Annual Meeting of ACP Japan 2018 – Dr’sDilemma

2018年6月2日・3日のACP日本支部年次総会で開催される

Doctor’s Dilemma(臨床研修病院対抗クイズトーナメント)参加チーム募集のお知らせをさせて下さい。

【日時】2018年6月3日(日)
10:50-11:35 予選  参加チーム数上限なし
12:20-13:45 決勝  上位10チーム
【参加要件】

・ACP会員(Resident/Fellow Members of the College)資格者かつ卒後1-4年目(2018年4月時点、必ずしもACP会員である必要はありません)
・1チーム2名(混成チームも可能)
予選ではインターネットに接続可能なスマートフォンもしくはタブレットを使用します。(2018年はたくさんのチームが参加していただけるようにしました)
【特典】優勝チームは、2018年の米国ACP年次総会(フィラデルフィア)本戦に参加可能(本戦時にACP会員である必要あり)。
ACP日本支部からのサポートあり【参加お申し込み】下記の入力フォームから申し込みください。 締め切り 3月31日
https://goo.gl/UbPFyY

米国ACP年次総会では、全米の有名研修病院から予選を勝ち抜いたチームがトーナメント形式で参加するクイズ大会「Doctor’s Dilemma」を開催しています。
本企画は、それに倣ったもので、ACP日本支部2015年次総会から新たに始まりました。
2017年は、全国有名研修病院20施設( 全国から 20 チーム (1 チーム 2 名) が参加しました。
1          東京ベイ・浦安市川医療センター総合内科
2          大同病院 臨床研修センター
3          千葉大学医学部附属病院総合診療科
4          河北総合病院
5          岡山大学病院
6          筑波大学 水戸協同病院
7          奈良県総合医療センター
8          練馬光が丘病院
9          湘南鎌倉総合病院初期研修医
10       白河厚生総合病院
11       飯塚病院総合診療科
12       獨協医科大学病院総合診療科
13       防衛医科大学校病院
14       松波総合病院 総合内科
15       大船中央病院
16       亀田総合病院 総合内科
17       橋本市民病院
18       沖縄県立中部病院
19       天理よろづ相談所病院 総合内科
20      大阪警察病院ER総合診療センター
の研修医2名1組が参加して順位を競いました。
「救急・総合」、「腎・膠原病」、「感染症」の各分野について、米国ACPが提供しているMedical KnowledgeSelf-assessment Program(MKSAP)を利用した問題や、オリジナルの問題が出題されました。優秀な成績だったチームから選ばれたメンバー3名(練馬光が丘病院 、岡山大学)が、2018年の米国ACP年次総会(New Orleans)に「チームJAPAN」として参加予定です。日本支部総会では 全国からの参加をお待ちしています。

優勝して、2019年フィラデルフィアで開かれるACP年次総会本戦に参加しませんか。

(企画担当: 志水英明、宇都宮雅子、吉野俊平、寺下真帆、伊藤公人)

SPC 志水 英明 (Hideaki Shimizu)


Annual Meeting of ACP Japan Chapter 2018 トップメニューはこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Translate »
%d bloggers like this: