Annals of Internal Medicine

2018年7月17日発行のAnnals of Internal Medicine誌に、ACP日本支部から投稿した記事が掲載されました。インパクトファクターの高いジャーナルですので、なかなか得難い名誉なことです。今回は元記事をFacebookに紹介してくださいましたPRCの委員の先生の他に、コメントを寄せてくださいました萩野昇先生にもAuthorとしてご参加いただきました。一方でLetterのAuthorは人数が限られていますので、公開後に議論にご参加いただいた先生のみで議論内容を確認して投稿いたしました。

(PRC 委員長 大島康雄)

Security update of WordPress

WordPress 4.9.7へアップデートしました

このサーバーはWordpressと言うソフトウェアで運用しています。今回サーバーのホストであります大学病院医療情報ネットワーク研究(UMIN)センターより、セキュリティアップデートを依頼するお知らせが参りましたので、対応いたしました。

まずは、アップデート前にデータのバックアップを行い、バックアップファイルをGoogleのクラウドディスクにコピーしました。(UMINのサーバーにも直近10回分ほどのバックアップデータは残しています。)

データをコピーしながら、プラグインの対応状況を見ましたら一つのプラグインが新しいWordpressへの対応を表明していません。常時稼働していて、ホームページ全体に影響のあるようなプラグインなので心配です。不具合が出ると困るのですが、今回はセキュリティアップデートと言う事ですので、そこは問題が起きても対応していただけるだろうと見切って、アップデートを実行しました。

今回のWordPress 4.9.6で明らかにされた脆弱性は、投稿権限者が本来編集できない筈の初期設定ファイルを削除したり、任意のコードを実行したりできるという事のようです。投稿権限者としてログインできるユーザーのみが攻撃者になりうる、という事です。現在それ以上の権限を有しているのはPRCの一部のメンバーのみです。この問題が解ってから手当てするまで、半年間ほど放置されていたようですが、権限を付与されたユーザーが適切にパスワード等を管理している限りは攻撃にさらされる危険はなかっただろうと思われます。

(PRC委員長 大島)

 

acp-exchange 514 事務局交代のご挨拶とご連絡

事務局変更のお知らせです。
​(PRC 原 眞純​)

ACP日本支部会員各位

平素より大変お世話になっております。
このたび、ACP日本支部の事務局を7月1日より、ReasonWhy様より
引き継がせていただくことになりました、有限会社ビジョンブリッジの田野と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

事務局の担当は以下の通りでございます。

窓口:槇本香月(Kazuki Makimoto)
補佐:津村プリヤ(Priya Tsumura)
統括:田野紀子(Noriko Tano)

連絡先については、以下の通りでございます。

電話番号:03-5946-8576
E-mail:office
※メールアドレスにつきましては、変更はございません。

以上、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

田野紀子(Noriko Tano)

***********************************************************
ACP Japan Chapter

Shin-Kagurazaka Building 2F, 43 Tansumachi, Shinjuku-ku
Tokyo 162-0833, Japan
Phone: +81 3 5946-8576 Fax: +81 3 5229-6889

一般社団法人米国内科学会日本支部事務局
〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階
有限会社ビジョンブリッジ内

E-mail:office
http://www.acpjapan.org
***********************************************************

Doctor’s Dilemma in ACP Japan Chapter Annual Meeting 2018 (2)

 

Dr. Uchiyama and I joined Doctor’s dilemma on behalf of our hospital. Doctor’s dilemma is one of the most popular part of Japan chapter, which is held every year in Kyoto. Luckily, We could win the championship. This article will be a simple report of my experience. It would be my pleasure if you get a rough image of what ACP Dr’s dilemma is and get interested in it.
Doctor’s dilemma is so called medical knowledge competition. Residents from many hospitals join it in pairs. More and more teams are taking part in it every year. The winner will be given the chance to participate in Doctor’s dilemma held in USA.
Doctor’s dilemma is divided into two parts, Preliminary and Final. In the Preliminary, we used smartphones to answer the questions. The questions were not so difficult, which made us a little bit nervous as losing even one question would be deadly. Ten team passed the Preliminary, which included us.
The Final started after short break. We answered 25 question from 5 areas, GIM, ID, Collagen, Nephro and Hemo. The questions were very practical and connected directly to what we do every day. We finished 25 questions at the second place.
The final question was to diagnose the case. I felt a little bit awkward because I have never seen the disease. However, the case was so typical that we were able to give the right answer. The final question was special because we could bet points as we wanted. We bet all the points and got our score double. We succeeded in making comeback to win.
It was a good match. Many factors contributed to our win. One of the reasons I would like to emphasize is that we belong to Tokyo bay medical center. We bought MKSAP with help and we use it as a self assessment literally. Attending stuffs are also very educative and nice. They Kindly cheered for us on the day. I strongly recommend you come to our hospital.
Finally, I would like to thank everyone who helped holding the ACP Japan chapter. I expect Dr’s dilemma to be even more competitive next year.
Keisuke Takano
Tokyo Bay Urayasu Ichikawa Medical Center

Drʼs Dilemma に参加して(2)

先のACP日本支部総会におけるDoctor’s Dilemmaで見事優勝した東京ベイ・浦安市川医療センターチームの高野敬佑先生からの寄稿(日本語ver)です。是非、ご覧ください。(PRC 小尾佳嗣)

 この度、京都大学で開催されたACP日本支部のDr’ Dilemmaに参加させて頂きました。パ-トナーにも恵まれ優勝する事ができ、2019年にフィラデルフィアで開催される本選に日本支部代表として参加することになりました。簡単ではありますが、当日の報告をさせて頂きたく思います。
 私はACPの会員ではありましたが毎年京都で行われている日本支部には参加したことはなく、もちろんDr’ Dilemmaという企画の存在も知りませんでした。しかし今回参加してみて、非常に教育的なセッションが多く、充実した2日間を過ごす事ができたと感じています。京都へのアクセスが大変という方もいるとは思いますが、その労力をはるかに上回るものを得られるので、ぜひ1度は参加してみることをお勧めします。
 Dr’ Dilemmaは2日目に行われました。合計20チーム以上が参加していました。予選と決勝の2部構成で、予選ではスマートフォンを使って回答する方式でした。問題の内容はCBT~国家試験レベルで一見簡単ですが、その分1問のミスも許されないレベルの高い争いとなることが予想されたためかえって緊張しました。結果は4問間違いの4位で通過することができました。
 10分ほどの休憩を経て決勝が始まりました。総合内科、感染症、膠原病、腎臓内科、血液内科の5分野から10、20、30、40、50点の5問が出題される形式でした。10~30点は早押しの問題でしたが問題はそれほど難しくなく、各チームが一斉に押している状況でした。我々も必死になってボタンを押しましたがなかなか回答権が得られず、気づいたらトップのチームとは100点ほど差がついていて非常に焦りました。
 40、50点問題は各チームが一斉に回答する方式でした。問題の難易度はやや上がりますが、確実に回答権が与えられ、何よりパートナーと議論してから回答する事ができました。ほぼ全問に正解し、気づいたら2位の状態で最終問題に臨む事ができました。
 最終問題は診断当てでした。自分が診たことがない疾患を鑑別として書くのには抵抗がありましたが、典型的な症例であり自信を持って回答する事ができました。最終問題は持ち点のうち好きなだけかける方式だったのですが、持ち点を全てかけ、結果的に逆転する事ができました。
 振り返ってみると点数は拮抗しており、厳しい戦いでした。運によるところも大きかったと思いますが、我々が優勝する事ができた要因の1つに、当院の総合内科では全員がMKSAPを購入して自己学習教材としている点があると思います。当日は多くのスタッフが応援してくださり本当に良い研修環境だと思っています。もし当院での研修に興味を持たれた方がいらっしゃいましたらご一報いただけると幸いです。
 末筆ではありますが、このような貴重な体験を与えて頂いたACP日本支部の先生方、開催にご尽力されている方々に心から感謝を申し上げたいと思います。多くの方に興味をもって頂き、年々レべルが高くなっていくことを切に願います。
東京ベイ・浦安市川医療センター
高野 敬佑

Doctor’s Dilemma in ACP Japan Chapter Annual Meeting 2018

 

I am honored to report that Dr. Takano and I won first prize in the American College of Physicians (ACP) Doctor’s Dilemma competition in Japan.

At first, my goal in joining the competition was simply to assess my skills as an internist. Since distinguished young doctors from all over Japan would be in the contest, I wanted to compare my abilities to theirs. However, with the support of my partner, Dr. Takano, I ended up winning the championship.

Several factors contributed to our victory. First, we prepared for the competition by working up many MKSAP questions to enhance our medical knowledge. Second, our teamwork might have been superior to that of other teams because Dr. Takano and I have been colleagues since we were junior residents. Above all, I believe that our success resulted from our day-to-day sincere attitude and strong passion for helping every patient we see in our hospital. Our success was cultivated in the excellent environment that the attending doctors in our hospital promote. The victory led me to conclude that our hospital is the ideal place to practice medicine and improve my skills as a physician.

I am quite excited about the chance to participate in the ACP Doctor’s Dilemma Final that will be held in Philadelphia in 2019. Since Japanese teams typically struggle in the tournament, our biggest goal is to win the first game. I have no doubt that we can do it. I look forward to it and will continue to brush up on my medical knowledge until then.

Finally, I would like to express my heartfelt gratitude to the attending doctors who gave us the chance to join the competition, the friends who congratulated us, and my family who support me unconditionally.

 

Shuhei Uchiyama

Tokyo Bay Urayasu Ichikawa Medical Center

Drʼs Dilemma に参加して

先のACP日本支部総会におけるDoctor’s Dilemmaで見事優勝した東京ベイ・浦安市川医療センターチームの内山秀平先生からの寄稿(日本語ver)です。是非、ご一読ください。(PRC 小尾佳嗣)

この度、京都にて開催されました米国内科学会(ACP)日本支部総会におきまして、Dr.’s dilemmaで優勝をおさめ、2019年に行われるPhiladelphiaでの本選に出場する機会を頂くことができました。日本全国の名だたる病院の若手医師が集まる中、優勝という最高の形で終えられたことは私にとって大きな驚きであり、また同時に喜びになりました。これからPhiladelphiaにおける本選に向けてさらに知識を高め、本番ではできる限りの力を尽くし、悔いのないように取り組みたいと考えております。

出場者にとってのこのイベントの最大の魅力は、日常のトレーニングの成果を試す機会が得られることであると感じています。日々の診療は一つの施設内で行われるため、自身の医療知識やスキルを相対的に評価する場面はなかなかありません。今回のDr.’s dilemmaは、非常に限られた領域ではありますが内科医師としての力を他施設の若手医師の皆様と比較する非常に良いチャンスとなりました。この文を読んでいる初期研修医・後期専修医の皆様、自身の力試しと考えて、ぜひ奮って来年以降の本イベントへの参加をご検討ください。

今回優勝することができた理由は、第一に、当院ではMKSAPによる自己学習を推奨しているため、それに取り組み日々の医学知識の研鑽を重ねたことが考えられます。第二に、チームワークが良かった点もあるかもしれません。高野先生と私は後期専修医としての同期ですが、それ以前に初期研修医として同じ施設で勤務していました。気心がよく知れていたのでお互い遠慮せずに回答できるため、クイズでは相互に知識を補完しあいながら協力し、その結果、後半はほとんど全問正解することができました。しかし何より、私たちの最大の力の源は当院の指導医の先生方が作り出す日々の素晴らしい教育環境と、全国各地から集まった切磋琢磨できる素晴らしい同期の皆であると感じています。優勝はもちろん嬉しいことではありますが、当院での日々の努力が正しい方向に働き、医師としての力が育っていると実感できたことが何よりも嬉しく感じられました。

私たち二人だけの力では、優勝には到底たどり着かなかったでしょう。今回の優勝は東京ベイ・浦安市川医療センターの総合内科全員で勝ち取ったものであると考えています。この機会に、日々お世話になっている皆様にあらためて感謝を申し上げます。

そして、このような貴重な機会をいただくことができましたACP 日本支部の諸先生方に感謝を申し上げ、優勝報告といたします。

 

東京ベイ・浦安市川医療センター

内山秀平

Greetings from Dr. Ende (Immediate Past-President of ACP)

Impressions of Japan ACP Chapter Meeting 2018

Jack Ende, MD, MACP, Immediate Past-President, ACP

 

I was honored early in June to present a plenary talk on Professionalism and the College Update for the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2018.  The meeting was a great success.  The topics presented ranged broadly across the practice of internal medicine, medical education, professional development, and, even, physical diagnosis.  What left the greatest impression on me, however, was the theme of the meeting:  “Mind and Arts as Essentials for Internists:  Beyond Evidence and Technology.”

As Meeting Chair, Yugo Shibagaki, MD, FACP, so eloquently wrote in the program guide, “Patients’ needs are not only for medical treatment or cure, they’re also for relief and comfort, sincere attitude and sympathy, and for compassion of doctors and medical staff to listen to their mental as well as physical suffering.”  Dr. Shibagaki continued, “Medical schools tend to teach only skills and knowledge, but not professional or affective attitude or mindfulness.”

What is mindfulness and how does mindfulness relate to practicing internal medicine?

Mindfulness can be defined as the psychological process of bringing one’s attention to experiences occurring in the present moment.  It is a heightened sense of awareness of what is really happening.  In our field, internal medicine, mindfulness is appreciating that a patient is sad or angry or confused – and doing something about these emotions, even if it is merely providing an empathetic comment.  It is appreciating that a patient’s clinical situation is determined by their environment, their relationships, and their lived experiences – and then factoring those social determinants into the treatment plan.  It is also the doctor recognizing within him or herself that, at least at that moment, the stress may be too intense, or the workload too great – and then taking steps to improve those unfavorable conditions.

I also appreciated the message of the program was intended to move us forward, not backward.  This was clear from the subtitle:  “Beyond Evidence and Technology,” calling attention to the word “beyond.”  Mindfulness does not take us back, it moves us forward to a different level – I would say a higher level – of clinical expertise as internists.

The 2018 ACP Japan Chapter meeting was enormously successful, which is not at all surprising given the outstanding commitment and energy of the Chapter’s leadership, members and staff.  The program demonstrated just how enriching medical practice can be, particularly when that practice goes beyond evidence and technology.  I am grateful to have been part of the meeting.

Why not pursue a global career path?

Why not pursue a global career path?

The International Exchange Program Committee

On the first day of ACP Japan Chapter annual meeting 2018 in Kyoto, the International Exchange Program Committee (IEPC) held a panel discussion-style luncheon seminar entitled “Why not pursue a global career path?” Although it was a nice and sunny Saturday noon, ideal weather for outing with friends or families, the venue was packed and filled with the energies of the audience. Most of them were seemingly clinical residents or medical students, but some senior clinicians were also attended. After introducing themselves and their career path briefly, five speakers told their story on why they recommend a global career path.

Dr. Yamada

First speaker was Dr. Yamada, who is currently serving for his clinical residency in New York. He explains the difference in educational system for clinical residents between Japan and the United States. Dr. Yamada also mentioned how exciting it is to work with people with various backgrounds in the world’s most vibrant city, also known as a melting pot of races.

Dr. Ohara and Dr. Kinjo

The second speaker was Dr. Mamiko Ohara from Kameda Medical Hospital. As reflecting back the days she was struggling to survive as a researcher from Japan among many talented scientists at a top-ranked research institution in the United States, she introduced the “Planned happened theory” by John D. Krumbolts. According to the theory, there are five things to keep in mind to make your dream come true; those are curiosity, persistency, flexibility, optimism, and risk taking. Dr. Ohara closed her remarks by quoting the following phrase, “You can accomplish more than eighty percent of what you cannot achieve with your earnest effort.” Next speaker was Dr. Mitsuyo Kinjo from Okinawa chubu Hospital. As a mother of three children, she told her experience on pregnancy, childbirth, and raising children while working as a clinical fellow at a hospital in New York. In addition, she stated that earning a master degree of public health during her stay in New York was a significant event not just because it was awesome to study at an academic graduate school abroad with people from many countries, but because the network she created at the school has been affecting her career since then. Dr. Yuko Takeda, from Juntendo University, took over the talk. Dr. Takeda, who spent about a half of her career abroad, focused her story on adult learning. She emphasized that studying abroad is not a privilege limited to young people because adult people can learn effectively about problems they face and they have experience that would be precious resource for them. Dr. Takeda also suggested that studying abroad with a child/children would definitely add more value than staying alone, in that you can encounter unique experience in parenting in foreign countries. The last speaker was Dr. Tsutsumi from Takatsuki Hospital. He provided detailed information on how to succeed in matching clinical residency programs in the United States based on his experience as a mentor for four Japanese young physicians, all of them are currently working as a clinical resident or a fellow in the United States. “All too often, they rush to apply to the programs as soon as they are eligible to apply and ended up failing. They have no clear strategy to success. I’ve been seeing so many cases like that.” He ended his speech by stating that getting into the United States residency program is still possible, and that potential applicants need to have a well-crafted strategy as well as passion.

In the discussion, one attendee asked panelists about their way to improve English speaking ability. Some panelists introduced their tips, and they all agreed that there is no end to learning English and that we do not need to pay too much attention to speak “correct” English. There was also a discussion on the scope of “global career path”. Dr. Takeda indicated, “Some people from foreign countries who are now living in Japan are in desperate need of medical care. Providing medical care to them or doing what we can do for them is another way to pursue a global career path.

At the end of the session, Dr. Kiyoshi Kurokawa, the founding Governor of ACP Japan Chapter, gave us a message that it is vitally important for all of us to see and feel the world outside Japan whenever we can, in order to lead a fulfilling career path in this ever changing world.

We hope that this seminar has provided each participant some insight into a globally oriented career path and would help them pursue it.

Acknowledgement: We really appreciate Dr. Yuko Takeda for her participation as a panelist and also for her thoughtful talk. We are also grateful to Dr. Kiyoshi Kurokawa and Dr. Shotai Kobayashi, the former Governor, for their attendance and their fabulous comments.

 

 

 

 

グローバルキャリアのすヽめ

国際交流プログラム委員会 (IEPC)より、“グローバルキャリアのすヽめ−Why not pursue a global career path?”と題したパネルディスカッション形式のランチョンセミナーの報告を頂きましたので、PRC委員会からも広報いたします。(PRC 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グローバルキャリアのすヽめ

The International Exchange Program Committee

International Exchange Program Committee (IEPC)では、“グローバルキャリアのすヽめ−Why not pursue a global career path?”と題したパネルディスカッション形式のランチョンセミナーを開催しました。パネリストとしてご登壇頂いた5名の先生方には、お一人ずつ簡単な自己紹介とご自身のキャリアパスをご提示頂いた後、それぞれの視点で「なぜグローバルなキャリアを勧めるのか」について語って頂きました。

山田先生

現役米国レジデントの山田先生からは日米間での臨床研修システムの違いについて、また人種の多様なニューヨークで働くことにより得られる刺激や、医師以外のニューヨーク在住日本人との交流についても言及がありました。

小原先生、金城先生

小原先生からは、世界トップクラスの米国の研究室でもがき苦しみながらも最終的に周囲やボスの信頼を得るに至った経過を振り返りながら、偶然が支配するように見える人生のキャリアパスにおいても、実は好奇心や粘り強さ、柔軟性、楽観性、リスクテイクといったことがとても大切だということ(「計画された偶然理論」というのだそうです)などをお話頂きました。金城先生からは、米国でフェローとしてご活躍中の間のご出産や子育てのご経験や、米国でMPHを取得された際に築かれたメンターや周囲との人的繋がりがその後のご自身の活動にも大きな影響を与え続けていることなどを語って頂きました。武田先生からは、成人の学びはそれぞれが抱える課題や問題に基づいて導かれること、過去の経験は学習のための貴重な資源であるとの指摘した上で、卒後年数がある程度たってからの留学も学ぶ意義が大きいことをご自身の経験を振り返りながらお話頂きました。また、子ども連れの留学ならでは経験できる貴重な体験についても興味深いエピソードを交えながらお話を頂きました。筒泉先生からは、米国へ臨床留学するために必要なことを具体的に提示頂きました。USMLEの高スコアや説得力のあるPersonal Statementといったハード面のみならず、絶対にやり通す強い意志、また臨床留学に通じた外部のサポートなども必要であることなどを語って頂きました。また、米国臨床留学は厳しいが不可能ではないこと、成功するためには情熱と冷静な戦略を併せ持つことが必要とのメッセージも頂きました。

質疑応答では英語の学習法、特にスピーキングの上達法に話題が及びました。英語学習には終わりがないということがパネリストの先生方の多数の意見でしたが、一方で必ずしも“正しい英語”を話すことを意識し過ぎる必要はないとのコメントも頂きました。また、パネリストのお一人から、医療を必要としているのに受けられない外国人の方々が日本には少なくないこと、そのような方に手を差し伸べることも “グローバルな活動”だとのご意見を頂きました。

質疑応答の最後には、黒川清初代ACP日本支部長から、たとえ短期間であっても若い間に海外を自分の目で見てくることの大切さについて強いメッセージを頂きました。1時間のランチョンセッションでしたが、参加者の皆さんがグローバルキャリアの道へ一歩足を踏み出すきっかけなれたとしたら、本セッションを企画したIEPCとして非常に嬉しく思います。

謝辞:武田裕子先生にはIEPCメンバーではないにも関わらずパネリストの一人としてご参加頂き、そして素晴らしいお話を頂き有難うございました。また初代支部長の黒川清先生、前支部長の小林祥泰先生には本セミナーに足をお運び頂きまた貴重なメッセージを頂き感謝申し上げます。