In the Clinic Japnese translation project. How to incorporate In the Clinic in daily practice: 5 minutes bedside teaching

Dr. Kitano : St. Marianna University Yokohama City Seibu Hospital, Emergency and Critical Care Medicine

5-minutes teaching held on 3rd Jun 2018 at Kyoto

In the Clinic Japanese Translation Project has been in progress which is one of the leading project of PRC (public relations committee). There have been more applicants than the actual slots for the translation teams. The first translated article of In the Clinic, which is HCV, has been posted on the ACP main chapter’s webpage this April. Through this project, our goal is to have the members of ACP Japan Chapter to be able to utilize the excellent ACP resources including In the Clinic.
At this year’s annual meeting, we have presented a practical workshop with the collaboration of ‘In the Clinic Translation Project’ and ‘Bedside 5-minute Teaching’ We prepared the 12 general rules = Bedside 5-munite Teaching, which are based on 6 articles of In the Clinic.
In this practical workshop, participants have output the Bedside 5-munites Teaching and at the end of the seminar, they appeared to find themselves be able to use the rules as part of their active knowledge in the clinical setting. We hope this workshop served as an eye-opener to get one out of a lifelong sense of insufficiency where one feel he/she is not acquiring active knowledge even with a lot of literature reading.

症例の型を説明する講師

【In the Clinicプロジェクト掲載!!】

Hepatitis C Virus (Japanese Version)

ACP日本支部の皆様を対象に、以前翻訳チームの募集をかけさせていただいた、In the Clinic 翻訳プロジェクトの記念すべき第一回(HCV)が、ACP本部のWebpageに掲載されました!!!

Annals of Internal Medicine誌のWebpage ↓↓

http://annals.org/aim/fullarticle/2547675/hepatitis-c-virus

ACP日本支部のWebpage ↓↓ Journals >> Annals of Internal Medicine

http://www.acpjapan.org/journals/annals.html

翻訳チームの募集には、定数を大幅に超える多数のチームから応募いただき、ACP日本支部会員の皆様のモチベーションの高さに感動しております。また、翻訳チームの先生方の他にも、PRC委員、専門監修の先生方、QCチームの先生方の多大なご協力のもと始動することができました。

次の号も着々と進んでおり、年間計6回Upload予定です。

ぜひ来年度も多数のチームの応募をお待ちしております。

またこのような企画が生まれる「基地」「圧倒的なネットワーキングの機会」「2日間で頭がくらくらするまで学習できる機会」であるACP日本支部総会(6月2日、3日)でも、皆様にお会いできるのを楽しみにいたしております。当日参加可能なセッションもあります。多数のみなさまのご参加をお待ちしています。

http://acp2018.org/greeting.html

ACP日本支部 PRC副委員長・In the Clinicプロジェクトリーダー 北野夕佳 yuka2011sendai@gmail.com

(聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院 救命救急センター)

 

ACP 日本支部 PRC 副委員長 原眞純 masumihara-tky@umin.ac.jp

(帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科学講座)

 

ACP日本支部 PRC委員長 大島康雄 acp.japan.prc1@gmail.com

(ノバルティス ファーマ株式会社 安全性・再審査統括部)

In the clinic project

In the clinic project

ACP Japan ChapterのPRC (Public Relations Committee)では、Annals of Internal Medicine誌の中でも人気のセクションで、臨床現場に必要な知識をご専門の先生が記述する”In the clinic”を、米国本部の許可を得て翻訳するプロジェクトを実施しています。この翻訳プロジェクトでは、非常に多くの先生方がかかわっています。10を超える翻訳チームの先生方、仕上がった翻訳を監修するPRCの委員の先生方、ご専門の立場から日本で状況が異ならないかご確認いただきます専門監修の先生方、そして、地味にスゴイ!QCの先生方といった具合に非常に多くの先生方が、ご診療やご研究、そして、後進のご指導の傍ら時間を割いてプロジェクトにご尽力くださいました。

このたび、翻訳第一報が米国のAnnals of Internal Medicine誌のホームページへ掲載されました。利用条件がありますので、念のためご確認の上ご利用いただければ幸甚です。

利用条件はこちら:http://annals.org/aim/pages/conditions-of-use

記事はこちら: http://annals.org/article.aspx?articleId=2679145&guestAccessKey=08419633-3b84-4407-bc89-a1691d59efb3

この記事は翻訳のサンプルとして特別にAnnals of Internal Medicineを購読していない方でも全文を読むことができるようになっています。(2020年10月30日まで)第一シーズンでは2か月に1報程度のペースで合計6報を日本語へ翻訳する予定です。6報のうち本報を含め2報を無償公開することが決まっています。是非、先生方のご診療にご研究の役に立つ日が来ることを祈念しております。

 

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

(PRC 委員長 大島康雄)

ITC project page updated

ITC project業務手順のページをアップデートしました

翻訳者・監修者・QC担当者等で利用できるように、翻訳元ファイルを業務手順の末尾(Referenceの手前)に追加しました。

ダウンロードにはパスワードが必要です。ダウンロードボックスの下にAで始まる文字列が記載されていますので、それを入力してください。

(PRC委員長 大島康雄)

Dr. Kitano was appointed vice chairperson of PRC

Dr. Kitano was appointed vice chairperson of Public Relations Committee (PRC)

When the fiscal year began in July 2017,  Dr.  Kitano, Yuka participated in PRC taking charge of the ‘in the clinic’ project. In order to become more active as a responsible in charge of ‘in the clinic’, she began to be a vice chairman from January 2018.  Thank you very much. The council of ACP Japan has approved it, and the web page of the activity policy of PRC and the description of the web page of the official committee introduction of the Japan Chapter have been  updated.

(PRC Chairperson Yasuo Oshima)

New vice Chair of Public Relations Committee

北野先生にPRC副委員長に就任していただきました

2017年7月に、今年度Fiscal yearが開始となりましたが、その際にin the clinicプロジェクトを担当していただくという事で北野夕佳先生参加していただきました。in the clinicの責任者としてますますご活躍いただくよう、2018年1月より副委員長となっていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。理事の先生方にも承認され、活動方針のページおよび、日本支部の委員会紹介のページの記載もアップデートされました。

(PRC委員長 大島康雄)

ITC procedures updated – 2

 ITC project の手順について一部修正を加えました。

1. 本プロジェクト全体を通して:

日本語訳には、ACP米国本部との契約に基づいて、次の文言が入ります。各担当者が責任を持った翻訳を行うようお願いいたします。

  • 日本語訳にあたっての注意:翻訳の正確性については、ACP日本支部が責任を負うものであって、ACP米国本部が責任を負うものではない。(以下略)

2. Phase I 翻訳者の留意点に次を追記しました。

  • 冒頭の小さい活字部分(doi, CME objective, Funding Source, Disclosure, With the assistance ofで始まる文章、In the Clinic does not necessarilyで始まる文章)は訳さない。
  • フォントは MS明朝で統一する。
  • 日本語訳の句読点は「、(全角)」「。(全角)」で統一する。
  • 英数字は半角で統一する。

3.  用語の統一について次を追記しました。

  • 翻訳者は用語統一を検討した用語を、用語リストとして作成する。用語リストは、翻訳原稿提出時にITC担当者へ提出する。
  • ITC_002_Venous Leg Ulcersの用語リストはこちら

4. ITC002の用語集テーブルを作成しました。

リンク先は上記のとおり <https://wp.me/P9nUTT-8c>

前回までのの手順改訂は

(PRC委員長 大島康雄、同委員 北野夕佳)

ITC procedures updated – 1

ITC project の手順について一部修正を加えました。

  • 統一する用語を翻訳者から提案していただく事を、翻訳者のrole and responsibilityへ追記
  • 日本支部公式ホームページのメンバーシップの項目が修正されたため、その修正と整合性をとるためにITC業務手順中のメンバーシップの項目を修正した。また、詳細なメンパー要件を説明するのが目的ではなく、ここではメンバーシップの簡単な紹介をする目的なので、簡略な記載方法に変更した。

(PRC委員長 大島康雄)