ACP年次総会ポスター発表体験記

ACP体験記

濱田 治 MD

愛仁会高槻病院 総合内科 医長

京都大学大学院医学研究科 医療経済学分野 大学院研究員

Osamu Hamada, MD

Department of General Internal Medicine, Takatsuki General Hospital, Osaka, Japan

Department of Healthcare Economics and Quality Management, Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine Kyoto University, Kyoto, Japan

この度ACPの本部の年次総会で当院から応募したポスターがアクセプトされ、発表する機会をえました。ACP本部で一般応募からの日本人の発表は貴重というお言葉をいただき、この度学会参加に関して記事を書かせていただくこととなりました。

私はEarly Career Physiciansのポスター発表の枠に応募しました。“Impact of the hospitalist system in Japan on quality of care and healthcare economics”という当院で行なった臨床研究について発表を行いました。ホスピタリストは幅広い内科の問題に対応できる、入院対応のスペシャリストとして米国で発展してきました。米国ではその有用性が多数報告されてきました。本邦においても患者を総合的に診療できる医師の必要性が強調され、専門医制度にも変革が生まれていますが、ホスピタリストの有用性を検証した研究はありませんでした。当院では2017年度に米国でホスピタリストのトレーニングを積んだ指導医の元で総合内科が診療を開始しました。本研究は当院に入院した誤嚥性肺炎の患者を対象とし、ホスピタリスト群(当科)とコントロール群(その他専門科)による治療が医療経済(入院期間、医療費)、医療の質(抗菌薬投与期間、経口抗菌薬への変更率、採血や胸部レントゲン撮影回数)、死亡率・再入院率へどのような影響を及ぼすかを調べた後ろ向きコホート研究です。プロペンシティスコアマッチングを用いて解析を行いました。結果として、死亡率や再入院率を上げることなく、医療経済および質をホスピタリスト群が有意に改善させました。

発表の際には3人の評価者のファカルティーがプレゼンターの元に巡回して来て、4分間の発表、6分間の質疑応答が行われます。出発前に病院で上司や同僚と何度か発表の予演を行ない、十分に準備して望んだため、スムーズに発表を行うことができました。超高齢化社会日本における医療体制の問題点や、統計学的な手法などに関して議論しました。評価者の先生方は評価表に記入しながら私の発表を聞いていましたが、挨拶してから質疑応答までの間で記入していたタイミングから判断すると、ポスターの構成、内容の科学的妥当性、発表におけるコミュニケーションスキルなどいくつかのカテゴリーにわけ点数化し、その他のコメントを自由記載欄に記載しているように見えました。

発表の前後に周囲のポスター発表者と話をしました。隣のポスターは医学生が臨床研究の結果を発表しており、向かいのインド人の医師は積極性とエネルギーに満ちており私の発表に関しても沢山の質問をしてくれました。全体のポスターを見に行きましたが、学生が臨床研究をしているのが散見され、医学生の意識の高さを感じ、負けていられないなと思いました。

ポスター発表以外の時間はできる限りセッションに参加しました。同じ時間帯にいくつも魅力的なセッションが行われていました。携帯のアプリで発表の会場、時間、資料の確認を行うことができ、非常に効率が良いと感じました。参加したセッションはいずれも質が非常に高く大変勉強になりました。積極的な参加を求められるセッションもあり、ピッツバーグの先生が発表したヘルスリテラシーを上げるための取り組みに関するセッションでは、他の参加者と議論を行う場面がありました。ACP日本支部のEarly Career Physicians Committeeで「国際学会で地蔵にならないための英語セミナー」と言うセッションを開催していましたが、もっと国際学会で積極的に参加し、発言する姿勢や能力を磨きたいと感じました。

また、女性医師の割合が高く、子供づれで参加している方が複数いたのも印象的でした。いくつかのセッションで話した女性の先生はホスピタリストをしており、働き方を自分で決めることができる点がよく、女性の割合が高いと言っていました。日本でも昨今の働き方改革や女性医師が活躍し働きやすい現場に関して注目されるようになってきていますが、病院や社会全体で考える必要があると感じました。

今回のACPに参加して感じたことをまとめたいと思います。

―学会の規模、質が非常に優れている

―学生も臨床研究をしている。日本からも発信したい

―働き方改革を病院、社会全体で考える必要性がある

 

長文を読んでいただきありがとうございました。

 

 

Student Committee welcomes new members!

New members are joining on!

Hi all,

I am very pleased to introduce the members of Student Committee(SC). Nine new members joined the SC. Please keep in mind these wonderful members.

Best regards,

PRC member Takamasa Miyauchi  MD

Student Committee
Member

Hideta Teshirogi

Institution
 
Gunma University
Department/Division
 
3rd Year
Message
 
温故知新
Student Committee
Member

Yusuke Matsumoto

Institution
 
Kindai University
Department/Division
 
4th year
Message
 
Peace bigins with a smile.
Student Committee
Member

Masahiro Kato

Institution
 
Kindai University
Department/Division
 
4th Year
Message
 
"The goal comes first, then we perceive. We don't perceive first."
Student Committee
Member

Yuki Shima

Institution
 
Gunma University
Department/Division
 
5th year
Message
 
優希
Student Committee
Member

Erika Hiraga

Institution
 
Osaka City University
Department/Division
 
5 th Year
Message
 
Do my best
Student Committee
Member

Ai Suzue

Institution
 
Kindai University
Department/Division
 
5 th Year
Message
 
Persistence makes perfect
Student Committee
Member

Satoshi Inaba

Institution
 
Kyoto Prefectural University of Medicine
Department/Division
 
5 th year
Message
 
ancora imparo
Student Committee
Vice Chair

Rika Terashima

Institution
 
Gunma University
Department/Division
 
4 th year
Message
 
I am grateful for all of the opportunities ACP has provided me. I have met many wonderful people through ACP and I am very excited for the next ACP Japan chapter!
Student Committee
Chairman

Tomohiro Hirai

Institution
 
Mie University
Department/Division
 
5 th Year
Message
 
“Keep going, even if it is just a little”

Annals of Internal Medicineに4報のレターが掲載

ACPJC年次総会2018での「レターの書き方」と題したワークショップの結果、ACPの機関誌であるAnnals of Internal Medicineに4報のレターが掲載されました。その過程を片岡裕貴先生から報告いただきましたので、広報いたします。(PRC委員:前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兵庫県立尼崎総合医療センター 呼吸器内科・臨床研究推進ユニット

片岡裕貴

ACPJC年次総会2018において、「レターの書き方」と題したワークショップ(WS)を行い、その結果、ACPの機関誌であるAnnals of Internal Medicine (AIM)に4報のレターが掲載されましたので、その過程をご報告いたします。

もともと筆者らは、「誰でもできる臨床研究」を合言葉に、多忙な日本の臨床現場でも実施可能な臨床研究のやり方を学ぶ各種WSを運営していました。その中の一つに、系統的レビュー(systematic review)を学ぶワークショップがあります(1)。

ご承知のとおり、系統的レビューとは、一つの臨床疑問を元に、その臨床疑問に合致するありとあらゆる研究をまとめる技術であり、その利用はEBMの実践にあたって必須とされています(2)。一方で、研究論文にアクセスすることができて、一定の英語力を元にその解釈ができる人であれば、一定の時間をかければ誰でも実践できる臨床研究でもあります。

系統的レビューの過程においては、組み入れた一次研究のバイアスを評価する、というステップがあります。これを応用すると、レターを書けるということを共同運営者である辻元啓先生が発見し、いくつかのレターを書きました(2)。

この経験を元に、臨床研究の遠隔学習プログラムであるMCR extension (3)において、2日がかりのWSを実施し、実際に受講生がレターを書けるようになる、という効果を確認しました (4)。

その際の受講生はあくまで臨床研究に関して一定の学習経験がある人たちでしたので、このWSを経験のない医師に適応可能か、という疑問を元に、今回のWSを企画・運営することにしました。

実際のプログラムは以下のとおりです。

事前 – 事前学習動画を見る(15 分) https://youtu.be/mQ8BXtw_cVI
– 課題論文(Graham KL, et al. Preventability of Early Versus Late Hospital Readmissions in a National Cohort of General Medicine
Patients. Ann Intern Med. [Epub ahead of print 1 May 2018] doi: 10.7326/M17-1724 http://annals.org/aim/article-abstract/2680053/
preventability-early-versus-late-hospital-readmissions-national-cohort-general-medicine)を読む
当日 「交絡」に着目したRisk of Biasの吟味とポイントの指摘を考えるhttps://drive.google.com/file/d/1NX3ejjD0pmlrxP1MWamnGHODcLO42

FX5/view?fbclid=IwAR01jb0u-zbW40P6CLpC68kc99Gl9wq-WXwl8rhHSqXhFuv5VehQ1_z7Dso

事後 グループごとにレターを投稿

論文は、AIMがACPの機関誌であることに加えて、比較的レターが乗りやすい雑誌であったこと、Epub ahead of printとして掲載されたので、レター投稿の締切(冊子版に載ってから1ヶ月)までゆとりがあることなどを鑑みて選びました。

事前に当院で行ったテスト版には3名、当日は28名(含学生3人)の参加がありました。4通のレターがAIMのウェブサイトに掲載され、その後本誌に掲載されました。のべ13人が著者となり、1st authorとなったのはいずれも臨床論文を書いたことがない人達でした。

レターを書くことは、英語論文を書くことの練習にもなりますし、単なる揚げ足取りにとどまらずに結果を解釈する、という意味で科学的思考を涵養する役にも立つと思います。

資料は全て公開しておりますので、新しい論文をみなさんの施設でジャーナルクラブとして取り上げる際には、ぜひご活用ください。

また、レターを通じて、次にある一次研究としての臨床研究の実践へとつなげていただければと思います。

引用文献

  1. システマティックレビュー(系統的レビュー)作成ワークショップ:誰でもできる臨床研究 https://www.facebook.com/SRworkshop/
  2. Users’ Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice, 3rd ed. McGraw-Hill. 2014
  3. 「レター」の書き方の作法-週刊医学界新聞 http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03164_02
  4. MCR extension https://www.google.com/search?q=MCR+extension&hl=en&safe=off
  5. Writing letters to the editor: A workshop. https://www.mededpublish.org/manuscripts/1824?fbclid=IwAR33ZVH1RZRDmgEI3wvbhzYSbi7JRGBf4irDKwb00Z9bvth1jKPRsFnyKOg

掲載されたレター
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30716746
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30716748
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30716749
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30716750

当日の様子

ACP Japan Chapter Interim Report : Student Committee

Student Committee

Chair: Tomohiro Hirai

Mie University

The student committee consists of dozens of medical students, mainly in the Kansai region. We are planning a workshop aimed at promoting ACP at the next General Assembly. I have not decided the content yet, but I am thinking about contents related to medical English and study abroad. I would like to do my best to make a good report soon.

 

Tomohiro Hirai

5th Year, Mie University

“Keep going, even if it is just a little”

ACP Japan Chapter Interim Report : Early Career Physicians Committee

Early Career Physicians Committee

Chair: Akihito Kawashima, MD

Shin-Yurigaoka General Hospital

 

1 .  What We Accomplished

  1. At the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2018, we held a lecture session on “how to train speaking skills in English” for young doctors and medical students who have difficulty speaking out at international conferences because of language barriers.
  2. On June 21, 2018, we held a workshop entitled “English conversation   workshop for those who don’t want to be “a statue” (to become speechless because of language barriers) at international conferences”, a spin-off event of the lecture session at the Annual Meeting 2018.

 

2. What We are Working On

We’re supporting young doctors in teaching interns and in choosing their carrier paths.

 

3. What We Plan to Initiate

  1. We’re planning to hold a new event at the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2019.
  2. We’re interested in application of advancing technologies in medicine such as AI or deep-learning. We’re preparing to make an opportunity for young doctors to learn about it and have discussions on how it might affect future medicine.

ACP Japan Chapter Resident Fellow Committee Interim Report

委員長の西村義人先生先生(厚生労働省)から中間報告を頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chair: Yoshito Nishimura, MD
The Ministry of Health, Labour and Welfare

当委員会(以降RFC)では、2018年度年次総会にて実施した以下の企画(①RFC企画として新専門医制度に関するシンポジウム ②招聘講師による内科医師のための救急外来マネジメントワークショップ ③若手医師のための懇親会)、及び、10月に開催した第4回RFCセミナーについてご報告させていただきます。

年次総会で実施した①については、主に総合内科若しくは総合診療科で活躍されている先生方からのインプットをいただき、始動したばかりの専門医制度に対して現場の懸念や問題点を明確化する良い機会となりました。同制度は現在も様々な懸念事項を含みつつも継続されており、2019年度も継続して議論する意義があると考えています。本年度の反省を活かし、スペシャリスト、新専門医制度にて実際に研修している医師からのインプットを入れ込みつつ、より良い制度を作っていくために現場から何らかの提言が出来れば、と考えています。②及び③では、それぞれ50名、60名程度の参加者が相互対話的にディスカッション、懇親を図ることができ、参加者にとって実りある時間を提供できただけでなく、日本でACPの輪を拡げることにも貢献できたと考えています。

第4回RFCセミナーでは、7割の非会員を含む40名の参加者が集い、「ジェネラリストのためのリウマチ膠原病」のテーマで共に学ぶ機会を提供しました。募集開始後2週間以内に定員を超える参加希望者が充足され、RFCに限らず、ACP日本支部の若手医師間における知名度向上、充実した内容の企画を行うキャパシティのある団体としてのプレセンスのアピールを行いました。また、MKSAPを題材とした自己学習方法の提案及びセミナーの需要が非常に高いことを確認でき、今後も年2回のRFCセミナー及び総会企画の立案・実施を継続して、MKSAPを前面に出してACPの日本におけるプレセンス向上にも寄与していくことを計画しています。今後とも皆様のご支援の程をよろしくお願い申し上げます。

ACP Japan Chapter Local Nominations Committee Interim Report

委員長の永山正雄先生(国際医療福祉大学大学院医学研究科神経内科学)から中間報告を頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chair: Masao Nagayama, MD, PhD, FACP
Department of Neurology, International University of Health and Welfare Graduate School of Medicine

What We Accomplished
Local Nominations Committee (LNC)委員会は、2017年度末に、次期、ACP日本支部長候補者公募、支部長候補者の本部への推薦を行い無事、前田理事が次期支部長として本部より決定通知をいただきました。また2018年度は、4年間にわたり貢献された平和伸仁委員長、伊藤孝史委員、倭正也委員、安尾和裕委員が勇退され、新体制は委員長永山正雄、副委員長羽田俊彦、小原まみ子委員、柳川健委員、江波戸美緒委員の計5名となりました。なお平和伸仁委員長には体制移行期の1年間(規定期間)、アドバイザーとしてご助言戴くことと致しました。
なお、2018年度のSakura Award、Volunteerism Award、ACP Japan Chapter Contribution Award (ACPJCCA)に対する公募をACP日本支部Websiteにて開始しています。

What We Are Working On/What We Plan to Initiate
2018年度のMACPノミネート、Laureate Awardノミネート、Sakura Award、Volunteerism Award、ACP Japan Chapter Contribution Award (ACPJCCA)受賞者の決定を行う予定です。

ACP Japan Chapter Credentials/Membership Committee Interim Report

Chair: Koichiro YUJI, MD, PhD, FACP
The Institute of Medical Science, the University of Tokyo

(1) What We Accomplished
Activity of Credentials/Membership Committee since July 2018
Reviewed 7 application forms for FACP advancement and judged the applicants‘qualifications.

– The 4 new fellows were approved for election by the Credentials Committee
until November:

September:
Nagaaki Kotera, MD, FACP
Mitsuhiro Sato, MD, FACP
Tetsuya Shiota, MD, FACP

November:
Hidekatsu Fukuta, MD, FACP

(2)What We are Working On
-Review application forms for FACP advancement and judge the applicants’ qualifications by online.

-Respond to queries from members and board of ACP Japan Chapter regarding membership in collaboration with secretary.

Annals of Internal Medicine へのレター投稿がアクセプト

Annals of Internal Medicine へのレター投稿がアクセプト
IEPCの牧石徹也先生(済生会滋賀病院)から報告を頂きましたので広報いたします。(PRC委員:前田正彦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平素より大変お世話になっております。IEPCの牧石徹也です。
平成30年のACP日本支部総会で「レターの書き方ワークショップ(片岡 裕貴先生)」に一般参加者として参加しました。当日の課題であったAnnals of Internal Medicineへのレター投稿がアクセプトされ、2019年2月号(Annals of Internal Medicine • Vol. 170 No. 3 • 5 February 2019 218 )に掲載されました。課題となった論文に対して計4本のレターが日本から掲載されています。一つは片岡先生が共著者のもの、そしてもう一つは私が参加したグループによるものです。後の2つも当日のワークショップの課題として提出されたものである可能性が高いと考えます(未確認)。このことは、ACP日本支部総会のワークショップのレベルの高さを示す具体例の一つになるかと思いますし、またニュースバリューもあるかと思いご報告する次第です。

International Exchange Program Committee ACP Japan Chapter Interim Report

International Exchange Program Committee

ACP Japan Chapter Interim Report

Chair: Tetsuya Makiishi, MD, FACP

Saiseikai Shiga Hospital

  1. What We Accomplished
  2. INDIA PROJECT Two members of the IECP, Tetsuya Makiishi and Takahiko Tsutsumi participated in the ACP India Chapter annual congress held in Lucknow, India from August 31th to September 2nd, and provided lectures to enhance the interrelationship between the two chapters.
  3. HAWAII PROJECT The committee has received one applicant for the externship in Hawaii under the supervision of Dr. Jinichi Tokeshi, clinical professor of Family Medicine at the University of Hawaii, John A. Burns School of Medicine. The committee has supported the candidates’ CV and personal statement before submission. The externship is planned in January, 2019. One of the IECP members will be assigned as a mentor to support the candidate before, during, and after the externship.
  4. What We Were Already Working On
  5. FLORIDA PROJECT By the courtesy of Dr. Jerald Stein, well known for his dedication to medical education in Japan, a three-week externship program at the University of Florida was offered to two members of the ACP Japan chapter. The committee has been involved in a selection process for this program. Their externships are planned in early 2019.
  6. DOMESTIC PROJECT We are having a seminar focusing on how to get into a clinical training program overseas, mainly the US, at the end of November in Osaka.
  7. What We Initiated
  8. We started to interact with the ACP India Chapter as mentioned above to seek for the possibility to establish an exchange externship program between the two chapters in future years.
  9. We started to support the externship program at the University of Florida as mentioned above.
  10. What We Plan To Work On
  11. We plan to continue and further develop each PROJECT mentioned above.
  12. We plan to create a network among the members of the ACP to facilitate sharing information and know-how about working overseas as a physician.