International Exchange Program Committee welcomes new members!

New members are joining on!

Hi all,

I am very pleased to introduce the members of International Exchange Program Committee (IEPC). Two new members joined the IEPC. Please keep in mind these wonderful members.

Best regards,

PRC member Takamasa Miyauchi  MD

International Exchange Program Committee

Tetsuya Makiishi MD, FACP, FASN

Chairman
Institution
 
Saiseikai Shiga Hospital
Department/Division
 
Nephrology
Job Title
 
Chief
Message
 
I'm thrilled to be a part of this committee.
International Exchange Program Committee

Mitsuya Katayama MD

Member
Institution
 
National Hospital Organization Tokyo Medical Center
Department/Division
 
General Internal Medicine
Job Title
 
Attending physician
Message
 
「子供は家族の宝、研修医は病院の宝」The mediocre teacher tells. The good teacher explains. The superior teacher demonstrates. The great teacher inspires.

Seeking for opportunities in India

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれて発表されました。牧石先生からその英文体験記を頂きましたので、広報いたします。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Seeking for opportunities in India

Saiseikai Shiga Hospital Division of Nephrology

Tetsuya Makiishi, MD, FACP, FASN

The 3rd American College of Physicians India Chapter Congress was held from August 31th to September 2nd in Lucknow, the capital of Uttar Pradesh, the most populous state in India. The theme of the congress was “Practicing wellness to prevent illness”. On behalf of the International Exchange Program Committee (IECP) at the ACP Japan Chapter, Dr. Tsutsumi and I participated this meeting.

Leaving home early in the morning of August 30, we arrived in Lucknow in the middle of the night. It became the next day when we got to a hotel after a short drive from the airport. It was a muggy night. We could see a couple of cows roaming on the street from a car window. The hotel was located alongside a main street, and had extensive grounds surrounded by tall fences. There were several security guards in front the gate, who asked a few questions to a driver and checked inside the trunk before our car got to the building. Despite after a long travel and coziness of the room, I couldn’t fall asleep easily. I mused over the days I spent in India 26 years ago.

The reason why Dr. Tsutsumi and I came to India originated from a short conversation with Dr. Muruganathan, the Governor of the ACP India Chapter, at the ACP Japan Chapter meeting held in Kyoto, back on June this year. At that time, and until now, the members of the IECP have been discussing what new programs and seminars it could offer. Through the discussion, the idea of an exchange externship program with international chapters of the ACP (chapters outside the United States) came across, and it seemed really nice to us. Having heard that the Governor of the India Chapter was being invited to the meeting, I talked to him to convey the idea at the reception revenue.

“Sounds great. No problem, I think. Let’s do it.” He replied quickly with a big simile on his face.

To be honest, I didn’t expect that things went well so easily. The next day I emailed him a thank-you note. The day after next he replied me to invite me to the India Chapter annual meeting to be held three months later. Actually, I have ever been to India 26 years ago. It was when I was a medical college student. Back in 1992 summer, I backpacked across India for a month on my own. The experience I had during the travel was so impressive, or more correctly put, it was so shocking that it has been a part of my life since then. So, when I read the mail, I definitely thought it was an opportunity I could not miss. After exchanging several emails regarding the schedule and a content of the lecture they want us to deliver in the meeting, Dr. Tsutsumi and I were finally and formally invited to participate in it. I was assigned a talk on the following topic: Is microalbuminuria an indication for RAAS blockade therapy in patients with normal blood pressure? My summer of 2018 was spent preparing for it.

The congress was really great. All sessions were held in English. The topics covered were ranging widely, from clinical research conducted by medical students to up-to-date, clinically relevant theme presented by professors from both inside and outside India. There were also a webinar presented by three physicians from Mayo Clinic, the theme of which was the role of the hospitalist in this day and age. I was amazed by their eagerness to learn the problems that we face and discuss how to deal with them by sharing information with half a dozen invited physicians from abroad. They were from the United States, the United Kingdom, the United Arab Emirates, Bangladesh, Bulgaria, and Japan. In fact, the panel discussion entitled “Challenges and solutions of medical practice” held for this purpose was I thought one of the highlights of this congress. Dr. Tsutsumi participated as one of panelists and commented clearly and sharply about the issues Japan faces. He also did a perfect presentation in his lecture about Japanese medicine in overaging society.

Furthermore, we really appreciated their hospitality. There was a buffet-style reception dinner on the second day of our stay. It was a warm and cozy atmosphere. All participants were talking each other in a relaxed mood. We had a fun time talking with other participants and enjoying a little spicy Indian food. During our stay in India, every single participant and organizer was always nice and kind to us. India warmly welcomed me back.

The experience we had with distinguished colleagues in the India Chapter will be valuable assets to the IEPC. Besides being able to deepen the friendship with them, we could understand the health care environment in India and could also inspect the situation of a big city in India from security perspective, for the planned exchange externship program between the two chapters. Based on them, the IEPC now starts to prepare for its success.

I would like to end my report by showing appreciation to all the people who were involved in my attendance to the congress, to the members of the IECP, to my colleagues in Japan, and to my family. Namaste!

Tetsuya Makiishi, MD, FACP, FASN

IEPC 海外留学支援セミナー

IEPCの牧石徹也先生から、海外留学支援セミナーのお知らせを頂きましたので広報いたします。(PRC委員 前田正彦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ACP会員のみなさま
いつも大変お世話になっております。国際交流プログラム委員会(IEPC)は、グローバルな視点、キャリアプランを日本人医師が持つことを目標として、海外への短期留学の援助を含めた種々の活動を行なっています。海外臨床留学は以前より認知度が高まってきているものの、依然として狭き門であり、留学を志すものの準備すべき事項、相談すべき相手がわからずに次のステップへ歩み出すことを躊躇している方も少なくないのではないでしょうか。そこで、IEPCは留学を考えている医師を対象に、実際に臨床留学とはどのようなものか、具体的にどのような準備をすべきなのか、という疑問を、留学経験者を含む講師陣と相談できる場として、この度海外留学支援セミナーを開催する運びとなりました。少しでも興味をお持ちの先生、また、お近くに興味がおありの先生がおられましたら、お誘い合わせの上、是非ご参加下さい!
以下、詳細です。
日時:2018年11月25日(日)12:30-17:00(予定)
場所:愛仁会リハビリテーション病院 7階会議室
交通案内:
・JR高槻駅徒歩5分
  駅中央口北出口から東へ直通の通路を通ってお越し下さい。
・阪急高槻市駅徒歩12分
  駅から北に進み、線路手前の連絡通路からお越し下さい。
プログラム内容:
12:30-13:00 受付
13:00-13:15 アイスブレイキングとIEPC 活動紹介
13:15-13:45 臨床留学の準備:経験者からの視点(山田)
14:00-14:45 臨床留学の準備:指導者からの視点(筒泉)
15:00-15:45 臨床留学の意義:米国レジデンシーとその後(片山)
16:00-16:45 ワークショップ「英語で効果的な一行サマリーをつくろう」
16:45-17:00 閉会、アンケート記入、個人相談
講師:筒泉貴彦(高槻病院)、片山充哉(東京医療センター)、山田悠史(埼玉医科大学)
講師紹介:
筒泉貴彦
 ハワイ大学内科で研修
 帰国後、練馬光が丘病院、明石医療センターを経て現在高槻病院総合内科部長
 留学を志す若手医師のサポートを継続、この6年間で5名の国内外留学(4人:米国内科プログラム、1人:海軍病院)
 の橋渡しをしている 米国内科専門医
片山充哉
 ハワイ大学内科で研修
 サウスフロリダ大学感染症科フェロー
 帰国後、亀田総合病院を経て現在東京医療センター総合内科に所属
 米国内科専門医、米国感染症専門医、2018年亀田総合病院Teacher of the year award
山田悠史
 マウントサイナイ大学ベスイスラエルメディカルセンターで内科研修
 帰国後、埼玉医科大学総合診療内科、血栓止血センターに所属
 留学を志す若手医師のサポートを学内の医学生、研修医対象に開始
参加費:
ACP 会員 一般3000 円 / 初期・後期研修医2000 円 / 学生1000 円
ACP 非会員 一般6000 円 / 初期・後期研修医4000 円 / 学生2000 円
これから具体的に臨床留学を検討されている方も、少し興味があるが具体的にはまだ考えていないという方も、これが何かを掴むきっかけになるかもしれません。皆様、奮ってご参加ください。
参加をご希望の方は山田悠史(yujiyamada0402@gmail.com)までメールにてお申し込み下さい。お問い合わせも同メールアドレスまでお願いいたします。
ACP日本支部国際交流プログラム委員会(IEPC)

米国での臨床見学プログラムについてのお知らせ

国際交流委員会(IEPC)牧石徹也先生より、米国での臨床見学プログラムについてのお知らせを頂きました。ご興味のある方は奮ってご応募ください。(PRC委員 前田正彦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ACPの皆様
米国内科学会(ACP)日本支部国際交流プログラム委員会(IEPC)から米国での臨床見学プログラムについてのお知らせです。複数のMLに投稿しておりますので、重ねてお受け取りになられる方におかれてはどうぞご容赦下さい。
今回、日本でも長年臨床教育にたずさわっておられるDr. Herald Stein(スタイン先生)から、フロリダ大学医学部内科系サブスペシャリティーでの3週間のエクスターンシップ研修の機会を米国内科学会(ACP)日本支部の医師1名にご提供頂きました。
米国のトップレベルの臨床そして教育の現場を肌で感じることのできる貴重な機会です。今回は募集人数はお一人だけなのですが、ぜひ、ふるってご応募頂ければと思います。また、派遣に際してはACP会員であることが必要ですが、ご応募時に会員申請頂ければ大丈夫ですので、先生方の身の回りにご興味がおありの先生がおられれば是非ご共有頂けましたら幸いです。
何卒宜しくお願い致します。
米国内科学会(ACP)日本支部
国際交流委員会(IEPC)
牧石徹也
下記が募集要項となります。
========================================================
ACP日本支部 国際交流プログラム委員会(IEPC)主催
臨床見学プログラム2018 -2019
米国フロリダ州のUniversity of Florida, Department of Medicineの内科系専門科で,3週間のエクスターン研修ができます。現地でのプログラムを監修頂くのは日本でも長い指導歴をお持ちのDr. Jerald Stein(スタイン先生)です。米国の一流の内科系臨床研修プログラムを見学できる貴重な機会であり、将来米国での臨床研修を考えている若手医師、米国式臨床研修システムを日々の指導に取り入れたいと考えている指導医クラス、そして米国の臨床研修システムを肌で感じてみたい全ての方に最適です。当委員会メンバーが研修前から研修者をサポートします。
なお、このプログラムはACP日本支部とフロリダ大学医学部との契約に基づくものではなく、あくまでスタイン先生の「25年間の日本での指導を通じて得た友情に対する感謝の気持ち」として先生のご厚意によりACP日本支部会員へ提供されるものです。そのため、スタイン先生およびフロリダ大学医学部や見学科に対しての費用は発生しません。
(具体的には、スタイン先生は見学希望科の調整と、見学希望科のFacultyに参加者のメンターとなって頂く調整をして下さいます。)
スタイン先生の日本でのご活動については下記URLをご覧下さい。
見学の時期:2018年12月以降(研修先と日程を調整し決定します)
研修内容:エクスターン研修(基本的に見学のみとなります)
研修可能診療科:内科系診療各科(Hospital Medicine, Nephrology, Infectious disease, Rheumatology, Emergency Medicine, etc. )参加者が見学を希望する科に対してスタイン先生が直接交渉し調整されます。必ずしも希望する科を見学できる保証はありません。
見学期間:3週間
応募期間:2018年10月末募集締め切り
募集人数:1名
参加費用:飛行機代、現地滞在費、現地生活費は自己負担となります。研修先への費用はありません。
応募資格・要件:
  (1) ACP会員であること
  (2) 卒業後2~5年が目安ですが、学びたいという熱意があれば卒後年数は問いません
  (3) 一般的なコミュニケーション英語能力、医療英語能力がある方
  (4) 米国での臨床研修に目的意識を持って、意欲的に取り組んでいる方
  (5) 研修後、ACP日本支部での活動に積極的にご協力頂ける意志がある方
  (6) 渡米中の3週間は、毎週末、国際交流委員会へ研修内容をメールにてご報告頂くこと。臨床見学終了後は日本語でA4 1-2枚程度、英語で 500 -1000words程度の体験記をご提出頂くこと。
応募書類:
  (1) Curriculum vitae (CV) (英語で記載. Dr. Steinはもちろん、訪問先へも提出する可能性があります)
  (2) Personal Statement(PS) (英語で記載. Dr. Steinはもちろん、訪問先へも提出する可能性があります)
  (3) TOEFL(iBT)、IELTSなどの英語検定試験のスコアのコピー(任意)
  (4) USMLE step1、step2 CKの合格者はそのscore reportのコピー、step2 CSの合格者は合格証のコピー、ECFMG certificate保持者はそのコピー(任意)
  (5) ACP日本支部会員の確認書会員番号、会員の種類(member, associate member, fellowなど)を記載して提出してください。現在会員でない方は、応募時に会員申請頂ければ応募可能です。
応募方法:上記必要書類(PDF等のデジタルファイルにしたもの)を添付の上、下記宛にお送りください。
ACP日本支部事務局 office@acpjapan.org
選考方法:当委員会にて書類審査 。その後、書類審査通過者に対し委員による直接面談や電話・スカイプなどによる面接。
選考結果:書類選考結果については応募3週間以内に応募者本人へEmailにて通知します。面接に進まれる方とは、改めて面接の日時や方法等を調整します。
一般社団法人米国内科学会日本支部事務局
〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階
有限会社ビジョンブリッジ内
プログラム担当:
ACP日本支部国際交流プログラム委員会(IEPC)

インド滞在記 その4(9/2)

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれ、滞在記その4を頂きました。今回が帰国までの最終回です。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その4(9/2)
いよいよ最終回です。
本日は学会最終日でした。発表も終えていたため、自分の興味のある講演を聞いていました。米国内科学会から来られたDr. Thomas Cooneyの講演はずば抜けていましたね。スライドの内容、発表の仕方など惹きつける力がすごかったです。
その後もフライト時刻ギリギリまで滞在し、帰国の途につきました。格安航空券ということもありデリー空港、香港空港でそれぞれ6時間待ちという長旅でしたがいずれの空港も非常に洗練されていて旅行の一部のような感じでした。

合計5日間の滞在でしたら非常に濃密な時間を過ごすことができました。
今回のインド滞在を通じて感じたことです。

ー世界は広い。日本にとどまっていては視野が狭くなる。
ーインドはすごいエネルギーに満ちている。
ー今回の学会の規模、質から見てもインドの医療は大変優れている。皆、当然英語での発表でしたし、学生が臨床研究をしているわけです。日本も負けていられない。

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。今後もIEPは世界に目を向けて活動していければと思います。
今回の投稿を通じてACP インド支部会議に興味を持たれた皆さんは、以下のサイトをご覧ください。写真がたくさんアップされています。

http://acpindiachapter2018.com

その中で高槻病院スタッフがハートを作っている写真があるので見つけてください。笑 みんなで作ったハートを患者に送ろう!というコンセプトです。それではまた!
(IEP 副委員長 筒泉)

インド滞在記 その3(9/1) 

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれ、滞在記その3を頂きました。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その3(9/1)
さて、いよいよ日本人組の発表の日です。まずは午前の部に筒泉が”Japanese medicine in super-aged society”という発表を20分、その後各国の重鎮達(なぜか筒泉が紛れ込んでいてかつAKBでいうところのセンター)と1時間のシンポジウム”Challenges & solution of medical practice”に参加しました。前者は超高齢社会日本における医学的問題点および取り組みについて話しました。ワクチンや医療体制などの問題点を各国においてどのように向き合っているかについて議論しました。緊張しましたが大変有意義な時間でした。午後は我らがボス、牧石先生による発表です。”Microalbumuniuria: Is an indication of RAAS blockaed in normal blood puressure?”のタイトルでこれまた20分の発表でした。いわゆる正常血圧、非糖尿病患者における微量アルブミン尿症例においてRAAS阻害剤の適応があるかどうか、と言う議論が必要なトピックについて日本腎臓内科専門医の立場から素晴らしい発表をしてくださいました。
二人とも発表後にインドならではの記念品を授与いただき、大変光栄でした。なかなかインドで発表をするという機会ってないですよね。笑 大変貴重な経験をさせていただきました。
発表後すぐに牧石先生は帰国の途につかれました。筒泉はもう1日残ります。せっかくのインドですので最終日も満喫しようと思います。(投稿:IEP副委員長 筒泉)

インド滞在記 その2(8/31)

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれ、滞在記その2を頂きました。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その2(8/31)
昨晩は夜遅くであったためよくわからなかですが、ホテルは非常に大きくてまるで宮殿のようでした。午前中は車で市内観光させていただきました。市内はホテルとは裏腹に市民の生活の困窮が伝わるものでした。停車時には子供がバクシーシ、と言ってお金をせがんできたり、訪ねたChota Imambaraという寺院では頼んでいないのにガイドをしてきて(しかも英語じゃない)、ガイド代を要求したりと日本ではなかなか味わえない体験でした。午後からは学会1日目でした。Hopital medicineがかなり発達してきていたことには驚かされました。学生のE-ポスターではほとんど臨床研究をしていたこと、もちろん発表が全て英語であったことも素晴らしいな、と思いました。夜は晩餐会があり、そこではインドの伝統服であるCHIKANをあらかじめ用意して着て行きました。会の途中で支部長から筒泉に日本の歌を歌ってくれという依頼(無茶振り?)があったためインドでも知られている「SUKIYAKI」を熱唱しておきました。大喝采です。
明日はいよいよ日本人組の発表です。緊張しています。    

インド滞在記 その1(8/30)

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれておられます。これから4回に渡って滞在記を頂けるとのことで、本日はその一回目を頂きました。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その1(8/30)
みなさんこんにちは、IEP (国際交流委員会)です!
この度,ACPインド支部長のDr. Muruganathanのご厚意でIEP委員長の牧石先生と筒泉がゲストスピーカーとしてインドにご招待いただきました。初日は飛行機による移動で会場のLucknowに到着した時は真夜中でしたが迎えにきてくださっており、インドのホスピタリティを初日から強く感じました。今日から限定4日分のインド滞在記を報告いたしますのでお付き合いくださいね。
(投稿:IEP 副委員長 筒泉)

Why not pursue a global career path?

Why not pursue a global career path?

The International Exchange Program Committee

On the first day of ACP Japan Chapter annual meeting 2018 in Kyoto, the International Exchange Program Committee (IEPC) held a panel discussion-style luncheon seminar entitled “Why not pursue a global career path?” Although it was a nice and sunny Saturday noon, ideal weather for outing with friends or families, the venue was packed and filled with the energies of the audience. Most of them were seemingly clinical residents or medical students, but some senior clinicians were also attended. After introducing themselves and their career path briefly, five speakers told their story on why they recommend a global career path.

Dr. Yamada

First speaker was Dr. Yamada, who is currently serving for his clinical residency in New York. He explains the difference in educational system for clinical residents between Japan and the United States. Dr. Yamada also mentioned how exciting it is to work with people with various backgrounds in the world’s most vibrant city, also known as a melting pot of races.

Dr. Ohara and Dr. Kinjo

The second speaker was Dr. Mamiko Ohara from Kameda Medical Hospital. As reflecting back the days she was struggling to survive as a researcher from Japan among many talented scientists at a top-ranked research institution in the United States, she introduced the “Planned happened theory” by John D. Krumbolts. According to the theory, there are five things to keep in mind to make your dream come true; those are curiosity, persistency, flexibility, optimism, and risk taking. Dr. Ohara closed her remarks by quoting the following phrase, “You can accomplish more than eighty percent of what you cannot achieve with your earnest effort.” Next speaker was Dr. Mitsuyo Kinjo from Okinawa chubu Hospital. As a mother of three children, she told her experience on pregnancy, childbirth, and raising children while working as a clinical fellow at a hospital in New York. In addition, she stated that earning a master degree of public health during her stay in New York was a significant event not just because it was awesome to study at an academic graduate school abroad with people from many countries, but because the network she created at the school has been affecting her career since then. Dr. Yuko Takeda, from Juntendo University, took over the talk. Dr. Takeda, who spent about a half of her career abroad, focused her story on adult learning. She emphasized that studying abroad is not a privilege limited to young people because adult people can learn effectively about problems they face and they have experience that would be precious resource for them. Dr. Takeda also suggested that studying abroad with a child/children would definitely add more value than staying alone, in that you can encounter unique experience in parenting in foreign countries. The last speaker was Dr. Tsutsumi from Takatsuki Hospital. He provided detailed information on how to succeed in matching clinical residency programs in the United States based on his experience as a mentor for four Japanese young physicians, all of them are currently working as a clinical resident or a fellow in the United States. “All too often, they rush to apply to the programs as soon as they are eligible to apply and ended up failing. They have no clear strategy to success. I’ve been seeing so many cases like that.” He ended his speech by stating that getting into the United States residency program is still possible, and that potential applicants need to have a well-crafted strategy as well as passion.

In the discussion, one attendee asked panelists about their way to improve English speaking ability. Some panelists introduced their tips, and they all agreed that there is no end to learning English and that we do not need to pay too much attention to speak “correct” English. There was also a discussion on the scope of “global career path”. Dr. Takeda indicated, “Some people from foreign countries who are now living in Japan are in desperate need of medical care. Providing medical care to them or doing what we can do for them is another way to pursue a global career path.

At the end of the session, Dr. Kiyoshi Kurokawa, the founding Governor of ACP Japan Chapter, gave us a message that it is vitally important for all of us to see and feel the world outside Japan whenever we can, in order to lead a fulfilling career path in this ever changing world.

We hope that this seminar has provided each participant some insight into a globally oriented career path and would help them pursue it.

Acknowledgement: We really appreciate Dr. Yuko Takeda for her participation as a panelist and also for her thoughtful talk. We are also grateful to Dr. Kiyoshi Kurokawa and Dr. Shotai Kobayashi, the former Governor, for their attendance and their fabulous comments.

 

 

 

 

グローバルキャリアのすヽめ

国際交流プログラム委員会 (IEPC)より、“グローバルキャリアのすヽめ−Why not pursue a global career path?”と題したパネルディスカッション形式のランチョンセミナーの報告を頂きましたので、PRC委員会からも広報いたします。(PRC 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グローバルキャリアのすヽめ

The International Exchange Program Committee

International Exchange Program Committee (IEPC)では、“グローバルキャリアのすヽめ−Why not pursue a global career path?”と題したパネルディスカッション形式のランチョンセミナーを開催しました。パネリストとしてご登壇頂いた5名の先生方には、お一人ずつ簡単な自己紹介とご自身のキャリアパスをご提示頂いた後、それぞれの視点で「なぜグローバルなキャリアを勧めるのか」について語って頂きました。

山田先生

現役米国レジデントの山田先生からは日米間での臨床研修システムの違いについて、また人種の多様なニューヨークで働くことにより得られる刺激や、医師以外のニューヨーク在住日本人との交流についても言及がありました。

小原先生、金城先生

小原先生からは、世界トップクラスの米国の研究室でもがき苦しみながらも最終的に周囲やボスの信頼を得るに至った経過を振り返りながら、偶然が支配するように見える人生のキャリアパスにおいても、実は好奇心や粘り強さ、柔軟性、楽観性、リスクテイクといったことがとても大切だということ(「計画された偶然理論」というのだそうです)などをお話頂きました。金城先生からは、米国でフェローとしてご活躍中の間のご出産や子育てのご経験や、米国でMPHを取得された際に築かれたメンターや周囲との人的繋がりがその後のご自身の活動にも大きな影響を与え続けていることなどを語って頂きました。武田先生からは、成人の学びはそれぞれが抱える課題や問題に基づいて導かれること、過去の経験は学習のための貴重な資源であるとの指摘した上で、卒後年数がある程度たってからの留学も学ぶ意義が大きいことをご自身の経験を振り返りながらお話頂きました。また、子ども連れの留学ならでは経験できる貴重な体験についても興味深いエピソードを交えながらお話を頂きました。筒泉先生からは、米国へ臨床留学するために必要なことを具体的に提示頂きました。USMLEの高スコアや説得力のあるPersonal Statementといったハード面のみならず、絶対にやり通す強い意志、また臨床留学に通じた外部のサポートなども必要であることなどを語って頂きました。また、米国臨床留学は厳しいが不可能ではないこと、成功するためには情熱と冷静な戦略を併せ持つことが必要とのメッセージも頂きました。

質疑応答では英語の学習法、特にスピーキングの上達法に話題が及びました。英語学習には終わりがないということがパネリストの先生方の多数の意見でしたが、一方で必ずしも“正しい英語”を話すことを意識し過ぎる必要はないとのコメントも頂きました。また、パネリストのお一人から、医療を必要としているのに受けられない外国人の方々が日本には少なくないこと、そのような方に手を差し伸べることも “グローバルな活動”だとのご意見を頂きました。

質疑応答の最後には、黒川清初代ACP日本支部長から、たとえ短期間であっても若い間に海外を自分の目で見てくることの大切さについて強いメッセージを頂きました。1時間のランチョンセッションでしたが、参加者の皆さんがグローバルキャリアの道へ一歩足を踏み出すきっかけなれたとしたら、本セッションを企画したIEPCとして非常に嬉しく思います。

謝辞:武田裕子先生にはIEPCメンバーではないにも関わらずパネリストの一人としてご参加頂き、そして素晴らしいお話を頂き有難うございました。また初代支部長の黒川清先生、前支部長の小林祥泰先生には本セミナーに足をお運び頂きまた貴重なメッセージを頂き感謝申し上げます。

Translate »