ACP 日本支部年次総会・講演会 2020の延期または中止のお知らせ

この度、2020年6月6日(土)-7日(日)に開催を予定しておりました、
ACP日本支部年次総会・講演会2020につきまして、
慎重に検討を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、
開催を延期または中止とする運びとなりました。

新たな開催日程につきましては現在検討中であり、決定次第、
メーリングリストおよびホームページにてご連絡させていただきます。

皆様にはご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

2020年3月5日

一般社団法人米国内科学会(ACP)日本支部
支部長 前田 賢司

ACP日本支部年次総会・講演会2020
会 長 濱口 杉大

ACP日本支部年次総会2020の演題登録開始のお知らせ

ACP会員の皆様、

日頃より大変お世話になっております。Scientific Program Committeeの濱口でございます。

このたびACP日本支部年次総会2020の演題登録開始のご連絡を申し上げます。

来る6月6日(土)、6月7日(日)に京都大学百周年時計台記念館,国際科学イノベーション棟におきまして、『Activate Academic Mind for Busy Clinicians ! 臨床医のアカデミックマインドの活性化』をメインテーマに掲げACP日本支部年次総会2020を開催します。

一般演題の募集を開始いたしました。
・会員・非会員問わずご応募いただけます。
・採択された一般演題は、英語でポスター掲示(ポスターセッションの時間に、日本語でディスカッション[希望者は英語でも可能です]) を行なっていただきます。
・演題査読委員会では参加者の皆様に、年齢や職位にこだわらない安心・安全で建設的なディスカッションを行なっていただけるよう配慮しておりますので、奮ってご応募下さいますようお願いいたします。
・演題登録の締め切りは 『2020年 3月6日(金)18時まで』 です。

応募の詳細につきましては、こちら(↓)

ACP日本支部総会2020ホームページ:http://www.acpjapan.org/acp2020/

一般演題登録ページ: http://www.acpjapan.org/acp2020/kurokawaprize.html

をご覧くださいますようお願い致します。

皆様ふるってご応募お願い申し上げます。

濱口 杉大

福島県立医科大学 総合内科

2020年 Doctor’s Dilemma(臨床研修病院対抗クイズトーナメント)参加チーム募集のお知らせ

Scientific Program Committeeの志水 英明先生より、2020年6月6日・7日のACP日本支部年次総会で開催されるDoctor’s Dilemma(臨床研修病院対抗クイズトーナメント)参加チーム募集 のお知らせです。

日時

2020年6月7日(日)
10:35-11:35 予選  参加チーム数原則上限なし
13:25-14:25 決勝  上位10チーム

会場 京都大学百周年時計台記念館

参加要件

  • ACP会員(Resident/Fellow Member)資格者かつ卒後1-4年目の方(参加申し込み時に必ずしもACP会員である必要はありません)
  • 1チーム2名(混成チームも可能)
  • 同所属原則2チームまで
  • 予選ではインターネットに接続可能なスマートフォンもしくはタブレットを使用しますのでご用意ください

特典

優勝チームは、2021年のACP米国本部年次総会(オーランド,フロリダ)の本戦に日本支部代表として参加できます。

(本戦登録時にACP会員である必要があります)

渡航時にはACP日本支部からのサポートがあります。

参加お申し込み

下記の入力フォームから申し込みください。 締め切り 2020年3月31日(もしくは定員に達した時点)http://www.acpjapan.org/acp2020/dilemma.html

ACP米国本部年次総会では、全米の有名研修病院から予選を勝ち抜いたチームがトーナメント形式で参加するクイズ大会「Doctor’s Dilemma」を開催しています。
本企画は、それに倣ったもので、ACP日本支部2015年次総会から新たに始まりました。
2019年は、全国有名研修病院より34 チーム (1 チーム 2 名) が参加しました。

総合内科、救急、呼吸器、消化器、内分泌、感染症、血液、膠原病、循環器、神経、腎臓の各分野について、ACP米国本部が提供しているMedical Knowledge Self-assessment Program(MKSAP)を利用した問題や、オリジナルの問題が出題されました。

日本支部総会では 全国からの参加をお待ちしています。

ACP日本支部年次総会で優勝し、2021年(4月29~5月1日)にフロリダのオーランドで開かれる本戦に参加しませんか?

現在、続々と各施設からの申し込みをいただいております。ぜひご検討ください。

Memories of ACP Japan Chapter Meeting June 8-9, 2019’ Kyoto Japan

Dr. Anuj Maheshwari, MD, FICP, FACE, FACP, FRCP (London, Edinburgh)
Professor & Head in General Medicine, BBD University, Lucknow, India
Organising Secretary, Annual Congress of ACP-India Chapter “Medicine 2018” at Lucknow

It has been my first visit to Japan. I had heard lot of good things about this country but found it much better than of my imagination. It has really been a wonderful experience for me and my family. It has been an excellent hospitality with flawless arrangements from beginning to the end. First of all, I shall like to pay my gratitude to our India Chapter Governor Dr Muruganathan who recommended and given me opportunity to represent India Chapter during annual conference of Japan Chapter. At the same time I can never forget to pay sincere thanks from core of my heart to Dr. Takahiko Tsutsumi and Dr. Tetsuya Makiishi who were our guest speakers in annual conference of ACP-India Chapter 2018 at Lucknow. Not only their deliberations were outstanding here in India but they must had praised us well there in Japan. After receiving a lovely invitation by Dr. Sugihiro Hamaguchi, chair Scientific program committee, ACP Japan Chapter, Dr. Yuka Kitano helped me in understanding the learning objectives of physicians in Japan regarding Diabetes. For me It was really seeming tough to keep audience attentive for one hour of my lecture. Yuka not only encouraged me but also helped me in deciding content to be included in my presentation which can create interest in Japanese audience. Evening before, I got an opportunity to see and pay my gratitude to Governor Japan chapter outgoing and incoming both together with Robert M. McLean, the President of the American College of Physicians (ACP) elected in 2019 with his wife.

As I have been given the topic to speak on treatment options, I tried to focus my talk on common factor between two populations, India & Japan. Although diabetes prevalence is increasing in both the countries, but faster is the progression in India for conspicuous reasons like carbohydrate rich diet, sudden affluence and luxury lifestyle with lack of physical activity. All this has happened in last 20-30 years which has changed typical Asian phenotype in India to overweight and obesity making Indians more prone to diabetes in lack of physical activity. In addition to these reasons our large population is also responsible for ten times more number of diabetic patients. In Japan 7.2 millions are suffering with diabetes while this number is 72 million in India second highest in the world next to China. Diabetes prevalence in Japan is 7.7 % while it is 8.8% in India.

If we really talk about common factors, typical Asian phenotype is actually a common characteristic between people of India and Japan. This typical Asian phenotype is characterised with accumulation of visceral fat with lean phenotype in extremities. Healthy Food habits and good amount of physical activities in Japan keeps away abdominal obesity and insulin resistance at large while in India same phenotype has progressed to abdominal obesity and Insulin resistance causing type 2 diabetes. What I noticed in ten days visit to Japan, plants & vegetables are used in good amount with food but with much less oil and fat contrary to India. Lot of lessons are there for Indians in Japanese life style.

Glucose control in diabetes deteriorates over time with the progressive nature of disease resulting in risk of developing various micro and macro vascular complications. Many classes of anti-diabetic drugs are available for treatment including metformin, sulfonylureas, glitazones, glinides, α glucosidase inhibitors and nearly a century old insulin. Newer drugs like gliptins (DPP-4 inhibitors), GLP1 agonist, flozins (SGLT-2 inhibitors) and insulin analogues have been added to the list during the last few years. These drugs effectively address various pathophysiological defects. However, given the need for multiple drug therapy, there is still a significant unmet need in the management of T2DM. Non-insulin antidiabetic agents have a potential to reduce HbA1c by an average of 1% and the simultaneous use of combination therapy can result in greater HbA1c reduction. Position statement on Standard of Care by ADA, recommends metformin as preferred initial pharmacological agent. Though we Asians do not match exactly with Americans, we need different recommendations to treat diabetes as we are not only different genetically but environmental factors, body habitus are also different.

A lot of questions had arisen out of these recommendations from audience citing Japanese are not usually obese or overweight then why is it necessary to begin treatment with metformin? It is true that Japanese may have many genes susceptible to diabetes including thrifty genes. Various environmental factors, added to these genetic factors, are considered responsible for the onset of disease, and the number of patients is increasing rapidly reflecting recent lifestyle changes. Impaired insulin secretion is characterized by lowered glucose responsiveness. In particular, the decrease in postprandial-phase secretion is an essential pathophysiological condition. Glucolipotoxicity, if left untreated, results in the decrease in the functional pancreatic cell mass. So it is not only an issue to improve insulin sensitivity. Metformin facilitates peripheral utilisation of glucose and equally beneficial in Insulin deficient type 2 diabetes mellitus. Although it may have some concerns for Indians as many of them are vegetarian having Vitamin B12 deficiency causing anaemia but not in Japanese. So it is appropriate selection of pharmaceutical agent which has immense importance. Now further recommendations should continue as follows:

  • If metformin monotherapy at highest tolerated dose does not achieve the optimum level, a second oral or injectable agent should be added.
  • Choice of the second pharmaceutical agent should be a based on environmental factors influencing therapeutic response.

Apart from this AACE suggests to start with dual drug therapy if HbA1c is 7.5 or more. If HbA1c is 9 or more at beginning, triple therapy is recommended to start with. If patient is symptomatic at 9 or more HbA1c, insulin should be a part of triple therapy.

Queries came from audiences regarding relevance of using pharmaceutical agents with weight loss potential in Japanese population like GLP1RA & SGLT-2 Inhibitors. A convincing explanation lies in visceral fat causing abdominal obesity giving rise a peculiar Asian phenotype. SGLT2 inhibitors act on the non-classical pathway and reduce hyperglycaemia by inhibiting renal reabsorption of glucose and thereby increasing urinary glucose excretion.  They also lead mild reduction in blood pressure due to chronic osmotic diuresis and associated with lower risk of hypoglycemia.

SGLT-2 Inhibitors can only be justified if a person is having significant amount of visceral fat reducing insulin sensitivity. It also promotes usage of alternative fuels like fat for production of energy. As far as GLP-1RA is concerned, they increase insulin secretion in response to oral glucose ingestion, induce satiety by slowing gastric emptying, suppresses appetite, inhibit glucagon secretion and also have been proposed to cause ß cell regeneration. Endogenous GLP1 released from intestinal L cells has a short half-life of 4 – 11 min. To overcome this, GLP1 analogues resistant to degradation by DPP4 have been devised. Low dose usage can be safely done for Japanese population with central adiposity.

Later I got an opportunity to judge selected research papers for oral presentations by students, residents, Fellows & early career physicians. One of the most stimulating session with high class research had made it more challenging to decide the best. All research papers and presentations were so good that it was difficult to select one for “Kurokawa Prize”.

Then I got a chance to attend few plenary sessions which were in Japanese language but I am thankful of my interpreter Mr. Hideta Teshirogi who is pursuing his medical studies there. He has been so wonderfully translated all sessions on the spot sitting aside me. I appreciate his knowledge and translation power so fast. My medico daughter Shivangi who is also pursuing medical studies in India enjoyed all English sessions and Kurokawa Prize session.

Overall it has been a wonderful academic feast for me and my family at one of the most beautiful city of world Kyoto. We attended welcome dinner in evening with all attendees and faculties. Next day enjoyed sightseeing at Arashiyama before leaving back home India. It has been an unforgettable experience while being at Japan. I wish to thanks all members of organizing team and Governor Japan Chapter Dr. Kenji Maeda for great conference with wonderful hospitality. We shall surely try our best to reciprocate when Dr. Kenji Maeda comes India for our annual conference at Kolkata. We can plan many joint ventures together including Asia specific guidelines in future.

ACP Japan Chapter Meeting June 8-9 2019’ Kyoto Japan

President of the American College of Physicians

Robert McLean, MD, FACP

I was honored to have the opportunity to participate in the ACP Japan chapter meeting in early June. Chapter governor Dr. Kenji Maeda and the rest of his chapter leaders were wonderful hosts. It was very interesting to hear firsthand from many chapter members about the Japan healthcare system and especially the medical education and training system. I enjoyed the opportunity to speak on the topic and discuss how the current changes in the Japanese training and board certification processes will be very helpful to ensure that internal medicine specialists who choose to enter general primary care practice will have adequate training to deliver high-quality care to patients.

I also had the opportunity to give a brief update on activities of the American College of Physicians and review how Global Engagement and the role of international chapters continues to grow. The Japan Chapter was ACP’s first international chapter and remains a role model for how to grow and develop. I also gave a talk on the ACP’s guideline development process, using the Gout Clinical Practice Guidelines as an example. I explained how different guideline processes between various organizations lead to slightly different conclusions and recommendations. Some in the media tends to report these as controversies, when in reality they merely reflect different processes and the lack of definitive evidence to answer many of the clinical questions we face on a daily basis.

I greatly enjoyed the opportunity to tour the beautiful historic city of Kyoto and learn much about Japanese history and culture there. Following several days in Kyoto, I had the opportunity to travel to Tokyo and similarly tour and learn a great deal while spending several days there before returning home to Connecticut. After such a wonderful experience, I clearly intend to return to Japan! I thank all the Chapter members with whom I had the chance to interact.

 

 

2019年 ACP日本支部年次総会・講演会のご案内

Scientific Program Committee委員長の濱口杉大先生より、今週末に京都で開催されるACP日本支部年次総会・講演会のご案内です。ふるってご参加ください。
(PRC委員 小尾佳嗣)
 
***
日頃より大変お世話になっております。SPCの濱口でございます。
 
いよいよACP日本支部年次総会・講演会が近づいてまいりました。事前申し込みに間に合わなかった方、うっかり締め切りを過ぎてしまった方、ぜひ当日参加をお願い申し上げます。
大会参加費のみでどのセッションにも基本的に参加できます。事前予約で満席の場合でも立ち見による参加が可能でございます。従いまして当日参加者にとってもかなりお得な状況です。
 
また、6月8日(土)の12時40分~14時00分まで、時計台百周年記念棟の国際交流ホールⅢを開放し、会員の皆様のミーティングなどに使用できる時間と場所を確保いたしました。例えば各委員会のミーティングなどにご活用いただけます。
 
それではどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
濱口 杉大

日本内科学会におけるジョイントセッションの御報告

Scientific Program Committee委員長の濱口杉大先生よりいただいた、第116回日本内科学会総会・講演会の「医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019 名古屋」にて行われた日本内科学会とACP日本支部とのジョントセッションの活動報告を紹介いたします。

(PRC委員 小尾佳嗣)

***************************

テーマ:あなたが海を渡ったらこんな世界が待っている!

-先人が語る米国臨床研修とは-

企画を終えて

大ホールに8つのブースが用意され、各グループはローテーションを始めました。その周りには沢山のオブザーバーが興味津々で見学をしておりました。それぞれの講師の話の内容はテーマ名は似ているものがあっても実際には全く異なり、単なる米国研修の設営ではなく、実体験に基づいた内容で、今後の米国研修に興味をもつ人にとっては非常に貴重で興味深い情報が提供されました。医学生も若手医師もみんなが講師の話に引き込まれ、時には米国人講師のブースを回っているときであっても臆することなく英語で議論をしておりました。徐々にまわりの見学者がさらに増えてきて、気づくと大ホールには多くの人が集まっておりました。

各講師に1名ずつRFCの若手医師がアシスタントとしてうまくコーディネートしてくださり会をスムーズに進行することができました。

最後に最も議論に活発にかかわった参加者10名が優秀討論者として発表されました。

今後このような企画をつづけていくかについてはまだ決定しておりませんが、今回の成功により前向きに検討いただけるようです。

 

今回の企画内容の詳細は、以下をご参照ください。

 

テーマ:あなたが海を渡ったらこんな世界が待っている!-先人が語る米国臨床研修とは-

日時:2019年4月27日 12時45分~14時15分(90分間)

場所:ポートメッセなごや イベント館2階

内容:

海外研修に興味をもつ医学生や若手医師が、米国研修経験者からお話を聞いて議論し、将来のキャリア形成に役立てるようにするのがこの企画の目的です。

米国臨床研修経験者8名を講師として招聘し、1ブースに1名の講師がいる計8つのブースを、海外研修に興味をもちあらかじめ募集をした医学生・研修医グループ(1グループ7名で計 8グループ)がローテーションします。

各ブースの講師はそれぞれのブースにおいて3回同じ話をいたします。内容は実際の症例検討から米国研修医としての裏話まで、講師によって多種多様です。ローテーションは1回25分で計3回行われるため、1つのグループは3名の講師のお話を聞くことができます。

講師は1回のローテーションにてグループでもっとも積極的に議論に加わった人を選びます。3回終わった時点で合計点数が最も高かった10名が優秀討論者として、後の懇親会で受賞されます。

またグループで参加していない一般の人でも、その周りでオブザーバー参加つまり見学することができます。

 

各講師とブースでのお話の内容は以下のとおりです。

 

北野夕佳 先生

現所属:聖マリアンナ医科大学 横浜西部病院 救命救急センター

ヴァージニア・メイソン医療センター内科

企画内容説明

Let’s Learn GENERAL RULES from everyday cases. 5-minute bedside teaching

We’ll do a brief case discussion of a bread and butter case on hospitalist service or general internal medicine clinic.

The goal of my session is for the participants to achieve a sense of learning concise general rules (”5-minute bedside teaching”) from a simple case.

 

田川美穂 先生

現所属:奈良県立医科大学 腎臓内科

ペンシルベニア病院内科、ペンシルベニア大学病院腎臓内科

企画内容説明

Bed side teachingのすすめ

アメリカの初期研修では、指導医と研修医が患者を一緒に回診します。研修医が患者についてプレゼンテーションを行い、指導医が症例について、teaching pointをその場でdiscussion形式で教えてくれます。実臨床に即した考え方の道筋を学ぶことができ、非常に有用でした。今回のセッションでは、このbed side teachingの雰囲気を味わっていただければと思っています。皆さんとのdiscussionを楽しみにしています。

 

関口健二 先生

現所属:信州大学医学部附属病院 総合診療科

ハワイ大学内科、ハワイ大学老年内科

企画内容説明

米国臨床研修って本当にやる価値あるの?

  1. やるべきかやらざるべきか それが問題だ
  2. どうして米国臨床研修を実際に経験した人はみんな留学を強く勧めるのに、やってない人はそうでもないのか?
  3. 米国臨床研修じゃなきゃ得られなかったものと米国でなくても得られたであろうもの
  4. 米国臨床研修で失ったもの
  5. 「肚を決める」

 

八重樫牧人 先生

現所属:亀田総合病院 総合内科

コロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院内科、ニューヨーク州立大学ダウンステート校呼吸器内科、ピッツバーグ大学集中治療科

企画内容説明

知れば日本の医療が良くなる、世界のスタンダード:

米国内科研修で学んだ事のうち、従来の日本での医療より数多くの選択肢の中から各患者さんの最適解を探す「広い視野」が、最も有益だったと実感している。日本で行われていない世界の標準医療、逆に日本で行われているが有益ではないと示されている医療行為を例示する。未来を担う若手医師が、日本という「ガラパゴス」で「井の中の蛙大海を知らず」状態から、より広い視野と可能性があることに気づいて頂ければ幸いである。

 

Dr. Shadia Constantine

現所属:札幌徳洲会病院

企画内容説明

Are you interested in medical training in the US? Let’s contrast your questions with my experience as an International Medical Graduate (IMG) in the US. We will talk about the following topics:

  1. Why? Could you believe that the US was NEVER in my dreams?
  2. Traditional path: studying and taking the tests, ERAS application, matching. Share some of your plans and I will share what I did.
  3. Challenges? Share your fears and I will share the main obstacles I had to jump
  4. Is the US the only way to have an international medical career?

 

Dr. Gautam Deshpande

現所属:聖路加国際病院

企画内容説明

During this activity, interested students and residents will be taken through a typical `day in the life` of a first-year intern in an Internal Medicine training program in a US hospital. Topics included will include pre-rounding, structure of supervision, daily presentations to attending physicians, balance of hospital vs outpatient clinic work, and expectations for education. Topics will also touch on chief resident opportunities and preparing for fellowships in the US. The format will be primary lecture-based, with ample time for question-and-answer. Time permitting, we will also discuss some fundamental strategies to prepare for a successful US residency.

 

鈴木孝幸 先生

現所属:University of Utah Health Care, Division of Gastroenterology

企画内容説明

臨床留学に対する、皆さんの目標は何でしょうか?実際に海外で医療に携わり、日本との違いやそれぞれの優れたところ、改善が必要な点などを冷静に見定めることは、日々の診療、そして自身の医師としての生き方に大きな影響を与えるのではないかと考えます。私が経験した米国での研修や、現在のユタ大学での診療の様子を紹介し、留学に興味のある皆さんの疑問などにお答えすることで、その一助になることができたらと思います。

 

Dr. Robert Dobbin Chow

現所属:University of Maryland School of Medicine

企画内容説明

Residency Training in the United States:  Why, What, and How

  1. Why choose to train in the United States?
  2. What is the difference between Internal Medicine training in Japan and training in United States?
  3. Emphasis on evidence based medicine
  4. Exposure to alternative teaching styles: emphasis on bedside rounding and physical examination skills
  5. Multi-disciplinary approach to patient care
  6. Research opportunities for residents; opportunities to present at national professional meetings
  7. Structured feedback and evaluation system based on milestones
  8. Duty hours and restricted service size for residents – attention to resident wellness
  • What are the challenging aspects of training in the United States?
  1. English can be a limiting factor
  2. American culture and values do not promote humility, respect, politeness
  3. Lack of a personal support system
  4. Cost of application and travel for rotations, CS, interviews
  5. How to apply
  6. USMLE Step I, Step 2 CK, Step 2 CS => ECFMG certification
  7. 3-4 letters of recommendation
  8. Clinical experience in the U.S.
  9. ERAS application, including personal statement

 

ACP日本支部からの運営担当

オーガナイザー

上野文昭 前支部長

SPC:濱口杉大、志水英明

 

各講師のアシスタント

RFC:西村義人、上月友寛、鵜木友都、多賀谷知輝、花本明子、森博隆、山本竜也、大谷真紀

 

 

ACP日本支部年次総会・講演会2019 Web事前登録は5月21日までです。

ACP日本支部年次総会・講演会2019大会長の濱口 杉大先生より、『Web事前登録は5月21日まで』のお知らせです。
(PRC委員 小尾佳嗣)
 
*********
6月8日(土)、9日(日)に京都大学で行われるACP日本支部年次総会・講演会2019について、インターネットによるWeb事前登録の締め切りが5月21日(火)12:00までと迫ってきましたためご連絡申し上げました。
 
今回の年次総会は大会参加費のみで原則的にすべてのセッションに参加できることになっております。つまり満席の企画であってもいわゆる「立ち見」による参加が可能です。
また大会に参加してくださった方は、講師の許可が得られたセッションの資料を大会終了後に所定のサイトからダウンロードすることができます。
5月21日を越えますと、あとは当日登録となりまして、一般ACP会員であれば7000円高くなってしまいます。
 
もし参加登録がまだお済でない方がいらっしゃいましたら是非下記よりご登録いただければと考えます。
http://www.acpjapan.org/acp2019/registration.html
また先生方の周囲への広報も是非よろしくお願い申し上げます。
 
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
濱口 杉大
Scientific Program Committee
ACP日本支部

ACP日本支部年次総会・講演会2019 早期事前登録(大会参加費最安)締め切りまであとわずか!

ACP日本支部年次総会・講演会2019大会長の濱口 杉大先生より、早期事前登録締め切り日のお知らせです。
(PRC委員 小尾佳嗣)

*********
このたび6月8日(土)、9日(日)に京都大学百周年時計台記念館,国際科学イノベーション棟で行われるACP日本支部年次総会・講演会について、早期事前登録締め切り5月6日が近づきましたため、お知らせ申し上げます。

事前登録期間:4月3日(火)~5月21日(火) 12時まで
・早期事前登録期間:4月3日(火)~5月6日(月)
・通常事前登録期間:5月7日(火)~5月21日(火)12時まで
5月21日(火)の12時以降は、当日登録となりますため、会場受付にてお申し込み、お支払いください。

以下が参加登録のWebsiteとなります。
http://www.acpjapan.org/acp2019/registration.html

医学生さんからシニアの先生方まで、内科学を総合的に楽しく勉強できるように配慮しておりますため、ぜひお誘いの上ご参加ください。

事前登録開始のお知らせ(ACP日本支部年次総会・講演会2019)

SPC委員長の濱口 杉大先生より、ACP日本支部年次総会・講演会の事前登録開始のお知らせです。
(PRC委員:小尾佳嗣)
***************
このたび 6月8日(土)、9日(日)に京都大学百周年時計台記念館,国際科学イノベーション棟で行われるACP日本支部年次総会・講演会について、事前登録が開始となりましたためお知らせ申し上げます。
 
事前登録期間:4月3日(火)~5月21日(火) 12時まで
・早期事前登録期間:4月3日(火)~5月6日(月)
・通常事前登録期間:5月7日(火)~5月21日(火)12時まで
5月21日(火)の12時以降は、当日登録となりますため、会場受付にてお申し込み、お支払いください。
 
以下が参加登録のWebsiteとなります。
http://www.acpjapan.org/acp2019/registration.html
 
今回の総会が例年と異なる新しい主な点は以下の4点でございます。
①セッション参加費を原則無料とし、大会参加費のみで基本的にどのセッションにも参加できるようにしております(その代わり大会参加費は若干値上げしております)。部屋の席数の関係で各セッションの事前予約はおこないますため、お早目の予約をお願いいたします。しかし満席となっても立ち見が可能です。
②黒川清先生が特別講演「国会事故調から8年 日本が向かった先は?-規制の虜と新内科専門医制度-」をおこないます
③国際科学イノベーション棟のシンポジウムルームでは、最新のエビデンスを紹介した後に、内科の基本的なミニレクチャーが続く新企画「最新論文から始まるレクチャーマラソン」がおこなわれます。この部屋にいるだけでエビデンスから基本的な内科学が学べるようになっております。
④ACP日本支部年次総会・講演会に初参加の先生は6月8日の夕方のレセプション参加料が無料となります。
 
その他、各セッションはかなり充実した内容となっておりますので、詳しくはWebsiteをご覧ください。
http://www.acpjapan.org/acp2019/program.html
 
大会テーマは、「生涯にわたる内科臨床能力の育成 ~新内科専門医制度からの出発~」“Fostering Lifetime Fundamental Competences for Internists -Beyond Board Certification System-”でございます。
新専門医制度がはじまり内科の基本的臨床力を養成する研修を行ったうえで、各サブスぺ内科の道に進むことにより、「すそ野が広く頂の高い医師」が生まれることが期待されます。このテーマについてプレナリーセッションでは、日米の医学教育の第一人者である洛和会ヘルスケアシステムの松村理司先生、板橋中央総合病院の加藤良太朗先生にご登壇いただき、この日本の内科研修の最大の課題にメスを入れます。さらに2019年のACP presidentであるRobert M. McLean先生からもご意見をうかがうこととなります。
また、2日間にわたって若手部門とシニア部門においても新専門医制度についての興味深い議論をご用意しております。
 
この2日間で医学生さんからシニアの先生方まで、内科学を総合的に楽しく勉強できるように配慮しておりますため、ぜひお誘いの上ご参加ください。
 
濱口 杉大
福島県立医科大学 総合内科
米国内科学会(ACP)日本支部年次総会・講演会2019大会長