Seeking for opportunities in India

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれて発表されました。牧石先生からその英文体験記を頂きましたので、広報いたします。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Seeking for opportunities in India

Saiseikai Shiga Hospital Division of Nephrology

Tetsuya Makiishi, MD, FACP, FASN

The 3rd American College of Physicians India Chapter Congress was held from August 31th to September 2nd in Lucknow, the capital of Uttar Pradesh, the most populous state in India. The theme of the congress was “Practicing wellness to prevent illness”. On behalf of the International Exchange Program Committee (IECP) at the ACP Japan Chapter, Dr. Tsutsumi and I participated this meeting.

Leaving home early in the morning of August 30, we arrived in Lucknow in the middle of the night. It became the next day when we got to a hotel after a short drive from the airport. It was a muggy night. We could see a couple of cows roaming on the street from a car window. The hotel was located alongside a main street, and had extensive grounds surrounded by tall fences. There were several security guards in front the gate, who asked a few questions to a driver and checked inside the trunk before our car got to the building. Despite after a long travel and coziness of the room, I couldn’t fall asleep easily. I mused over the days I spent in India 26 years ago.

The reason why Dr. Tsutsumi and I came to India originated from a short conversation with Dr. Muruganathan, the Governor of the ACP India Chapter, at the ACP Japan Chapter meeting held in Kyoto, back on June this year. At that time, and until now, the members of the IECP have been discussing what new programs and seminars it could offer. Through the discussion, the idea of an exchange externship program with international chapters of the ACP (chapters outside the United States) came across, and it seemed really nice to us. Having heard that the Governor of the India Chapter was being invited to the meeting, I talked to him to convey the idea at the reception revenue.

“Sounds great. No problem, I think. Let’s do it.” He replied quickly with a big simile on his face.

To be honest, I didn’t expect that things went well so easily. The next day I emailed him a thank-you note. The day after next he replied me to invite me to the India Chapter annual meeting to be held three months later. Actually, I have ever been to India 26 years ago. It was when I was a medical college student. Back in 1992 summer, I backpacked across India for a month on my own. The experience I had during the travel was so impressive, or more correctly put, it was so shocking that it has been a part of my life since then. So, when I read the mail, I definitely thought it was an opportunity I could not miss. After exchanging several emails regarding the schedule and a content of the lecture they want us to deliver in the meeting, Dr. Tsutsumi and I were finally and formally invited to participate in it. I was assigned a talk on the following topic: Is microalbuminuria an indication for RAAS blockade therapy in patients with normal blood pressure? My summer of 2018 was spent preparing for it.

The congress was really great. All sessions were held in English. The topics covered were ranging widely, from clinical research conducted by medical students to up-to-date, clinically relevant theme presented by professors from both inside and outside India. There were also a webinar presented by three physicians from Mayo Clinic, the theme of which was the role of the hospitalist in this day and age. I was amazed by their eagerness to learn the problems that we face and discuss how to deal with them by sharing information with half a dozen invited physicians from abroad. They were from the United States, the United Kingdom, the United Arab Emirates, Bangladesh, Bulgaria, and Japan. In fact, the panel discussion entitled “Challenges and solutions of medical practice” held for this purpose was I thought one of the highlights of this congress. Dr. Tsutsumi participated as one of panelists and commented clearly and sharply about the issues Japan faces. He also did a perfect presentation in his lecture about Japanese medicine in overaging society.

Furthermore, we really appreciated their hospitality. There was a buffet-style reception dinner on the second day of our stay. It was a warm and cozy atmosphere. All participants were talking each other in a relaxed mood. We had a fun time talking with other participants and enjoying a little spicy Indian food. During our stay in India, every single participant and organizer was always nice and kind to us. India warmly welcomed me back.

The experience we had with distinguished colleagues in the India Chapter will be valuable assets to the IEPC. Besides being able to deepen the friendship with them, we could understand the health care environment in India and could also inspect the situation of a big city in India from security perspective, for the planned exchange externship program between the two chapters. Based on them, the IEPC now starts to prepare for its success.

I would like to end my report by showing appreciation to all the people who were involved in my attendance to the congress, to the members of the IECP, to my colleagues in Japan, and to my family. Namaste!

Tetsuya Makiishi, MD, FACP, FASN

IEPC 海外留学支援セミナー

IEPCの牧石徹也先生から、海外留学支援セミナーのお知らせを頂きましたので広報いたします。(PRC委員 前田正彦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ACP会員のみなさま
いつも大変お世話になっております。国際交流プログラム委員会(IEPC)は、グローバルな視点、キャリアプランを日本人医師が持つことを目標として、海外への短期留学の援助を含めた種々の活動を行なっています。海外臨床留学は以前より認知度が高まってきているものの、依然として狭き門であり、留学を志すものの準備すべき事項、相談すべき相手がわからずに次のステップへ歩み出すことを躊躇している方も少なくないのではないでしょうか。そこで、IEPCは留学を考えている医師を対象に、実際に臨床留学とはどのようなものか、具体的にどのような準備をすべきなのか、という疑問を、留学経験者を含む講師陣と相談できる場として、この度海外留学支援セミナーを開催する運びとなりました。少しでも興味をお持ちの先生、また、お近くに興味がおありの先生がおられましたら、お誘い合わせの上、是非ご参加下さい!
以下、詳細です。
日時:2018年11月25日(日)12:30-17:00(予定)
場所:愛仁会リハビリテーション病院 7階会議室
交通案内:
・JR高槻駅徒歩5分
  駅中央口北出口から東へ直通の通路を通ってお越し下さい。
・阪急高槻市駅徒歩12分
  駅から北に進み、線路手前の連絡通路からお越し下さい。
プログラム内容:
12:30-13:00 受付
13:00-13:15 アイスブレイキングとIEPC 活動紹介
13:15-13:45 臨床留学の準備:経験者からの視点(山田)
14:00-14:45 臨床留学の準備:指導者からの視点(筒泉)
15:00-15:45 臨床留学の意義:米国レジデンシーとその後(片山)
16:00-16:45 ワークショップ「英語で効果的な一行サマリーをつくろう」
16:45-17:00 閉会、アンケート記入、個人相談
講師:筒泉貴彦(高槻病院)、片山充哉(東京医療センター)、山田悠史(埼玉医科大学)
講師紹介:
筒泉貴彦
 ハワイ大学内科で研修
 帰国後、練馬光が丘病院、明石医療センターを経て現在高槻病院総合内科部長
 留学を志す若手医師のサポートを継続、この6年間で5名の国内外留学(4人:米国内科プログラム、1人:海軍病院)
 の橋渡しをしている 米国内科専門医
片山充哉
 ハワイ大学内科で研修
 サウスフロリダ大学感染症科フェロー
 帰国後、亀田総合病院を経て現在東京医療センター総合内科に所属
 米国内科専門医、米国感染症専門医、2018年亀田総合病院Teacher of the year award
山田悠史
 マウントサイナイ大学ベスイスラエルメディカルセンターで内科研修
 帰国後、埼玉医科大学総合診療内科、血栓止血センターに所属
 留学を志す若手医師のサポートを学内の医学生、研修医対象に開始
参加費:
ACP 会員 一般3000 円 / 初期・後期研修医2000 円 / 学生1000 円
ACP 非会員 一般6000 円 / 初期・後期研修医4000 円 / 学生2000 円
これから具体的に臨床留学を検討されている方も、少し興味があるが具体的にはまだ考えていないという方も、これが何かを掴むきっかけになるかもしれません。皆様、奮ってご参加ください。
参加をご希望の方は山田悠史(yujiyamada0402@gmail.com)までメールにてお申し込み下さい。お問い合わせも同メールアドレスまでお願いいたします。
ACP日本支部国際交流プログラム委員会(IEPC)

米国での臨床見学プログラムについてのお知らせ

国際交流委員会(IEPC)牧石徹也先生より、米国での臨床見学プログラムについてのお知らせを頂きました。ご興味のある方は奮ってご応募ください。(PRC委員 前田正彦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ACPの皆様
米国内科学会(ACP)日本支部国際交流プログラム委員会(IEPC)から米国での臨床見学プログラムについてのお知らせです。複数のMLに投稿しておりますので、重ねてお受け取りになられる方におかれてはどうぞご容赦下さい。
今回、日本でも長年臨床教育にたずさわっておられるDr. Herald Stein(スタイン先生)から、フロリダ大学医学部内科系サブスペシャリティーでの3週間のエクスターンシップ研修の機会を米国内科学会(ACP)日本支部の医師1名にご提供頂きました。
米国のトップレベルの臨床そして教育の現場を肌で感じることのできる貴重な機会です。今回は募集人数はお一人だけなのですが、ぜひ、ふるってご応募頂ければと思います。また、派遣に際してはACP会員であることが必要ですが、ご応募時に会員申請頂ければ大丈夫ですので、先生方の身の回りにご興味がおありの先生がおられれば是非ご共有頂けましたら幸いです。
何卒宜しくお願い致します。
米国内科学会(ACP)日本支部
国際交流委員会(IEPC)
牧石徹也
下記が募集要項となります。
========================================================
ACP日本支部 国際交流プログラム委員会(IEPC)主催
臨床見学プログラム2018 -2019
米国フロリダ州のUniversity of Florida, Department of Medicineの内科系専門科で,3週間のエクスターン研修ができます。現地でのプログラムを監修頂くのは日本でも長い指導歴をお持ちのDr. Jerald Stein(スタイン先生)です。米国の一流の内科系臨床研修プログラムを見学できる貴重な機会であり、将来米国での臨床研修を考えている若手医師、米国式臨床研修システムを日々の指導に取り入れたいと考えている指導医クラス、そして米国の臨床研修システムを肌で感じてみたい全ての方に最適です。当委員会メンバーが研修前から研修者をサポートします。
なお、このプログラムはACP日本支部とフロリダ大学医学部との契約に基づくものではなく、あくまでスタイン先生の「25年間の日本での指導を通じて得た友情に対する感謝の気持ち」として先生のご厚意によりACP日本支部会員へ提供されるものです。そのため、スタイン先生およびフロリダ大学医学部や見学科に対しての費用は発生しません。
(具体的には、スタイン先生は見学希望科の調整と、見学希望科のFacultyに参加者のメンターとなって頂く調整をして下さいます。)
スタイン先生の日本でのご活動については下記URLをご覧下さい。
見学の時期:2018年12月以降(研修先と日程を調整し決定します)
研修内容:エクスターン研修(基本的に見学のみとなります)
研修可能診療科:内科系診療各科(Hospital Medicine, Nephrology, Infectious disease, Rheumatology, Emergency Medicine, etc. )参加者が見学を希望する科に対してスタイン先生が直接交渉し調整されます。必ずしも希望する科を見学できる保証はありません。
見学期間:3週間
応募期間:2018年10月末募集締め切り
募集人数:1名
参加費用:飛行機代、現地滞在費、現地生活費は自己負担となります。研修先への費用はありません。
応募資格・要件:
  (1) ACP会員であること
  (2) 卒業後2~5年が目安ですが、学びたいという熱意があれば卒後年数は問いません
  (3) 一般的なコミュニケーション英語能力、医療英語能力がある方
  (4) 米国での臨床研修に目的意識を持って、意欲的に取り組んでいる方
  (5) 研修後、ACP日本支部での活動に積極的にご協力頂ける意志がある方
  (6) 渡米中の3週間は、毎週末、国際交流委員会へ研修内容をメールにてご報告頂くこと。臨床見学終了後は日本語でA4 1-2枚程度、英語で 500 -1000words程度の体験記をご提出頂くこと。
応募書類:
  (1) Curriculum vitae (CV) (英語で記載. Dr. Steinはもちろん、訪問先へも提出する可能性があります)
  (2) Personal Statement(PS) (英語で記載. Dr. Steinはもちろん、訪問先へも提出する可能性があります)
  (3) TOEFL(iBT)、IELTSなどの英語検定試験のスコアのコピー(任意)
  (4) USMLE step1、step2 CKの合格者はそのscore reportのコピー、step2 CSの合格者は合格証のコピー、ECFMG certificate保持者はそのコピー(任意)
  (5) ACP日本支部会員の確認書会員番号、会員の種類(member, associate member, fellowなど)を記載して提出してください。現在会員でない方は、応募時に会員申請頂ければ応募可能です。
応募方法:上記必要書類(PDF等のデジタルファイルにしたもの)を添付の上、下記宛にお送りください。
ACP日本支部事務局 office@acpjapan.org
選考方法:当委員会にて書類審査 。その後、書類審査通過者に対し委員による直接面談や電話・スカイプなどによる面接。
選考結果:書類選考結果については応募3週間以内に応募者本人へEmailにて通知します。面接に進まれる方とは、改めて面接の日時や方法等を調整します。
一般社団法人米国内科学会日本支部事務局
〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階
有限会社ビジョンブリッジ内
プログラム担当:
ACP日本支部国際交流プログラム委員会(IEPC)

High Value Care の Question をやってみました

Eliminate Healthcare Waste

American College of Physicians (ACP) 会員の先生方が無料で利用できる、ACP が提供する教材には様々なものがあります。その中の一つに High Value Careというものがあります。一言でいうと限られた医療資源(端的にはお金とヒトですね)をもっとも効率的に活用するためのアプローチです。

Home > Clinical Information > High Value Care > Resources for Clinicians > Online Interactive High Value Care Cases

この教材では、まず症例が提示され、検査や治療の方針を4つの選択肢から答えさせる形式です。はじめの「Eliminate Healthcare Waste」をやってみましたので、その感想を述べさせていただきます。

まず、尿検査ひとつ出すにもコスト意識を求め、自分自身の感覚が高コスト体質だったことに気づかされます。私的には「ひっかけ」じゃないかと思う様な設問もありました。ネタバレになるのが心配ではありますが、設問の中で自身の施設ではMRIが$4000だというのを確認させて、その上で、検査を選ばせます。それまで、高額な検査を選んで「不正解」を選んできていますので、金額にひるんでしまい、より安価な単純Xp撮影で後日フォローしようと思ったところ、その設問はもっとも高額なMRIが正解でした。他の検査をしても結局MRIをしないと結論が得られないので、初めからMRIで検査するのが最も効率的にリソースを使う事につながるという考え方の様です。それにしても、さまざまな面で環境の違いを感じる事が出来ました。

(PRC委員長 大島)

インド滞在記 その4(9/2)

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれ、滞在記その4を頂きました。今回が帰国までの最終回です。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その4(9/2)
いよいよ最終回です。
本日は学会最終日でした。発表も終えていたため、自分の興味のある講演を聞いていました。米国内科学会から来られたDr. Thomas Cooneyの講演はずば抜けていましたね。スライドの内容、発表の仕方など惹きつける力がすごかったです。
その後もフライト時刻ギリギリまで滞在し、帰国の途につきました。格安航空券ということもありデリー空港、香港空港でそれぞれ6時間待ちという長旅でしたがいずれの空港も非常に洗練されていて旅行の一部のような感じでした。

合計5日間の滞在でしたら非常に濃密な時間を過ごすことができました。
今回のインド滞在を通じて感じたことです。

ー世界は広い。日本にとどまっていては視野が狭くなる。
ーインドはすごいエネルギーに満ちている。
ー今回の学会の規模、質から見てもインドの医療は大変優れている。皆、当然英語での発表でしたし、学生が臨床研究をしているわけです。日本も負けていられない。

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。今後もIEPは世界に目を向けて活動していければと思います。
今回の投稿を通じてACP インド支部会議に興味を持たれた皆さんは、以下のサイトをご覧ください。写真がたくさんアップされています。

http://acpindiachapter2018.com

その中で高槻病院スタッフがハートを作っている写真があるので見つけてください。笑 みんなで作ったハートを患者に送ろう!というコンセプトです。それではまた!
(IEP 副委員長 筒泉)

インド滞在記 その3(9/1) 

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれ、滞在記その3を頂きました。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その3(9/1)
さて、いよいよ日本人組の発表の日です。まずは午前の部に筒泉が”Japanese medicine in super-aged society”という発表を20分、その後各国の重鎮達(なぜか筒泉が紛れ込んでいてかつAKBでいうところのセンター)と1時間のシンポジウム”Challenges & solution of medical practice”に参加しました。前者は超高齢社会日本における医学的問題点および取り組みについて話しました。ワクチンや医療体制などの問題点を各国においてどのように向き合っているかについて議論しました。緊張しましたが大変有意義な時間でした。午後は我らがボス、牧石先生による発表です。”Microalbumuniuria: Is an indication of RAAS blockaed in normal blood puressure?”のタイトルでこれまた20分の発表でした。いわゆる正常血圧、非糖尿病患者における微量アルブミン尿症例においてRAAS阻害剤の適応があるかどうか、と言う議論が必要なトピックについて日本腎臓内科専門医の立場から素晴らしい発表をしてくださいました。
二人とも発表後にインドならではの記念品を授与いただき、大変光栄でした。なかなかインドで発表をするという機会ってないですよね。笑 大変貴重な経験をさせていただきました。
発表後すぐに牧石先生は帰国の途につかれました。筒泉はもう1日残ります。せっかくのインドですので最終日も満喫しようと思います。(投稿:IEP副委員長 筒泉)

インド滞在記 その2(8/31)

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれ、滞在記その2を頂きました。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その2(8/31)
昨晩は夜遅くであったためよくわからなかですが、ホテルは非常に大きくてまるで宮殿のようでした。午前中は車で市内観光させていただきました。市内はホテルとは裏腹に市民の生活の困窮が伝わるものでした。停車時には子供がバクシーシ、と言ってお金をせがんできたり、訪ねたChota Imambaraという寺院では頼んでいないのにガイドをしてきて(しかも英語じゃない)、ガイド代を要求したりと日本ではなかなか味わえない体験でした。午後からは学会1日目でした。Hopital medicineがかなり発達してきていたことには驚かされました。学生のE-ポスターではほとんど臨床研究をしていたこと、もちろん発表が全て英語であったことも素晴らしいな、と思いました。夜は晩餐会があり、そこではインドの伝統服であるCHIKANをあらかじめ用意して着て行きました。会の途中で支部長から筒泉に日本の歌を歌ってくれという依頼(無茶振り?)があったためインドでも知られている「SUKIYAKI」を熱唱しておきました。大喝采です。
明日はいよいよ日本人組の発表です。緊張しています。    

インド滞在記 その1(8/30)

IEP(国際交流委員会)の、筒泉貴彦先生と牧石徹也先生が、ACPインド支部総会にゲストスピーカーとして 招かれておられます。これから4回に渡って滞在記を頂けるとのことで、本日はその一回目を頂きました。(PRC委員 前田正彦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド滞在記 その1(8/30)
みなさんこんにちは、IEP (国際交流委員会)です!
この度,ACPインド支部長のDr. