Winner of Dr’s Dilemma

Shogo Shirota

Tochigi Medical Center

I am honored to report that Dr. Kawaguchi and I won the first prize in the American College of Physicians (ACP) Doctor’s Dilemma competition 2019.

I have participated in ACP Japan Chapter(JC) since I was a medical student. Each year, I took a lot of interesting and interactive workshops, and got to know many outstanding medical students and doctors. Doctor’s Dilemma is one of the most interesting program, but I could not take part in it, because I was not able to get a partner.

There were the largest number, 35, of participating teams from various hospitals this year. In the Preliminary, we used smartphones to answer multiple choice questions. The questions are not so difficult, which made us nervous because losing even one question would be critical. We got 6th place and cleared the Preliminary.

The Final started after two-hour break. There were buzzer quiz at first, then more difficult, multiple choice questions from every areas of internal medicine. It was difficult to get point at first, because other team pressed the buzzer while we are discussing whether our answer was absolutely correct. Once we were able to select the multiple choice questions that every team had the right to answer but lost points with each incorrect answer, we could get almost all of the answers right. They were questions that were directly connected to what we do every day, and some of them we knew from MKSAP. That’s how we won the championship.

There are several reasons why we won this year. In addition to working up many MKSAP questions by ourselves, we see a variety of patients every day as a GIM physician. Moreover, we have various kinds of study sessions in our hospital which vary from day to day. These include clinical reasoning conference, learning how to make clinical question and search for it, introducing several papers in a short time, and so on. They made us deepen our medical knowledge very efficiently.

Finally, I would like to express my heartfelt gratitude to the attending doctors who mentored us, the colleagues and friends who congratulated us, and every staff who helped holding the ACP Japan chapter.

ACP日本支部総会2019 Dr’s Dilemma優勝者のことば

この度、京都大学で開催されたACP JC年次総会2019のDr’s Dilemmaにおいて、優勝させていただきましたのでご報告致します。

私は学生の頃からACP JCに参加しており、毎年様々なレクチャーやワークショップに参加して新しいことを学んだり、同じように頑張っている仲間に出会い刺激を受けていました。Dr’s Dilemmaはいつも楽しみにしていた企画ではありましたが、なかなか相方がいなかったので、今回が初参加でした。

本年度は35チームと過去最多の参加数であり、予選から熾烈な戦いが予想されました。予選はスマートフォンを利用して出題される多肢選択問題であり、正答数だけでなく回答にかかった秒数も加味されるため、緊張感のある中解いていきました。問題はそれほど難しくなく、数問の差で大きく順位が変わってしまうことが予測されました。問題文の読み間違えなどもあり、21問中18問正解で6位通過でしたが、なんとか予選を乗り切りました。

2時間ほど休んで決勝です。決勝は早押し問題の低得点問題と、高得点で全員回答の問題の2種類でした。間違えるとその分点数が引かれてしまうため、回答は慎重にならざるを得ませんが、考えすぎると他チームが回答してしまうため、その駆け引きが難しかったです。しばらくして高得点問題が解除されると、MKSAPや日々の診療で学んだことが多く出題されており、運良く8割程度は正解したためく、他チームに大きく差をつけることができ、優勝できました。

今回優勝することができたのは、MKSAPを自分で毎日数問ずつ解いていたことに加え、日々の研修で多種多様の疾患の患者を診ているからであったと思います。当院の後期研修では専門科があまりいない中規模病院の総合内科として横断的に幅広い疾患を扱っています。また論文を何本も紹介する抄読会や臨床疑問の立て方勉強会、症例報告検討会など毎日違う種類の勉強会をすることで広く深い知識を得ることができています。

日々我々を教育してくださった指導医の方々に改めて感謝申し上げます。また、このような貴重な機会をいただくことができましたACP 日本支部の諸先生方に感謝を申し上げ、優勝報告といたします。

栃木医療センター

城田祥吾

Winner of Kurokawa Prize in Students section

Comments on receiving the Kurokawa Prize (Medical Student branch) at the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2019

 

Medical Student, Juntendo University School of Medicine

Saki Fukumoto

I am very honored to be awarded the Kurokawa Prize at the American College of Physicians (ACP) Japan Chapter Annual Meeting 2019 in Kyoto.

