リンクサイトマップ
HOME > 神経筋疾患患者での栄養所要量推定の工夫

神経筋疾患の患者様では、筋肉量の減少、努力性の運動や呼吸、呼吸器の装着、意識障害など色々な要素が栄養消費に影響を及ぼします。呼吸や心臓に障害を持つ患者様において過剰な栄養投与は負荷が大きいため、適切な栄養供与が重要です。栄養所要量には個人差が大きいため、一般化しにくい面がありますが、日本人データに基づく推定式を用い筋肉量や呼吸器装着、意識障害による補正を行うことで、より正確な推定が出来ると考えます。栄養管理の上で参考にして頂ければ幸いです。

神経筋疾患患者での栄養所要量推定の工夫(PDFファイル)