Drʼs Dilemma に参加して

先のACP日本支部総会におけるDoctor’s Dilemmaで見事優勝した東京ベイ・浦安市川医療センターチームの内山秀平先生からの寄稿(日本語ver)です。是非、ご一読ください。(PRC 小尾佳嗣)

この度、京都にて開催されました米国内科学会(ACP)日本支部総会におきまして、Dr.’s dilemmaで優勝をおさめ、2019年に行われるPhiladelphiaでの本選に出場する機会を頂くことができました。日本全国の名だたる病院の若手医師が集まる中、優勝という最高の形で終えられたことは私にとって大きな驚きであり、また同時に喜びになりました。これからPhiladelphiaにおける本選に向けてさらに知識を高め、本番ではできる限りの力を尽くし、悔いのないように取り組みたいと考えております。

出場者にとってのこのイベントの最大の魅力は、日常のトレーニングの成果を試す機会が得られることであると感じています。日々の診療は一つの施設内で行われるため、自身の医療知識やスキルを相対的に評価する場面はなかなかありません。今回のDr.’s dilemmaは、非常に限られた領域ではありますが内科医師としての力を他施設の若手医師の皆様と比較する非常に良いチャンスとなりました。この文を読んでいる初期研修医・後期専修医の皆様、自身の力試しと考えて、ぜひ奮って来年以降の本イベントへの参加をご検討ください。

今回優勝することができた理由は、第一に、当院ではMKSAPによる自己学習を推奨しているため、それに取り組み日々の医学知識の研鑽を重ねたことが考えられます。第二に、チームワークが良かった点もあるかもしれません。高野先生と私は後期専修医としての同期ですが、それ以前に初期研修医として同じ施設で勤務していました。気心がよく知れていたのでお互い遠慮せずに回答できるため、クイズでは相互に知識を補完しあいながら協力し、その結果、後半はほとんど全問正解することができました。しかし何より、私たちの最大の力の源は当院の指導医の先生方が作り出す日々の素晴らしい教育環境と、全国各地から集まった切磋琢磨できる素晴らしい同期の皆であると感じています。優勝はもちろん嬉しいことではありますが、当院での日々の努力が正しい方向に働き、医師としての力が育っていると実感できたことが何よりも嬉しく感じられました。

私たち二人だけの力では、優勝には到底たどり着かなかったでしょう。今回の優勝は東京ベイ・浦安市川医療センターの総合内科全員で勝ち取ったものであると考えています。この機会に、日々お世話になっている皆様にあらためて感謝を申し上げます。

そして、このような貴重な機会をいただくことができましたACP 日本支部の諸先生方に感謝を申し上げ、優勝報告といたします。

 

東京ベイ・浦安市川医療センター

内山秀平

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: