学生の頃から医学教育に興味があり、総合内科医として勤める傍ら、臨床教育にも勤しんでいる。最近は教えるだけでなく、教える人を教えることにも興味を持ち、研修医や専攻医にも指導力が必要であるという考え方、「Residents-as-Teachers」という概念を広め、若手指導医の養成に尽力している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *