海外留学支援セミナー

海外留学支援セミナー

IEPC委員 亀田総合病院感染症科 村中絵美里

去る11月25日,大阪府愛仁会リハビリテーション病院にて海外留学支援セミナーを開催し,盛会のうちに終了いたしました.全国から熱意あふれる11名の医学生と医師の方々にご参加いただきました.

IEPC委員長 牧石先生の開会挨拶を皮切りに,山田先生から臨床留学の準備についてお話しいただきました.筒泉先生からは,臨床留学を志す医師を実際に指導されている御経験を活かし,リアリティに即した英語教育と,臨床留学に対する覚悟の決め方についてご講演いただきました.片山先生からは,米国フェローシッププログラムの内容,臨床留学のチャンスをいかに掴むかというお話をいただきました.共通していたのは,臨床留学への道は厳しいが,しかし夢物語ではない,という前向きなメッセージでした.セミナー終了時には,参加者の目の色が明らかに変わっていました.

「1行プレゼン」のワークショップは,米国でよく行われている実践的な内容でした.グループディスカッションを通して,同じ目標を持つ者同士の交流が生まれ,ネットワークを作るよい機会となったことと思います.

事後アンケートでは,全員がセミナーの内容に「満足した」との回答が得られました.今後,期待に応えるだけではなく,それを超えられるよう,今後も取り組んで参ります.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: