New Member of International Exchange Program Committee

Committee: International Exchange Program Committee
Job Title: Assistant Professor
Name: Ryusuke Yoshimi
Degree: MD, PhD
Institution: Yokohama City University School of Medicine
Division/Department: Department of Hematology and Clinical Immunology
Hobby: Baseball
Message: My motto is “continuity is the father of success.”
I’d like to contribute to creating an environment where young doctors can study abroad easily.

New Member of International Exchange Program Committee

Committee: International Exchange Program Committee
Job Title: Student
Name: Ryota Todoroki
Degree: Bachelor of Medical Sciences
Institution: Oita University
Division/Department: Faculty of Medicine
Hobby: Tennis/Traveling
Message: Imagination means nothing without doing.

New Member of International Exchange Program Committee

Committee: International Exchange Program Committee
Job Title: Resident
Name: Kaihei Masuda
Degree: MD
Institution: Teine Keijinkai Hospital
Division/Department: Internal Medicine
Hobby: Travelling
Message: I am really looking forward to joining IEPC and will hopefully broaden my horizon and contribute to both Japanese and American medicine in the future

New Member of International Exchange Program Committee

Committee: International Exchange Program Committee
Job Title: Junior Resident
Name: Shunsuke Kondo
Degree: MD
Institution: Teine Keijinkai Clinic
Division/Department: –
Hobby: Golf
Message: 先輩たちに助けていただいた分、後輩たちに返すことでその恩を返したいと思います。there is a always bdtter wayの精神で常に良い道を求めて、気持ちでぶつかりたいです。

New Member of International Exchange Program Committee

Committee: International Exchange Program Committee
Job Title: Junior Resident
Name: Hidetaka Katoh
Degree: MD
Institution: Chubu Rosai Hospital
Division/Department: –
Hobby: Yoga, Ukulele
Message: I’d like to become a physician who can work oversees. I’m also interested in helping Japanese doctors to intaract with international counterparts.

ACP Japan Chapter Resident Fellow Committee Interim Report

委員長の西村義人先生先生(厚生労働省)から中間報告を頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chair: Yoshito Nishimura, MD
The Ministry of Health, Labour and Welfare

当委員会(以降RFC)では、2018年度年次総会にて実施した以下の企画(①RFC企画として新専門医制度に関するシンポジウム ②招聘講師による内科医師のための救急外来マネジメントワークショップ ③若手医師のための懇親会)、及び、10月に開催した第4回RFCセミナーについてご報告させていただきます。

年次総会で実施した①については、主に総合内科若しくは総合診療科で活躍されている先生方からのインプットをいただき、始動したばかりの専門医制度に対して現場の懸念や問題点を明確化する良い機会となりました。同制度は現在も様々な懸念事項を含みつつも継続されており、2019年度も継続して議論する意義があると考えています。本年度の反省を活かし、スペシャリスト、新専門医制度にて実際に研修している医師からのインプットを入れ込みつつ、より良い制度を作っていくために現場から何らかの提言が出来れば、と考えています。②及び③では、それぞれ50名、60名程度の参加者が相互対話的にディスカッション、懇親を図ることができ、参加者にとって実りある時間を提供できただけでなく、日本でACPの輪を拡げることにも貢献できたと考えています。

第4回RFCセミナーでは、7割の非会員を含む40名の参加者が集い、「ジェネラリストのためのリウマチ膠原病」のテーマで共に学ぶ機会を提供しました。募集開始後2週間以内に定員を超える参加希望者が充足され、RFCに限らず、ACP日本支部の若手医師間における知名度向上、充実した内容の企画を行うキャパシティのある団体としてのプレセンスのアピールを行いました。また、MKSAPを題材とした自己学習方法の提案及びセミナーの需要が非常に高いことを確認でき、今後も年2回のRFCセミナー及び総会企画の立案・実施を継続して、MKSAPを前面に出してACPの日本におけるプレセンス向上にも寄与していくことを計画しています。今後とも皆様のご支援の程をよろしくお願い申し上げます。

ACP Japan Chapter Local Nominations Committee Interim Report

委員長の永山正雄先生(国際医療福祉大学大学院医学研究科神経内科学)から中間報告を頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chair: Masao Nagayama, MD, PhD, FACP
Department of Neurology, International University of Health and Welfare Graduate School of Medicine

What We Accomplished
Local Nominations Committee (LNC)委員会は、2017年度末に、次期、ACP日本支部長候補者公募、支部長候補者の本部への推薦を行い無事、前田理事が次期支部長として本部より決定通知をいただきました。また2018年度は、4年間にわたり貢献された平和伸仁委員長、伊藤孝史委員、倭正也委員、安尾和裕委員が勇退され、新体制は委員長永山正雄、副委員長羽田俊彦、小原まみ子委員、柳川健委員、江波戸美緒委員の計5名となりました。なお平和伸仁委員長には体制移行期の1年間(規定期間)、アドバイザーとしてご助言戴くことと致しました。
なお、2018年度のSakura Award、Volunteerism Award、ACP Japan Chapter Contribution Award (ACPJCCA)に対する公募をACP日本支部Websiteにて開始しています。

What We Are Working On/What We Plan to Initiate
2018年度のMACPノミネート、Laureate Awardノミネート、Sakura Award、Volunteerism Award、ACP Japan Chapter Contribution Award (ACPJCCA)受賞者の決定を行う予定です。

ACP Japan Chapter Credentials/Membership Committee Interim Report

Chair: Koichiro YUJI, MD, PhD, FACP
The Institute of Medical Science, the University of Tokyo

(1) What We Accomplished
Activity of Credentials/Membership Committee since July 2018
Reviewed 7 application forms for FACP advancement and judged the applicants‘qualifications.

– The 4 new fellows were approved for election by the Credentials Committee
until November:

September:
Nagaaki Kotera, MD, FACP
Mitsuhiro Sato, MD, FACP
Tetsuya Shiota, MD, FACP

November:
Hidekatsu Fukuta, MD, FACP

(2)What We are Working On
-Review application forms for FACP advancement and judge the applicants’ qualifications by online.

-Respond to queries from members and board of ACP Japan Chapter regarding membership in collaboration with secretary.

LNCよりACP日本支部各賞の募集のお知らせ

LNCより2019年度のACP日本支部における各賞の募集のお知らせがありました。以下ご確認の上、対象となる先生がおられましたらご推薦下さい。(PRC委員 志村華絵)

ACP日本支部 会員の皆様

Local Nominations Committee (LNC) からのお願いです。

2019年度のACP日本支部における各賞の募集を開始いたします。ACP日本支部では、下記、Volunteerism Award, Sakura Award, ACPJC Contribution Award 各賞の対象者の推薦を受け付けます。それぞれのAwardの内容を記載いたしますので、適切と思われる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご推薦下さい。推薦書(特別な様式なし)の送付先は、ACP日本支部 LNC です。締め切りを2019年2月28日といたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。また、次年度に任期満了となる委員がおりますので、委員に興味のある方の立候補もお待ちしております。

1.Volunteerism Award

本賞は、医療、福祉、教育に関してボランティア活動として多大な社会貢献をされたACP日本支部会員を表彰することになっています。基本的に、ACP会員は、日頃から素晴らしい医療を提供していると考えられており、すべての会員が受賞されても良いと思われますが、自分の日頃の仕事とは別に、ボランティア活動に成果を上げている先生に賞を差し上げています。本賞は、ACP日本支部会員より推薦を受け、当LNCで審議し、理事会での承認を経て、受賞者が決定します。推薦者は、『候補者が医療、福祉、教育に関してボランティア活動として、どのような社会貢献をされたか』について文書による推薦状(書式は自由)を作成し、ACP日本支部LNCに提出してください。

2.Sakura Award

Sakura Awardは、ACP日本支部の発展、活性化に多大な貢献をされた基本的にACP日本支部の会員以外の方を表彰します。2009年に新しく創設された賞です。過去には、Dr. David Gremillion、Ms. Eve Swiacki、Prof. Soma Wali、Dr. George W Meyer が受賞されています。この選考基準は、ACP日本支部会員より推薦を受け、LNCで審議し、理事会へ推薦することになります。推薦される場合は、『候補者が日本支部の発展、活性化にどのような貢献をされたのか』を記載した推薦状(書式は自由)をACP日本支部LNCに提出してください。

3. ACP Japan Chapter Contribution Award (ACPJCCA)

ACPに長く貢献してくださっている会員に積極的に差し上げることがきる賞として、2016年に設立しました。ACPの活動は、基本的にボランティアで行われているため、継続的に貢献している会員には、さらなる継続的な貢献を期待して積極的に贈呈します。よって、本賞は、ACP日本支部の会員であり、ACPの活動で貢献されている方を対象とします。日本支部会員およびLNCによる推薦者をLNCで討議して、理事会で承認された場合に決定します。積極的なご推薦をお願いいたします。

なお、受賞者には、別途ご連絡させていただくとともに、本年のACP日本支部総会(京都)におきまして、記念品あるいは賞状を授与いたします。奮ってご応募ください。

【ご応募先】 下記の宛先迄メールにてお送りください。
LNC委員長 永山 正雄:nagay001@iuhw.ac.jp
および
ACP日本支部事務局:office@acpjapan.org

ACP Japan Chapter
Local Nominations Committee
Chair, Masao NAGAYAMA, MD, PhD, FACP
Vice Chair, Toshihiko HATA, MD, FACP
***********************************************************
ACP Japan Chapter/ACP日本支部
Shin-Kagurazaka Building 2F, 43 Tansumachi, Shinjuku-ku
Tokyo 162-0833, Japan
Phone: +81 3 5946-8576   Fax: +81 3 5229-6889

一般社団法人米国内科学会日本支部事務局
〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階
有限会社ビジョンブリッジ内
E-mail:office@acpjapan.org
http://www.acpjapan.org
***********************************************************

第3回RFCセミナー

第3回RFCセミナー

RFCセミナーにつき、演者の先生方のプロフィールを含めPRCからも再度お知らせ致します。残り数名で参加者募集終了とのことです。

(PRC委員 志村華絵)

第3回RFCセミナー  http://rfc3rd.peatix.com/
開催まであと2週間となりました。キャンセルが出たためA、B会場共に数席残席が出ています。
招聘講師陣を再度まとめてご紹介!
□A会場:世界レベルを目指す内科医必須の極意
・坂本 壮先生
・北野 夕佳先生
□B会場:医学教育
・菊川 誠先生
・錦織 宏先生
・高村 昭輝先生
・吉野 俊平先生
・小杉 俊介先生
・橋本 忠幸先生