人材雇用とサステナビリティ(TG5)

臨床研究の実施に不可欠な支援人材を確保し
安定的に研究支援を提供する基盤を形成するために、
人材雇用、相互支援、ARO収入、研究契約など、
様々な課題やその解決法に関する情報を共有し議論しています。

2021年度活動目標

  1. 臨床研究医師、支援人材等専門職人材の大学間連携の推進
    • 専門職人材の大学間連携の取り組みを強化する
    • コンソーシアムの活動を含む具体的な連携形態の好事例を共有する
    • 現状、不足している連携や連携における課題などの洗い出しを行う
  2. 臨床試験に関連する間接経費の適正活用の検討 (サブリーダー:永井洋士)
    • 臨床試験に関連する研究費の間接経費のARO基盤整備・維持への有効活用について検討する
    • 製薬協のガイドラインを含む企業の間接費に対する考え方を踏まえ、その適正活用について検討する

活動実績