リンクサイトマップ
HOME > 一般の方へ > 治療開発の現状 > 治験とは

 治験とは(ここは読みとばしていただいてもOKです)

新しい薬が開発されて承認を受けるための最後のステップが治験です。治験は新薬を患者さま(第1相では健常者の場合もある)で投与して、有効性と安全性を判断するための客観的なデータを得るために法律に基づいて実施するものです。 治験では、できるだけ同じ条件がそろった患者さまを、厳密なルール(プロトコル)に従って新薬と偽薬(対照薬)を用いて一定期間治療し、定期的な運動機能や症状、諸検査により評価します。

治験についての詳しい情報を知りたい方は

e治験.com
  http://www.e-chiken.com

日本製薬工業協会
  http://www.jpma.or.jp/medicine/shinyaku/chiken.html

などをご参照下さい。

医薬品開発から販売までの過程