Health and Public Policy Committee ACP Japan Chapter Interim Report

Health and Public Policy Committee委員長の小山雄太先生(日本海総合病院)から中間報告を頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Health and Public Policy Committee

ACP Japan Chapter Interim Report

Chair: Yuhta Oyama, MD, FJSIM, FACP

Nihonkai General Hospital

  1. What We Accomplished
  • 2018年度ACP日本支部総会でHPPC/CMC合同企画セッション「FACPへの道〜なぜ、そしてどのようにそれを目指すのか〜」を行った。
  1. What We Are Working On
  • 2019年度ACP日本支部総会でのHPPC企画セッションの準備を始めている。2018年度と同方向の内容になる可能性が高く、またWomen’s Committeeとの共同開催となる可能性がある。
  • ACP日本支部におけるCOI基準策定に関する提案を検討中である。
  1. What We Plan to Initiate
  • FACPに関するセッションを開催したことによって,FACP申請者数の推移に変化があったかどうかを確認したいと考えている。
  • 前年度からの懸案事項として,ACP日本支部のHPにおけるProfessionalismのページのupdateを具体化させたい。
  • 実際に動き出すのは難しいのであるが,Choosing Wisely/High Value CareおよびEnd of Life CareについてのACP日本支部としての取り組みについても今後HPPCとして関わっていきたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: