforts are very venerable they have been working on their own identities. But I felt sorry the participants were very small this day. I think young doctors want to go to the educational sessions. They seem to think the work-life reform is not their issues, older peoples like directors and professors must think and perform that for young doctors. I don’t think young doctors don’t need to involve this issue I rather think they must involve this issue for themselves. And work-style reform is not only for female physicians. I think all the physicians must involve and think of this matter and take actions for it. The hospital that female physicians work comfortably and actively will gather good nurses and co-medical staffs and increase the numbers of patients and incomes. And I think the critical point about work-life reform is Patients First. I think we don’t forget we are working for the patients, not only to increase our medical knowledges and practices for ourselves. We must have the balance between personal life and work. But that will not always keep same balance. Sometimes doctors will make a thing of the work as physician but another time they will make a thing of the personal life. This seems long time challenges. But I think at this matter the important thing is physician’s Professionalism. I think we physicians must keep going upon the Professionalism. And we have to keep up with fast pace of daily life and receive the diversity, I think we have to change the mindset and stereotype about gender .That would be much more challenges.

Finally I would like to thank you for the 5 speakers. And I appreciate to Dr. Noriko Kawashima she designed this symposium and I admire her intelligence and networks. The members of our committee had meetings for respective charge and conducted their own ideas. I am very proud of them and appreciated.

Healthcare Reformを考える。

2019年 ACP日本支部講演会 Women’s Committee企画報告

Women’s Committee委員長 山本典子 やまもとクリニック院長 FACP

Women’s Committee 委員長;山本典子 副委員長;川嶋乃里子

メンバー;新井桂子 森島祐子 松本衣里 三木綾子

「Healthcare Reformを考える。」2019年6月9日 日曜日 11時55分より14時 京都大学 時計台百周年記念講堂 国際交流ホール2

 

  • Opening Remarks :川嶋乃里子先生
  • 働きたくなる病院へ:イージェイネット代表 瀧野敏子先生
  • How the maternity leave system works in the US and how to keep work-life balance?:Sapporo Tokusyuukai Hospital Dr.Shadia Constantine
  • 飯塚病院緩和ケア科のダイバーシティマネージメント:飯塚病院緩和ケア科部長 柏木秀行先生
  • 東京女子医大の取り組み、これまでとこれから。学生から再教育、再就職まで生涯にわたる人材育成と働き方改革:東京女子医大成人病センター教授 岩崎直子先生
  • キャリア支援×患者安全=働き方改革 岡山大学の12年の取り組み:岡山大学大学院医歯薬総合研究科 地域医療人材育成講座 片岡仁美先生

まず瀧野先生は NPO法人をつくりホスピレートという病院評価を行うことをなさっています。これを始めたきっかけなどのお話があり、女性医師が働きやすい病院の評価ということで始めたということですが、若い医師たちのワークライフバランスを重視する人が多くなったという変化や女性医師が時短などの条件で入職し働いても、患者さん重視でなく帰るころには患者をみないとか、自分の生活重視に偏り男性医師に迷惑がかかったりするようなことも出てきて、最近は保育所や時短などの条件面だけではなく、医師がモチベーションを高く持って輝けるようにするということを評価にいれていくよう考えているとのことでした。 また女性医師が働きやすいと、女性ナースやスタッフの定着率もよく、良い人材が集まりやすいということです。またそのために患者さんも増え、収入もあがり、病院としても個人としても豊かになる、という効果があるというお話でした。

次にパナマで医学部を卒業されUSで研修を受けられたDr.Shadia Constantineです。3人のお子さんがおられて ご主人が主夫をなさっているということでした。アメリカには法律としての産休はありませんが、大学や大きな病院ネットワークには規定があり、給与をもらいながら平均8週間くらいは産休を取ることが多いということです。ただし産休をとるのは5分の2くらいということでした。USでの比較検討などのペーパーを示していただきました。

3人目は唯一の男性、飯塚病院の柏木秀行先生です。医師でありながらMBAや社会福祉士の資格もお持ちです。最初に柏木先生は、今までの勝ち組思考はもう通用しないと断言されています。科としての理念、ビジョン、ミッションを明らかにしてその実現を追求していくこと、部下をエンゲージメントする、マインドセットを刺激する、Whyの共有などを実行されているということでした。おみこしを5人で担いでいてなんとかなっていたところ、2人がさらに来た。少し楽になったかと思っていた。でもなんだか重いと思ったら、うち2人がぶら下がっていたということがありうるというお話もありました。難しいこともできることから始めていこうということでした。

4人目は東京女子医大の岩崎直子先生です。日本で唯一の女子だけの医学部ですので、大学としての理念や医師になるための意識教育についての話から始まりました。学生のうちから医師としての自覚、ライフサイクルを考えたキャリア形成、離職しても再教育・再就職できるようにということでセンターを立ちあげて応募者の話を聞き、背中を押し、技術の再教育なども行っているとのことでした。印象的だったのは、なぜ医師になりたいのか、医師として働き続ける意思を持つこと、その中で自分が何をやりたいのかなどを学生の間から実習として先輩の姿を見させたり。、同窓生のアンケートをとり現状を把握したりすることを続けておられることです。特に医師になるということについての動機がないとだめだと主張されていました。また働き方改革としては、早く帰ること、当直明けは早く帰って休むことなどを実行されているということでした。

最後は岡山大学の片岡仁美先生でした。12年にわたり岡山大学で医療人キャリアセンターMuskatセンターでの活動をなさっておられます。働き方改革を行おうとすると地方だと人がどんどん増やせない現状なので、今働いている人をこれ以上やめないで、事情があっても働けるというようにすることが必要と考えられたそうです。ですから現在は女性医師だけではなく、男性や子育てだけでなく介護で時間が必要な人も対象にしているそうです。過労や働く時間が長いと診断エラーも増えるので、医師自身もうつや自殺企図など健康を損なわれることもある、でも目の前に患者さんがいれば やらなければいけない、自分たちがやらなければ医療が崩壊する、若手の研修も十分にできないなどの状況の中で、患者安全と地域医療の継続性、医療人の健康とバランスをとることが必要とお話されています。プロジェクトは、家族のサポート、上下の理解、同僚の理解、適切な労働力が大事とのことでした。色々な具体例をお示しいただきましたが、6人目の立場での復帰という言葉が印象的でした。5人の定員でその枠内で復職すると自分ができないことやわからないことが多かったり、時間的に早く帰ったりすると周りに迷惑をかけるということで心苦しくなり続かない。定員の増員ということでの6人目なら、本人も周りも受け入れやすいということです。このような活動で 女性医師も増えると女性医師の専門医志向も上がったということでした。

それぞれの先生のお話は、お立場も違い、視点も違い、なさっていることも違うように思いました。長時間のシンポジウムでしたが、あっという間に時間がたっていました。その根底には今までの認識が通用しなくなってきている。だがなんとかしなければ医療が崩壊する、患者さんが困るようなことを絶対に避けたいという患者さんや医療全体を大切に思う気持ちと意思があるように思いました。女子医大の取り組みにしても、岡山大学の人材センターのお話にしても、長い時間がかかっているようでしたので、仕組みを変えることも難しいことですが、その中でも、人々のマインドセットを変えることが一番難しいことだと思います。でも変えなければいけない時期に来ているということだと私は感じました。そういう意識を持ってまた周りや同じ意識をもつ同僚などと協力して、地道にやれることから行動を起こし、それを広げていくことが大切かと思いました。

素晴らしい内容だったのですが、参加者が少なかったのがとても残念です。ACPでは教育的なセッションが多いので、若い先生方はそちらの方が興味を引くと思われますし、働き方改革は上の人のやることと思っていたりするのかもしれません。ですが社会性を持って働くことは大切ですし、自分さえよければよいという立場ではないはずですので、こういう分野にも興味を持ってもらいたいと思いました。働き方改革は女性だけの問題ではありません。瀧野先生がおっしゃっていたように、女性医師が気持ちよく元気よく働ければ、病院内に良い循環が生まれると思います。しかし女性医師自身もプロフェッショナリズムの意識をきちんともち、患者さんのためということを一番に考えて、時短でも週3回でも、高い医療レベルを提供するべく努力するべきだと思います。私たちの仕事は有難いことに、働きながら学ぶことができます。色々な患者さんを診察し、治療して 症例の経験として、自分のものにすることができます。毎日が勉強です。一つでも多くの知識を得て、早く立派に尊敬される医師になろうとするならば、多くの患者さんをみて経験することです。医師としての自分と家庭での親としての役割など、どちらを重視したいかは各人違うと思いますし、特に女性は自分の意志とは別に、子育て中で子供が小さいと時間的にも家庭に多くの時間を取られることになるでしょう。ワークライフバランスは個別的でもあり、また時間的な要素もあり、難しい課題だと思います。でも男性も女性も、より高いレベルの医療を行える医師であるために、研鑽を積むことは常に必要ですし、幸福感を感じる日々を過ごすことも、人間として不可欠なことだと思います。いつも完璧に過ごすことは不可能だと思いますし、我慢する時期もあるかと思いますが、自分で選んで 自分で道を見据えて日々を歩んでいけるように、男女ともに方策を考えて続けることが必要だと感じました。またその根底には、患者さんを第一に考えること、地域医療を守ることなどProfessionalismがそれぞれの医師の心にしっかり根付いていることが必要とも思われました。

さらに男性だから女性だからというマインドセットを変える時代になってきているのかと思います。自身でも自分を縛らず、また性差や人種差などに関わらず、お互いを認め、自由にそして効率的に仕事をし、個人生活を充実させられる時代になることが求められていると思います。

最後に、素晴らしいご講演をいただいた5人の先生方に心よりお礼を述べたいと思います。企画を立ててくれた副委員長の川嶋乃里子先生の行動力と情報ネットワークに感服しましたし、WC委員のメンバーは、各担当を決めて打ち合わせに連絡にと特に指示することなく 各自で考えて行動してくれました。委員会のメンバーにも感謝したいと思います。

Women’s Committee  ACP Japan Chapter Interim Report

Women’s Committee委員長の山本典子先生(やまもとクリニック)から中間報告をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Women’s Committee

ACP Japan Chapter Interim Report

Chair: Noriko Yamamoto, MD, FACP

Yamamoto Clinic

Women’s Committeeでは6月の支部講演会の企画を行った時の反省点を踏まえて、来年の講演会の企画を検討中です。女性医師を応援する企画というと女性医師は興味はあるけど構えてしまって参加しにくい、男性医師はあえて興味がないという方が多いのだと思います。そこでECPCやRFCとコラボして何かできないか検討中です。

また女性のメンバーやFACPを増やすということも大切なMissionですのでCredential CommitteeやPPCともコラボで企画を作れないかと考えています。まだまだ日本支部の中では女性FACPも1割に満たない状態です。学生や研修医などの若い世代の参加が増えていますので継続的にACPに参加しFACPについても知っていただき多くの女性医師がFACPを目指し元気な女性FACPを増やしたいと思っています。

ここ2年くらいACPでは9月にWomen In Medicine Monthというキャンペーンをしています。同時に支部長の推薦により女性メンバーをFACPにしてあげられるという機会を設けています。今年は日本からお一人を推薦することができましたがACPの活動に加わってくださる女性医師を増やして頑張る方にはぜひFACPになるチャンスを差し上げたいと思っています。

また今年よりFacebookでACP Women’s Committeeというページを作っております。 ACPのページリンクだけでなく女性医師たちの関心がありそうな記事をシェアしたりそれについてコメントしたりすることができます。札幌徳洲会のDr. Constantineも投稿して問題提起をしてくださったりしています。希望すればどなたでも参加できますので多くの先生方に参加して頂きたいと思います。

Women’s Committee welcomes a new member!

New member is joining on!

Hi all,

I am very pleased to introduce the members of Women’s Committee. A new member joined the Women’s Committee. Please keep in mind.

Best regards,

PRC member Takamasa Miyauchi  MD

Women's Committee

Ayako Miki MD

Member
Institution
 
Takatsuki General Hospital
Department/Division
 
General Internal Medicine
Job Title
 
Resident
Message
 
Just do it.

Meet the women physician leaders

Report from Women’s Committee about panel discussion at the annual session of ACP-Japan

June 2018,

ACP Japan Women’s Committee Chair; Noriko Yamamoto,MD FACP President of Yamamoto Clinic

ACP Japan Women’s Committee

Chair; Noriko Yamamoto, MD FACP

Co-Chair;Noriko Kawashima, MD FACP

Member;

Yuko Morishima, MD FACP,

Keiko Arai, MD FACP

Eri Kimura, MD

Panel Discussion; Meet the women physician leaders

3 June Sunday AM9:15 to 10:40 at Tokeidai Hall of Kyoto University

Panelist;

Yuko Takeda, MD FACP Professor of Jyuntendou university medical education

Mariko Ooishi, MD PhD President of 0oishi internal medicine clinic

Harumi Mukai, MD PhD Medical director of Abbvie GK.

Facilitator; Yuko Morishima, Keiko Arai

This panel discussion is aimed super female doctors talk about their work and life for young doctors.

Dr.Takeda had medical practices in USA and she became the professor of medical education back home in Japan.

Dr.Ooishi has been a medical practitioner for long time and she has been researched diabetic patients status and outcomes, for recent 10 years she has started diabetic medical coaching.

Dr.Mukai is a hematologist worked for many years at medical school of University of Tsukuba. She has changed her job to medical director of English Pharmaceutical company.

Three doctors are superwomen , the participant said how super they are! They talked very interesting stories about themselves and we were fascinated by their stories. Both Dr.Takeda and Dr.Ooishi said troubles have certain reasons to happen and it’s important to overcome them.

Next, the facilitators asked some questions.

Why did you want to be a doctor?

What was your most difficult events? And how did you manage it?

What was your turning points ?

What do you have attentions to direct your subordinate as leader?

What is your best time to relax?

At last, Co-Chair Dr.Kawashima had some Power Point presentations about Physician’s leadership and women’s communication.

I regret the time for this session was too short , we couldn’t have enough time to ask some questions from participants and comprehend their substantial words.  But we all had a very good time. The panelists have a lot of interest and energies for medicine and family matters, we’re also fascinated by them. Among their talk we learned a lot and moved very much.

The session by Women’s Committee would be believed for only women. But the problem of women in medicine would be also a big problem for men’s doctors. For example in work environment and regulations, work style and work-life balance. In Japan we need the reform of working style in medicine in these days.

On the other hand, medical organizations and colleges must set female executives definitely. And Japanese people will require mentor-mentee relationship more. But most of Japanese female is reserved and has no self-assertion. Japanese female doctors would need the advance to be assertive, not to be intrusive and have confidence because they have enough competence.

Time is changing, in Japan female doctors are getting more increasingly. But most of female doctors feel isolated and are not sure of their behavior for promotion and negotiation. It’s often said no female Role-Model around them to give them some advice.

We ACP Japan Women’s Committee have begun last July and we have very short duration to go into activities as committee, but we think we need to make networking and mentorship in ACP Japan.  We made our page in Facebook, the name of ACP Japan Women’s Committee. When we called to join the group of Facebook page,many female and male doctors joined the group. We were very encouraged by them.

We will keep working for not only female doctors but also male doctors. We hope to achieve the equity in medicine in Japan.

Meet the women physician leaders報告

Women’s Committeeの山本典子先生から、2018年ACP日本支部講演会での主催企画Meet the women physician leadersの報告を頂きましたので、PRC委員会から広報いたします。(PRC 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年ACP日本支部講演会Women’s Committee主催企画

Meet the women physician leaders報告

2018年6月

委員長 山本 典子 やまもとクリニック 院長 FACP

京都大学 時計台講堂 c-2 6月3日午前9時15分より10時40分

パネリスト;

武田 祐子 順天堂大学 医学教育 教授 FACP

大石 まり子 大石内科クリニック 院長

向井 陽美 アッヴィ合同会社 肝疾患領域オンコロジー領域担当部長

進行役;

森島 祐子 筑波大学 呼吸器科 准教授 FACP

新井 桂子 あらいクリニック 院長 FACP

スタッフ;

木村 衣里 飯塚病院 緩和治療科

川嶋 乃里子 かわしま神経内科クリニック 院長 FACP

それぞれに違う分野で活躍されている女性医師のお話を伺おうという企画でした。 武田先生は ACP日本支部の副支部長を長らく務められておられ アメリカで研修をされたり研究に行かれたりした後日本で大学教授と成られています。大石先生は 糖尿病の専門で長く病院勤務の後 開業され 糖尿病のデータマネージメントなど診療以外のお仕事も色々とされています。 向井先生は 大学で血液内科をご専門に研究と教育に携わり その後製薬会社に転身され 現在はイギリスの会社で働いておられます。お3人とも 終了後にはスーパーウーマン過ぎるという声もあったくらいのスーパーウーマンでいらっしゃいます。 3人とも自己紹介のお話がとても興味深く それぞれのストーリーを伺うのに 夢中になってしまい 時間が無くなったのも確かでしたが 様々な重要なポイントがあったと思います。

その後進行役より 医師になったきっかけ、 人生の転機となった事柄と対処の方法、ライフイベントについて、リーダーとして心がけていることは何かなど質問がありました。

武田先生と大石先生が共に トラブルは起こるべくして起こり それを乗り越えてこそであるというお話が 心に残りました。

最後に委員の川嶋乃里子先生からリーダーシップの説明と女性のリーダーとしてのコミュニケーションについての話があり Take home messageとして  Open your mind ,listen to yourself and others というスライドで終了となりました。

1時間半という時間ではこの企画は 短かすぎ この倍の時間が欲しかったと思います。 魅力的なパネリストの先生方のお話は 重要なポイントもたくさんあり もっと詳しく聞きたいと思いました。会場からの質問なども受けられず お話を深めることもできず 時間を超過したので 早々に終了となったことを後悔しています。でもとても楽しい時間でした。パネリストの先生方は医学にも家庭の事にも 力を注がれており また楽しみを持って過ごされており 学ぶことが多くあったと思います。

このような企画は 女性医師のための企画という風にとらえられて 女性も参加するのに躊躇し 男性医師は関係ないと思いがちだと思います。しかし 実は 女性医師の問題は 男性リーダーにとっては問題、課題でもあると思います。 病院であれば働き方が問題になっています。 就労時間 当直 主治医制の問題など女性医師がいることにより 考えなければいけないことがたくさんあると思います。そのためにルールを作ることも必要になっていますが 根本的に働き方を考えてみる必要のある時期に来ていると思います。

また女性医師の登用ということが病院 学会 機関でも言われていると思いますが どのように女性を選び そのようにサポートしていくかも問題です。 男女比率ということを満たすために 女性を幹部とすることも今後も増えると思いますが その場合 男性からは 納得できない感情を持たれることもありますし 女性からは 自信がない、ロールモデルがいなくてどのようにふるまえばよいかわからないなど 不安が大きかったりして実力を発揮できないこともありますが 優秀な能力を持った女性医師が多いですので もっと自信を持てるようにしていくべきでしょう。

時代は変わってきており 医療の現場では 女性が増えています。優秀な女性がたくさんいますが 孤立感を持っており 周りに女性医師の先輩がいない 相談するような上司がいないということはよく言われます。そのためACP日本支部はまだ小さい組織ではありますし Women’s Committeeは昨年7月に発足し 間もないですが 女性のネットワーキングとメンターシップをキイワードに今後も活動していきたいと思います。 今回の企画を通して知り合った方々、また委員会のFacebookのページを作成し 参加を呼び掛けたところ それに反応してくださった方々が 男性女性ともに多くいらして 大変勇気づけられました。 今後も地道に活動を行い 女性だけでなく 男性医師のためにも 少しずつネットワークを広げられたらと思います。そして男女ともに同様に能力を発揮できて お互いを認めることができるような状況を作れることに尽力していきたいと思います。

Chapter Business Report 2017-2018: WC

Women’s Committee:

Chair; Noriko Yamamoto MD, FACP, Yamamoto Clinic

Co-Chair; Noriko Kawashima, MD, FACP, Kawashima Neurology Clinic

Members; Keiko Arai MD, FACP, Arai Clinic

Yuko Morishima MD, FACP, Division of Clinical Medicine Department of Pulmonary Medicine, University of Tsukuba

Eri Kimura,MD,Iizuka hospital

 

Report;

We has started the activity of Women’s committee on late July 2017.

We hold the panel Discussion at the annual session of ACP Japan Chapter (Today)

3 Women’s Leader talk and discuss important and tough subjects what young female doctors take great interest . They will give many tips to young doctors and medical students.

*We opened a page of Facebook as ACP Japan Women’s Committee(Closed Group)

 

Plan;

Next year we will hold a session to encourage young female doctors and students

In the annual session of ACP Japan chapter.

We will recruit some members this year.( es,young doctors and medical students)

We will have a plan to make a networking of female doctors and medical students in ACP Japan Chapter. We will be able to have mentorship among the chapter in the future. We also will utilize our facebook page.

Meet the women physician leadersのおしらせ

ACP日本支部Women’s Committee主催 Meet the women physician leadersにつきまして、PRCからも再度お知らせいたします。宜しくお願い申し上げます。(PRC委員 前田正彦)


京都大学時計台記念館、国際科学イノベーション棟で開催されますACP日本支部講演会にて 6月3日日曜日9時15分からWomen’s Committee主催のパネルディスカッションを行います。 パネリストには日本支部副支部長の武田裕子先生、京都の糖尿病専門医でご開業の大石まり子先生、アッヴィ合同会社肝疾患領域、オンコロジー領域統括部長である向井陽美先生のお3人にお願いしております。 各分野でご活躍中の先生方に 興味ある仕事上のTipや家庭や個人生活の工夫などお聞きしたいと思います。 若い女性医師には もっと上を目指し もっと外にでようという活力を与えていただけるのではないかと考えています。参加費は無料ですので 気軽にご参加ください。 もちろん女性医師の活躍には男性医師の協力や理解があってこそだと思いますので 是非男性医師もお越しください。お待ちしています。

ACP日本支部Women’s Committee委員長 山本 典子

武田裕子先生
大石まり子先生
向井陽美先生

Interim Report from Women’s Committee 2017

 Women’s Committeeの紹介

 

 

Chair;やまもとクリニック 山本 典子

 

以前から当委員会は日本支部の中で活動実績がありましたが ここ数年 いつの間にか存在がなくなっていました。2017年7月に上野支部長から要請をうけて 委員会を立ち上げることになり 委員を公募しました。 勇敢な女性医師たちから名乗りを挙げて頂き 5名のメンバーで 委員会が発足しました。

 

男女共同参画が各学会で言われ始めたころには 女性医師の現状調査や提言などが 咲き乱れましたが 現在は それを踏まえて実情に応じて行動することが求められていると考え まず支部講演会で女性医師を元気付け、悩みなどを共有し 改善すべき点を明らかにするための企画を行おうということで考えています。 少人数ですので 考えられることやできそうなことは限られると思いますが 現状でのBestを尽くしたいと思います。

 

具体的には Meet women Physician’s Leadersという題目で 大学教授や大病院の部長院長などについていらっしゃる女性医師達から色々なお話を伺おうと思っています。女性医師は 子育てや介護など家族に対する責任を負うことが多く 自分の意思だけでは 思うように自分のキャリアパスを形成できないこともあると思います。 先輩医師たちの それもガラスの天井に近い方々の経験談を聞くことで 共感が得られ さらに勇気づけられることを期待しております。 またそれによって 一人でも多くの女性医師が 自分の限界を作らず 上を目指し 外に眼を向けることができたらと思います。

 

またFacebookなどを使用して女性医師のネットワーキングをしていくことを考えています。時間的 空間的に短い距離感で交流ができることと思います。

 

当委員会のMissionとして 日本支部での女性医師のメンバー FACPを増やすことも 大切なことだと思います。日本の女性医師にも大変優秀な先生方がたくさんいらっしゃるにも関わらず、 MACPは まだ日本女性には輝いていません。 ACP本部では 多くの女性医師が 学会本部の要職についていらっしゃいますので 日本でも 支部の中だけでなく 本部の要職につく女性医師が現れることを夢見て 多くの女性医師にACPに参加して頂き、FACPさらにはMACPを目指すように 勇気付け、背中を押していけるようにしたいと思います。

 

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。