2019年 ACPJC 年次総会講演会における学生企画の御報告

Student Committee委員よりACP年次総会・講演会のご報告をいただきました。ご報告させていただきます。(PRC委員 宮内隆政)

 

ACP日本支部の皆様

ACP日本支部年次総会・講演会2019の1日目
6月8日(土) 14時20分~15時40分に開催されました
Student Committee企画「夢見る海外臨床講座」
について御報告させて頂きます。

本企画は、ACPを学生へ広報する目的として、
また海外臨床に興味のある学生の交流の場として、
Student Committeeメンバーが一から企画準備したものです。

企画の内容は、
海外臨床に思いを馳せる3つのチームによるプレゼン合戦で、
・USMLEを中心とした海外臨床留学までの道のりについての紹介
・有名な海外医療ドラマをもとに臨床現場を考える検討会
・実際のCaseをもとにした本格的な症例検討会
といった、それぞれのチーム色のある、大変活気のあるものとなりました。

それぞれの発表では、同時にクイズの出題やディスカッションの時間があり、
最もクイズの正解やディスカッションに貢献した学生の表彰も行われました。

30名を越える参加者には、医学生だけでなく、多くの先生方もいらっしゃいました。
症例ディスカッションの時間では、学生が苦戦する中、
非常に鋭い発言をして頂き、ディスカッションを非常に盛り上げて下さいました。

本企画は学生が一から企画準備したものでしたが、
当日も含め、ACP日本支部に所属する多くの先生方のご支援の御陰で実現することができました。
本企画に関わって下さいました全ての方への御礼の言葉を最後に御報告とさせて頂きます。
誠にありがとうございました。

ACP日本支部 Student Committee 委員長
平井智大

——

Student Committee Event Report

The Student Committee held a program for student exchange at the ACPJC annual meeting 2019.
The program consisted of three presentations and the discussions were very exciting. More than 30 participants attended.
We thank everyone who helped make this program possible.

ACPJC Student Committee Chair
Tomohiro Hirai

ACP internal medicine meeting 2019 の様子

2019年度のACP internal medicine meetingが4月11-13日の日程でPhiladelphiaで開催されました。

ACP日本支部の前支部長の上野文昭先生、新支部長の前田賢司先生やPRC副委員長の北野夕佳先生方から写真や記事をいただきましたので、記載させていただきます。

まず、上野先生から下記のように嬉しいご報告がありました。

先日Philadelphiaで行われたACP支部長会議のあと、数々の授賞式を兼ねた食事会がありました。

日本支部はまず最初に昨年に引き続きChapter Excellence Awardを受賞しました。これは本部の指定した一定の基準を満たす活動成果をあげた支部に贈られるもので,他の多くの支部とともに受賞に至りました。

さらにcompetitiveなAwardとして、John Tooker Evergreen Awardがあります。この賞は支部を活性化させるための革新的な活動を評価するもので、今年は25支部から28件の応募がありました。この賞にnominateするだけで高い評価をうけるのですが、大変ハードルが高く、今年応募したのは全支部の3分の1未満です。そうした各支部の自信作がひしめき合う中,日本支部は他の4支部と共にこのEvergreen Award Winnerに選ばれました。海外支部では唯一のものです。

その受賞理由を選考委員会ChairのDr. Michael Tanの文面を引用しお知らせします。
Your submission, “In the Clinic: Japanese Translation Project,”  captures the spirit of innovation that the John Tooker Evergreen Awards Program seeks to recognize.  The Chapter subcommittee felt this was an outstanding initiative that demonstrates a powerful way that ACP international chapters can be active at the local level.  Subcommittee members commended this program
for not only being innovative, but provides member
encouragement, engagement, and recruitment/retention all in one.
This program is a great model for other international chapters.
というように、最大限の賛辞をいただきました。

このプロジェクトを企画提案され、実務を率先して牽引されてきたPublic Relations Committeeの北野夕佳副委員長,グループを見事に統率された大島康雄委員長、原眞純副委員長、当初責任者となられていた安藤聡一郎前委員長(現理事)、そして実際の翻訳作業に携わった熱意溢れるプロジェクトメンバーの先生方に心より感謝いたします。また忘れてならないのは事務局の皆さまのサポートで、特に事務局の作成した応募文は選考委員の心を鷲掴みするような秀逸な内容でした。

現在も多くの委員会が素晴らしい活動を続けていますので、次のAwardも大いに期待しております。

 

また、北野夕佳先生からは

ACP日本支部が、In the Clinic 翻訳プロジエクトが認められて、Evergreen Awards授賞しました!翌日のACP新聞に掲載されました。

In the Clinic 翻訳プロジェクト2ndシーズンも近く募集いたしますので是非ご応募ください。

And a happy reunion at Fellowship Convocation Ceremony with my residency classmate and attending from Virginia Mason Medical Center!! 

 

この”In the Clinic: Japanese Translation Project”は多くの先生方の協力によって成功しました。

下記にこのProjectに尽力してくださいました先生方を記載させていただきます。

In The Clinic翻訳プロジェクトメンバー

企画

・In The Clinic翻訳プロジェクトリーダー、PRC副委員長

聖マリアンナ医科大学 横浜西武病院 救命救急センター          北野 夕佳

・PRC委員長

ノバルティスファーマ株式会社 安全性・再審査統括部            大島 康雄

・PRC副委員長

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科学講座            原 眞純

 

・In The Clinic翻訳プロジェクト補佐

明石医療センター総合内科              官澤洋平

 

・監修PRC委員

東京女子医科大学 総合診療科      川名正敏

力田病院 内科  小野広一

西伊豆健育会病院 内科  西村光滋

あらまき内科クリニック  荒牧昌信

川田内科医院      川田秀一

きたじま田岡病院/徳島大学          板東浩

筑波大学医学医療系 呼吸器内科    森島祐子

平野内科クリニック          平野昌也

産業医科大学病院 感染制御部        鈴木克典

国立国際医療研究センター国府台病院 呼吸器内科  大藤貴

なかたクリニック 院長    中田壮一

医療法人アリエス まみ内科クリニック 院長              宮地真由美

札幌東徳洲会病院 総合診療部        安尾和裕

相澤病院 総合内科            山本智清

東京医科歯科大学初期研修医          大竹眞央

 

・翻訳監修

大阪赤十字病院 第一消化器内科部長、消化器内科統括部長  大崎往夫

やまと在宅診療所大崎 院長          大蔵暢

東京ベイ浦安市川医療センター 総合内科    平岡栄治

東京女子医科大学総合診療科・循環器内科  川名正敏

帝京大学医学部附属溝口病院 神経内科        馬場泰尚

帝京大学医学部内科学講座 消化器内科      山本貴嗣

 

 

・IN THE CLINIC翻訳チーム

水戸協同病院チーム

水戸協同病院     小林 裕幸、児玉 泰介、児玉 祐希子、内田 卓郎、伊藤 慶、橋本 恵太郎、片山 真穂

東京都立多摩総合医療センター       島田 薫

 

熊本大学チーム

熊本大学             松井 邦彦、谷口 純一、田宮 貞宏、佐土原 道人、小山 耕太、前田 幸祐

神戸大学チーム

神戸大学             森 寛行、乙井 一典、森 健太

加古川中央市民病院         金澤 健司

 

聖路加国際病院チーム

聖路加国際病院 感染症科             松尾 貴公

聖路加国際病院 内科      木下 雄仁、金 允泰、中村 友昭、西澤 俊紀

神戸赤十字病院 呼吸器内科           杉本 裕史

聖路加国際病院 外科             難波 俊文

千葉大学 心臓血管外科        西織 浩信

 

東海大学チーム

東海大学           柳 秀高、沖 将行、峠田 晶子、真鍋 早季、桑野 公輔

 

名古屋第二赤十字病院チーム

名古屋第二赤十字病院総合内科            横江 正道、吉見 祐輔、久田 敦史、末松 篤樹、宮川 慶、竹内 元規、礒田 翔

名古屋医療センター総合内科  安藤 諭

 

愛媛大学チーム

愛媛生協病院         原 穂高、尾﨑 達也、水本 潤希

慈恵大学病院  竹越 大輔

 

明石医療センター・高槻病院チーム

高槻病院 総合内科           筒泉 貴彦、平山 沙織、三木 綾子

明石医療センター 総合内科           官澤洋平、世戸博之、大西 潤、辻本 泰貴、水木真平

東京大学チーム

東京大学             江頭 正人、泉谷 昌志、林 幹雄、大沢 樹輝、大山 貴司、岡本 耕、後藤 隆之介、千葉 滋

 

横浜市立大学チーム

横浜市立大学医学部         太田 光泰、稲森 正彦

神奈川県立足柄上病院     吉江 浩一郎、岩渕 敬介、倉上 優一、安田 優

横浜保土ケ谷中央病院      八百 壮大

 

・QC担当 慶応大学チーム

慶應義塾大学医学部漢方医学センター      吉野 鉄大

横浜市立大学医学部血液・免疫・感染症内科      加藤 英明

慶應義塾大学医学部血液内科        住谷 智恵子

慶應義塾大学医学部精神神経科、東京武蔵野病院     山本 玲美子

慶應義塾大学医学部血液内科・永寿総合病院        山口 健太郎

社会医療法人財団 董仙会 恵寿総合病院    二川真子

兵庫県立こども病院         広田幸穂

慶應義塾大学病院             丸山 篤志、栁下 陽香

長野医療生活協同組合 長野中央病院          平野 翔大

 

・薬剤チェック

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 薬剤部         中薗 健一、勝 綾香

 

次回のACP internal medicine meetingは4月23-25日でLos Angelesで行われるそうです。ぜひ、ご参加ください。

(PRC委員 宮内隆政)

 

Student Committee welcomes new members!

New members are joining on!

Hi all,

I am very pleased to introduce the members of Student Committee(SC). Nine new members joined the SC. Please keep in mind these wonderful members.

Best regards,

PRC member Takamasa Miyauchi  MD

Student Committee
Member

Hideta Teshirogi

Institution
 
Gunma University
Department/Division
 
3rd Year
Message
 
温故知新
Student Committee
Member

Yusuke Matsumoto

Institution
 
Kindai University
Department/Division
 
4th year
Message
 
Peace bigins with a smile.
Student Committee
Member

Masahiro Kato

Institution
 
Kindai University
Department/Division
 
4th Year
Message
 
"The goal comes first, then we perceive. We don't perceive first."
Student Committee
Member

Yuki Shima

Institution
 
Gunma University
Department/Division
 
5th year
Message
 
優希
Student Committee
Member

Erika Hiraga

Institution
 
Osaka City University
Department/Division
 
5 th Year
Message
 
Do my best
Student Committee
Member

Ai Suzue

Institution
 
Kindai University
Department/Division
 
5 th Year
Message
 
Persistence makes perfect
Student Committee
Member

Satoshi Inaba

Institution
 
Kyoto Prefectural University of Medicine
Department/Division
 
5 th year
Message
 
ancora imparo
Student Committee
Vice Chair

Rika Terashima

Institution
 
Gunma University
Department/Division
 
4 th year
Message
 
I am grateful for all of the opportunities ACP has provided me. I have met many wonderful people through ACP and I am very excited for the next ACP Japan chapter!
Student Committee
Chairman

Tomohiro Hirai

Institution
 
Mie University
Department/Division
 
5 th Year
Message
 
“Keep going, even if it is just a little”

ACP Japan Chapter Interim Report : Student Committee

Student Committee

Chair: Tomohiro Hirai

Mie University

The student committee consists of dozens of medical students, mainly in the Kansai region. We are planning a workshop aimed at promoting ACP at the next General Assembly. I have not decided the content yet, but I am thinking about contents related to medical English and study abroad. I would like to do my best to make a good report soon.

 

Tomohiro Hirai

5th Year, Mie University

“Keep going, even if it is just a little”

ACP Japan Chapter Interim Report : Early Career Physicians Committee

Early Career Physicians Committee

Chair: Akihito Kawashima, MD

Shin-Yurigaoka General Hospital

 

1 .  What We Accomplished

  1. At the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2018, we held a lecture session on “how to train speaking skills in English” for young doctors and medical students who have difficulty speaking out at international conferences because of language barriers.
  2. On June 21, 2018, we held a workshop entitled “English conversation   workshop for those who don’t want to be “a statue” (to become speechless because of language barriers) at international conferences”, a spin-off event of the lecture session at the Annual Meeting 2018.

 

2. What We are Working On

We’re supporting young doctors in teaching interns and in choosing their carrier paths.

 

3. What We Plan to Initiate

  1. We’re planning to hold a new event at the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2019.
  2. We’re interested in application of advancing technologies in medicine such as AI or deep-learning. We’re preparing to make an opportunity for young doctors to learn about it and have discussions on how it might affect future medicine.

FACP昇格のご挨拶:北野 夕佳 先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

北野 夕佳 先生

(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院救命救急センター)

ACP日本支部会との出会いは2011年頃と記憶しております。

2006-2009年にVirginia Mason Medical Centerで内科レジデンシーを修了し、総合内科医としてのトレーニングを身につけ米国内科専門医を取得して帰国したものの、それをどうやって日本の診療に還元したら良いかを模索していた時期でした。

ACP日本支部会に初めて参加したときのことを覚えています。「同じ総合内科~総合診療マインドを持った仲間が集まる基地みたいな場所であり、今後も毎年年次総会に参加することで生涯成長できる場所がある」と、とてもうれしかったのを覚えています。

ACP日本支部において、私はYoung Physicians’ Committee委員(現RFC)、次いでPublic Relations Committee委員、その後PRC副委員長を務めさせていただいております。いろいろなご縁が重なり、In the Clinic翻訳プロジェクトという画期的な無謀な企画もプロジェクトリーダーとしてはじめさせていただきました。これらのことができたのは、ACP日本支部を組織として築いてくださった先生方、現支部長の上野文昭先生、PRC前委員長安藤聡一郎先生、PRC委員長大島康雄先生ほか、ACP日本支部の先生方のお力添えあってのことと感謝いたしております。

このたび、In the Clinic翻訳プロジェクトのご縁もあり、FACPに昇格させていただきました。FACPをいただいたということは、今後もACP日本支部、日本の総合内科医療/教育に貢献するようにとの暖かい叱咤激励と受け取っており、今後とも精進してゆきたいと存じます。

I recall joining ACP Japan Chapter in 2011.

After completion of Internal Medicine Residency 2006-2009 at Virginia Mason Medical Center in Seattle and obtaining ABIM, I was confident of acquiring general internal medicine clinical skill, I was wondering how I could implement what I’ve learned in the U.S. in Japanese clinical training.

I remember when I first participated in ACP Japan Chapter Annual Meeting as one of the lecturers. I was very excited to find a community for aspiring general internists who have the same clinical passion to implement good general internal medicine practice. I felt that by attending this academic annual meeting regularly, I could be confident in my clinical knowledge and skills and would have life long learning opportunity.

I have served as a member of Young Physicians’ Committee and then a member of Public Relation Committee (PRC) and currently am a Vice Chair for the PRC. We as PRC started ‘In the Clinic Japanese Translation Project (ITC project)’ and I am proudly leading this project as the project leader. This project couldn’t have come to fruition without the support by Dr. Fumiaki Ueno, Governor for ACP Japan Chapter, Dr. Soichiro Ando, the immediate past Chair for PRC and Dr. Yasuo Oshima, the current Chair for PRC.

With the successful launch and progress of this ITC project, I have been promoted as an FACP. I take that being promoted as an FACP means to continue to contribute to ACP Japan Chapter and to promote General Internal Medicine in Japan, which I would proudly like to continue for the rest of my medical career.

 

FACP昇格のご挨拶:福田 英克 先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

福田 英克 先生

(名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター 准教授 副センター長)

私は、平成7年に名古屋市立大学医学部を卒業後、1年間の一般内科研修を経て、循環器内科医として診療、教育、研究に従事して参りました。私と同様に、日本の内科医の多くは医学部卒業後にサブスペシャリティ研修を中心としているため、総合診療の経験を十分に有している内科医は少ないと思われます。日本は超高齢者社会を迎えており、多くの患者が多併存疾患を抱えているため、総合診療の重要性は増すばかりです。今後は、ACPおよびACP日本支部年次総会の参加を通じて、サブスペシャリストとしてのみならず、総合診療医としての診療技術の向上を目指し自己研鑽に励みたいと思います。また、多併存疾患を有する患者に最適な医療を提供するためには、医師以外の医療職との連携は欠かせません。医師としてチーム医療の中心としてリーダーシップを発揮するのみならず、医療人の育成にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

 

FACPご昇格のご挨拶:塩田 哲也 先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

塩田 哲也 先生

(岡山市久米南町組合立国民健康保険福渡病院)

岡山県の中山間地域にある小規模国保病院の院長として赴任して、四半世紀近くが過ぎようとしています。フルタイムとしては院内に唯一の内科医として、内科全般の診療に従事することからスタートしましたが、当時、県内では決して多くはなかった内科専門医であることを誇りに感じ、可能な限り、安価で良質な医療を地域に提供できるよう心がけて参りました。自らの専門性や能力の及ばない分野は、非常勤の専門医を招聘して、診療の質の維持と、都市部へのアクセス手段に乏しい高齢者の利便性との両立を図りました。

 

その後、介護保険制度の導入をはじめとして、地域医療を取り巻く環境は大きく変化しました。勤務先の性質上、行政・保健・福祉などの他職種と連携し、診療に直結しない部分でも、地域に貢献できるよう努めましたが、院長業務や診療以外の雑務に時間を取られ、内外の論文に目を通すことも、つい疎かになってしまいました。 ACPに、そして、Publication Committeeに参加させていただいたのは、少しでも論文に接するきっかけにしたいという気持ちからでした。日常診療に追われる中での翻訳は、時に負担に感じることもありましたが、定期的に多彩な分野の論文を読み、また、各委員からの、単に翻訳だけではなく、内容にまで踏み込んだ生の意見も伺うことができ、とても有意義でした。毎年のように年次総会とCommitteeの打ち合わせ会に参加し、各委員と顔の見える関係が築けていたように思います。

 

ここ数年、昨今の医師不足の関係で、週末であっても、勤務先を留守にしづらいことが多くなり、年次総会参加の機会が限定的となっていました。それでも、ホームページやFacebookにアクセスすることで、日本支部の活動に接することができます。Facebookで送られてくるQuizは楽しみですし、一日に一度はDynaMed Plusを開いて、その日の診療を振り返るとともに、英文を読む機会を失わないよう、心がけています。今年、京都での年次総会に久しぶりに参加できましたが、ACPから与えられる内容の豊富さを改めて再認識いたしました。

 

ACP憲章に謳われるプロフェッショナリズムは、医師が高い水準の能力と誠実さを維持し、患者の利益に重きを置き、社会に対して専門的な助言を与えることが柱となります。その根底には、医師自身の誠実さとそれに対する公衆からの信頼がなければなりません。医師確保も含めて、過疎地の小規模自治体病院の経営が厳しくなった今日、自らに課した「安価で良質な医療の提供」が困難となりつつあるのではないかと不安に思うことがあります。自身のキャリアの中では、少し遅くなってしまいましたが、自らのプロフェッショナリズムをさらに高め、これまで以上に,内科医として地域に貢献できるよう、FACPを目指しました。サポートいただいたCredentials/Membership Committeeの先生方、Annals翻訳の時代からお世話になり、今回、ご推薦いただいた宇野久光先生、安藤聡一郎先生に、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

FACP昇格のご挨拶:佐藤 光博 先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

佐藤 光博 先生 (長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルヘルス研究科)

FACP昇格にあたり、寄稿の機会を頂戴しました。昇格に際し、ほとんど面識のない先輩FACPのお二人に突然メールで推薦人となることをお願いしたことも含め多くの先生方に協力を頂きました。感謝の気持ちをこめ、また昇格時期に所属先の変更も重なったためご挨拶させて頂く次第です。

平成30年9月をもってJCHO仙台病院(旧仙台社会保険病院)腎センター診療部長を辞し、10月に長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科に入学しました。以後臨床医としてのキャリアは一旦中断し、学生として過ごしております。

JCHO仙台病院腎センターには20年以上勤務し、その間一貫して田熊淑男先生の指導を受けてきました。田熊先生は1985年のN Engl J Medに糖尿病性腎症におけるACE阻害剤の尿蛋白減少効果を世界に先駆けて報告したことで有名ですが、学会等の対外的な活動よりも目の前の患者さんを大切にするという姿勢が終始徹底された方でした。1人1人の患者さんに起こる現象を問題意識を持って丁寧に観察することが臨床医学の原点であり、その姿勢を支えるのは医師の情熱に他ならないと考えておられました。臨床的に多くのことを教えて頂いただけではなく、論文執筆や学会のガイドライン作成に携わる経験もさせて頂きました。

夢中で過ごしてきましたが、気がつけば多くの先輩方が次のステップ(開業)に向かった年齢に自分も達していました。同じように開業を考えないわけでも、まして臨床腎臓病学に対する興味が薄れた訳ではありませんでしたが、日々の臨床のなかで①感染症に対する知識が不足している。特にグローバル化に伴う輸入感染症や新興感染症など。②日本の透析医療はすばらしいが、高齢化や医療費の高騰を考えると世界的には特異な状況?といったことが気になっていました。慰留頂きましたが、入学選抜試験に合格したこと、家族の理解も得られたことから、思い切って仙台を離れることにしました。

同期入学者は30名ですが、半数以上が外国人で、その背景も医師は約3分の1のみで、獣医師、看護師、薬剤師、理学療法士、非医療系と多彩です。すべての講義・事務連絡は英語で行われ、留学を含め海外居住歴のない自分にはかなり大変です。私が所属している熱帯医学コースのコース長は、長崎大学熱帯医学研究所臨床感染症学分野教授の有吉紅也先生です。有吉先生は初期研修後単身日本を飛び出し、以後10年間英国とアフリカを行ったり来たりしながら臨床と研究に従事した方です。とても情熱的で、日本がもっと世界の保険医療に貢献するにはどうしたらよいかを常に考えていらっしゃいます。入学セレモニーでは学生に、情熱が何よりも大切で、日本よりはるかに難問を抱えた途上国の現場で活躍したいなら、さらに努力して勉強する気概を持って欲しいとメッセージを贈っていました。

修了後どのような形で臨床の現場に戻るかはまだ分かりませんが、今は目の前のことに集中するつもりです。将来AIが医師の仕事を奪うという話も聞かれますが、少なくとも二人の師の情熱にはかなうまいと思われ、少しでも近づくことができるよう決意を新たにしております。

微力ではありますがACP日本支部の発展に貢献できるよう努力させていただきます。先輩方にご指導を頂く機会が今後もあろうかと存じます。どうかよろしくお願い申し上げます。

FACP昇格のご挨拶:小寺 永章先生

この度FACPにご昇格された先生方をご紹介させていただきます。(PRC委員  宮内隆政)

小寺 永章 先生 (医療法人社団東仁会久我山腎クリニック)

FACP昇格の御挨拶

東仁会久我山腎クリニックの小寺と申します。この度、FACP昇格にあたりまして、御尽力いただいたACP Japan Chapter関係者の皆様、御指導いただいた諸先生方に心から感謝申し上げます。

私は主に腎不全患者の臨床に従事しておりまして、腎臓病、高血圧、糖尿病、代謝疾患などを中心に診療しております。ふと気がつけば、教えてもらうという機会が減っていたときにACPに参加させていただくようになりました。この度、FACPの称号をいただいたことは身に余る光栄でありますが、一方で、FACPの諸先生方のこれまでの御功績を考えますと非常に身が引き締まる思いです。自らのサブスペシャリティー領域にこだわることなく、それ以前に内科医として医師という職業に真摯に向き合わなければならないことを再認識いたしました。

これからもFACPの称号に恥じぬよう内科学の発展に貢献できるように努力させていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。