 

At the meeting, I made a presentation entitled “Unaware of glaucoma and traffic accidents: a proposal to detect visual field defects by CLOCK CHART”. I presented this issue, because I believe that it is clinically and socially significant for us to screen for glaucoma using CLOCK CHART, considering that this pathological condition is related to traffic accidents.

 

One of main research themes at the Department of Public Health, Juntendo University, is “health-related traffic accidents”, which include the effects of obstructive sleep apnea, hay fever and glaucoma. Among these, the prevalence of glaucoma is around 5% for those aged 40 years and over in Japan, whereas 90 percent of those affected are not aware of their disorder and remain untreated. Numerous previous studies reported the association between glaucoma and traffic accidents. Thus, there will be many latent patients with glaucoma who need appropriate diagnosis and treatment.

 

To address this, I collected 5 cases with glaucoma and examined their visual fields using both a Humphrey Field Analyzer and CLOCK CHART, the latter of which is a handy visual field screening tool. I found that the agreement rate between the Humphrey Field Analyzer and CLOCK CHART was substantially high. Therefore, it is concluded that screening visual fields using CLOCK CHART by general physicians would enhance the detection of glaucoma, leading to its early diagnosis and treatment, and reducing “health-related traffic accidents”.

 

I am also on a team investigating over 2000 commercial drivers. While still in progress, we are now analyzing the inter-relationships between traffic accidents and visual field defects detected by CLOCK CHART.

Finally, I would like to express my gratitude to Professor Tanigawa, Dr. Wada and all other teachers for their kind advice.

ACP日本支部総会2019 黒川賞(学生部門) 受賞者のことば

ACP日本支部年次総会・講演会2019 黒川賞(医学生部門)受賞のご報告

 

順天堂大学医学部6年生

 

福本咲季

ACP(米国内科学会)日本支部年次総会・講演会2019において黒川賞をいただき、大変光栄に存じます。

この度、私は交通事故の一因である緑内障に対するクロックチャートを用いたスクリーニングの有用性について、「Unaware of glaucoma and traffic accidents: a proposal to detect visual field defects by CLOCK CHART」という演題名で発表を行いました。

私が所属する順天堂大学の公衆衛生学講座では、以前よりいわゆる健康起因事故に注目して研究しており、その原因疾患の例として睡眠時無呼吸症候群、花粉症、緑内障などが挙げられます。この中で緑内障は40歳以上の日本人の20人に1人が患っており、その9割が未治療・無自覚であると考えられています。多数の論文で緑内障と交通事故の関連が報告されており、多くの人が緑内障の適切な診断や治療を必要としています。

そこで、緑内障の視野欠損を簡単にスクリーニングできるクロックチャートを緑内障患者5名に用い、症例発表をさせていただきました。一般的に用いられているハンフリー視野検査の結果と高い一致率が認められ、全ての医師がクロックチャートで患者様の視野のスクリーニングを行うことで、緑内障の早期診断・早期治療、そして交通事故の防止を期待できると考えられました。

更に現在、タクシー・トラック運転手約2000名を対象としたクロックチャートによる検査結果、交通事故経験のデータを解析中です。

最後になりましたが、常日頃から熱心にご指導いただいた谷川教授、和田先生をはじめ本発表に際し大変お世話になりました皆様に心より御礼申し上げます。

Dr. Yuichiro Matsuo, Winner of Kurokawa Prize in Early Career Physicians section

Yuichiro Matsuo

Tokyo Bay Urayasu Ichikawa Medical Center, Department of Internal Medicine

 

I am grateful that I could receive the Kurokawa Prize in the Annual Meeting of ACP Japan 2019. The basic idea of our study “Japanese people tend to overestimate their future cardiovascular risk” originated from the question, “aren’t people unnecessary worried about developing cardiovascular disease (CVD)?” In Japan, the risk of developing CVD in a patient with a slightly elevated LDL cholesterol is relatively low, in most cases, only a few percent in 10 years. Our impression was that people seem to be much more worried about developing CVD.

 

In our study, we could show that patients undergoing routine health check-up in our center significantly overestimated their risk of developing cardiovascular disease. Patients estimated their 10-year CVD risk as around 30%, compared with the calculated risk of 3%. From this result, we can make a hypothesis that CVD risk management in Japan may be conducted based on this misunderstanding.

 

We are planning for further research on this field. Will this misunderstanding affect the patient’s health seeking behavior, satisfaction, outcome, and will there be a positive effect of correcting this misunderstanding?

 

I would like to thank my boss, Dr. Eiji Hiraoka for supporting the whole work, and I would also like to thank all the people who were responsible for preparing this meeting.

ACP日本支部総会2019 黒川賞(若手医師部門)受賞者のことば 松尾裕一郎

ACP日本支部 2019年次総会 黒川賞(若手医師部門)受賞によせて

 

東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科 松尾裕一郎

 

 

この度は、栄誉ある黒川賞をいただき、大変光栄に思います。今回の私達の研究「健康診断を受診する患者は、自身の心血管病リスクを過大評価する」は、私達が普段の外来診療で感じていた疑問、違和感を検証したものです。健康診断では、一般にLDLコレステロールが120mg/dLを超えると「軽度の異常」という判定になります。では実際に、それらの患者がその後10年でどのくらいの確率で心血管病を発症するかというと、問題が軽度の高LDL血症だけであれば数%以下程度です。しかしながら、患者自身はリスクがもっと高いと考えており、心血管病発症を必要以上に心配しているのではないか?というのが私達の疑問です。結果は私達の予想通り、Suita Scoreにより計算される患者の心血管病リスクは3%程度であるのに対し、患者自身が予測するリスクは30%程度である、というものでした。このことから、日本における脂質異常症などの生活習慣病診療が、患者の誤解のもとに行われている可能性、自身のリスクについて医療者と話をする機会の無い患者が、不必要な不安を抱えている可能性などを、間接的に示すことができたと考えています。

 

今後、このリスクのずれが患者の受療行動、意思決定、満足度、予後などの重要な指標とどのように関連するか、より臨床場面に直結する疑問に答えていけるよう、検証を進めていきたいと考えています。

 

改めましてこの場をお借りし、今回の研究の立案、計画、発表に至るまで多大なるご指導をいただいた当科部長の平岡栄治先生に御礼を申し上げ、私に発表の機会を与えていただいた米国内科学会日本支部総会の関係者の皆様に感謝の意を表したいと思います。

Dr. Mai Okamoto, Winner of Kurokawa Prize in Resident/Fellow section

I am very honored to receive the Kurokawa Prize at the ACP Japan 2019. I greatly appreciate the support of attending doctors.

 

History of research

I have been interested in the appropriate antibiotics in my medical student days, but It was different from what I imagine in clinical settings. One of the reasons was that it needs several days to identify bacteria from specimens. Although the antimicrobial agent is determined on the assumption of the microbes, it does not always proceed as expected. In some cases, empirical treatment has failed to cover, on the other hand, I tended to use inappropriate broad-spectrum antibiotics.

 

The turning point of research

In July 2018, when I was the second year of residency, “FilmArray multiplex PCR” was introduced in our hospital. This machine can identify bacteria in the blood more rapidly than the conventional method. When the blood culture becomes positive, the FilmArray can detect in about one hour. This system has already been introduced abroad, and some studies have shown efficacy for antimicrobial stewardship. There are few experiences in our country and the microbiology laboratory setting is different from that high volume centers in prior reports. So, I decided to examine the change in the usage of antimicrobial agents before and after introducing FilmArray system.

 

Future expectations

This study showed that the time to start anti-MRSA drug for MRSA was shortened, and furthermore, 28-days overall survival was improved in the Gram-positive cocci baceteremia group by using FilmArray. The improvement of the survival rate is different from the prior studies, and it is considered that further study is necessary. However, our study suggested that the use of FilmArray may help the appropriate use of antibacterial agents. We hope further research will progress and would like to contribute to ASPs.

 

2019年ACP日本支部総会 黒川賞(研修医部門) 受賞者のことば

ACP日本支部2019年次総会 黒川賞(研修医部門)を受賞して

岩国市立美和病院 内科 岡本麻衣

この度はACP日本支部2019年次総会において黒川賞を受賞することができ、大変光栄に存じます。全面的にサポートしてくださった方々に、この場を借りて心から感謝申し上げます。

 

研究の経緯

私は医学生時代から適切な抗菌薬使用について興味を持っていましたが、初期臨床研修医として臨床の現場に出てみると、理想通りにはいかない難しい場面にも遭遇しました。その理由の1つが、検体から起因菌を識別するのに数日かかることでした。起因菌を想定して抗菌薬を決定しても必ずしも想定どおりにいくとは限りません。経験的治療でも起因菌をカバーできていないこともあれば、必要以上に不適切な広域抗菌薬を使用してしまうこともしばしばありました。

 

研究の転機

研修医2年目の2018年7月、「FilmArray」という機械が当院で導入されることとなりました。これは従来の血液培養に比べ、迅速に起因菌を判別することのできる機械であり、FilmArrayを使用することで血液培養が陽性になった時点から約1時間で菌を同定することができます。。海外ではすでにこのFilmArrayが導入され、いくつかの研究では抗菌薬使用に対する有用性が示されていました。一方日本では使用経験がほとんどなく、また微生物検査の背景も海外と相違点があるため、これまでの異なる結果が出る可能性が考えられました。そこで今回、FilmArray使用による当院の抗菌薬使用の変化について研究しようと考えました。

 

今後の期待

今回の研究では、FilmArrayを用いることでMRSAに対する抗MRSA薬開始までの時間の短縮、さらにグラム陽性球菌菌血症群での28日生存期間改善を認めました。生存率改善については先行研究と異なる結果でありさらなる検討が必要と考えますが、今回の研究でFilmArray使用により日本でも抗菌薬の適正使用に役立つ可能性が示唆されました。さらなる研究が進み、ASPへの貢献につながることを願っています。

2019年 ACP日本支部年次総会・講演会のご案内

Scientific Program Committee委員長の濱口杉大先生より、今週末に京都で開催されるACP日本支部年次総会・講演会のご案内です。ふるってご参加ください。
(PRC委員 小尾佳嗣)
 
***
日頃より大変お世話になっております。SPCの濱口でございます。
 
いよいよACP日本支部年次総会・講演会が近づいてまいりました。事前申し込みに間に合わなかった方、うっかり締め切りを過ぎてしまった方、ぜひ当日参加をお願い申し上げます。
大会参加費のみでどのセッションにも基本的に参加できます。事前予約で満席の場合でも立ち見による参加が可能でございます。従いまして当日参加者にとってもかなりお得な状況です。
 
また、6月8日(土)の12時40分~14時00分まで、時計台百周年記念棟の国際交流ホールⅢを開放し、会員の皆様のミーティングなどに使用できる時間と場所を確保いたしました。例えば各委員会のミーティングなどにご活用いただけます。
 
それではどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
濱口 杉大

日本内科学会におけるジョイントセッションの御報告

Scientific Program Committee委員長の濱口杉大先生よりいただいた、第116回日本内科学会総会・講演会の「医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019 名古屋」にて行われた日本内科学会とACP日本支部とのジョントセッションの活動報告を紹介いたします。

(PRC委員 小尾佳嗣)

***************************

テーマ:あなたが海を渡ったらこんな世界が待っている!

-先人が語る米国臨床研修とは-

企画を終えて

大ホールに8つのブースが用意され、各グループはローテーションを始めました。その周りには沢山のオブザーバーが興味津々で見学をしておりました。それぞれの講師の話の内容はテーマ名は似ているものがあっても実際には全く異なり、単なる米国研修の設営ではなく、実体験に基づいた内容で、今後の米国研修に興味をもつ人にとっては非常に貴重で興味深い情報が提供されました。医学生も若手医師もみんなが講師の話に引き込まれ、時には米国人講師のブースを回っているときであっても臆することなく英語で議論をしておりました。徐々にまわりの見学者がさらに増えてきて、気づくと大ホールには多くの人が集まっておりました。

各講師に1名ずつRFCの若手医師がアシスタントとしてうまくコーディネートしてくださり会をスムーズに進行することができました。

最後に最も議論に活発にかかわった参加者10名が優秀討論者として発表されました。

今後このような企画をつづけていくかについてはまだ決定しておりませんが、今回の成功により前向きに検討いただけるようです。

 

今回の企画内容の詳細は、以下をご参照ください。

 

テーマ:あなたが海を渡ったらこんな世界が待っている!-先人が語る米国臨床研修とは-

日時:2019年4月27日 12時45分~14時15分(90分間)

場所:ポートメッセなごや イベント館2階

内容:

海外研修に興味をもつ医学生や若手医師が、米国研修経験者からお話を聞いて議論し、将来のキャリア形成に役立てるようにするのがこの企画の目的です。

米国臨床研修経験者8名を講師として招聘し、1ブースに1名の講師がいる計8つのブースを、海外研修に興味をもちあらかじめ募集をした医学生・研修医グループ(1グループ7名で計 8グループ)がローテーションします。

各ブースの講師はそれぞれのブースにおいて3回同じ話をいたします。内容は実際の症例検討から米国研修医としての裏話まで、講師によって多種多様です。ローテーションは1回25分で計3回行われるため、1つのグループは3名の講師のお話を聞くことができます。

講師は1回のローテーションにてグループでもっとも積極的に議論に加わった人を選びます。3回終わった時点で合計点数が最も高かった10名が優秀討論者として、後の懇親会で受賞されます。

またグループで参加していない一般の人でも、その周りでオブザーバー参加つまり見学することができます。

 

各講師とブースでのお話の内容は以下のとおりです。

 

北野夕佳 先生

現所属:聖マリアンナ医科大学 横浜西部病院 救命救急センター

ヴァージニア・メイソン医療センター内科

企画内容説明

Let’s Learn GENERAL RULES from everyday cases. 5-minute bedside teaching

We’ll do a brief case discussion of a bread and butter case on hospitalist service or general internal medicine clinic.

The goal of my session is for the participants to achieve a sense of learning concise general rules (”5-minute bedside teaching”) from a simple case.

 

田川美穂 先生

現所属:奈良県立医科大学 腎臓内科

ペンシルベニア病院内科、ペンシルベニア大学病院腎臓内科

企画内容説明

Bed side teachingのすすめ

アメリカの初期研修では、指導医と研修医が患者を一緒に回診します。研修医が患者についてプレゼンテーションを行い、指導医が症例について、teaching pointをその場でdiscussion形式で教えてくれます。実臨床に即した考え方の道筋を学ぶことができ、非常に有用でした。今回のセッションでは、このbed side teachingの雰囲気を味わっていただければと思っています。皆さんとのdiscussionを楽しみにしています。

 

関口健二 先生

現所属:信州大学医学部附属病院 総合診療科

ハワイ大学内科、ハワイ大学老年内科

企画内容説明

米国臨床研修って本当にやる価値あるの?

  1. やるべきかやらざるべきか それが問題だ
  2. どうして米国臨床研修を実際に経験した人はみんな留学を強く勧めるのに、やってない人はそうでもないのか?
  3. 米国臨床研修じゃなきゃ得られなかったものと米国でなくても得られたであろうもの
  4. 米国臨床研修で失ったもの
  5. 「肚を決める」

 

八重樫牧人 先生

現所属:亀田総合病院 総合内科

コロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院内科、ニューヨーク州立大学ダウンステート校呼吸器内科、ピッツバーグ大学集中治療科

企画内容説明

知れば日本の医療が良くなる、世界のスタンダード:

米国内科研修で学んだ事のうち、従来の日本での医療より数多くの選択肢の中から各患者さんの最適解を探す「広い視野」が、最も有益だったと実感している。日本で行われていない世界の標準医療、逆に日本で行われているが有益ではないと示されている医療行為を例示する。未来を担う若手医師が、日本という「ガラパゴス」で「井の中の蛙大海を知らず」状態から、より広い視野と可能性があることに気づいて頂ければ幸いである。

 

Dr. Shadia Constantine

現所属:札幌徳洲会病院

企画内容説明

Are you interested in medical training in the US? Let’s contrast your questions with my experience as an International Medical Graduate (IMG) in the US. We will talk about the following topics:

  1. Why? Could you believe that the US was NEVER in my dreams?
  2. Traditional path: studying and taking the tests, ERAS application, matching. Share some of your plans and I will share what I did.
  3. Challenges? Share your fears and I will share the main obstacles I had to jump
  4. Is the US the only way to have an international medical career?

 

Dr. Gautam Deshpande

現所属:聖路加国際病院

企画内容説明

During this activity, interested students and residents will be taken through a typical `day in the life` of a first-year intern in an Internal Medicine training program in a US hospital. Topics included will include pre-rounding, structure of supervision, daily presentations to attending physicians, balance of hospital vs outpatient clinic work, and expectations for education. Topics will also touch on chief resident opportunities and preparing for fellowships in the US. The format will be primary lecture-based, with ample time for question-and-answer. Time permitting, we will also discuss some fundamental strategies to prepare for a successful US residency.

 

鈴木孝幸 先生

現所属:University of Utah Health Care, Division of Gastroenterology

企画内容説明

臨床留学に対する、皆さんの目標は何でしょうか?実際に海外で医療に携わり、日本との違いやそれぞれの優れたところ、改善が必要な点などを冷静に見定めることは、日々の診療、そして自身の医師としての生き方に大きな影響を与えるのではないかと考えます。私が経験した米国での研修や、現在のユタ大学での診療の様子を紹介し、留学に興味のある皆さんの疑問などにお答えすることで、その一助になることができたらと思います。

 

Dr. Robert Dobbin Chow

現所属:University of Maryland School of Medicine

企画内容説明

Residency Training in the United States:  Why, What, and How

  1. Why choose to train in the United States?
  2. What is the difference between Internal Medicine training in Japan and training in United States?
  3. Emphasis on evidence based medicine
  4. Exposure to alternative teaching styles: emphasis on bedside rounding and physical examination skills
  5. Multi-disciplinary approach to patient care
  6. Research opportunities for residents; opportunities to present at national professional meetings
  7. Structured feedback and evaluation system based on milestones
  8. Duty hours and restricted service size for residents – attention to resident wellness
  • What are the challenging aspects of training in the United States?
  1. English can be a limiting factor
  2. American culture and values do not promote humility, respect, politeness
  3. Lack of a personal support system
  4. Cost of application and travel for rotations, CS, interviews
  5. How to apply
  6. USMLE Step I, Step 2 CK, Step 2 CS => ECFMG certification
  7. 3-4 letters of recommendation
  8. Clinical experience in the U.S.
  9. ERAS application, including personal statement

 

ACP日本支部からの運営担当

オーガナイザー

上野文昭 前支部長

SPC:濱口杉大、志水英明

 

各講師のアシスタント

RFC:西村義人、上月友寛、鵜木友都、多賀谷知輝、花本明子、森博隆、山本竜也、大谷真紀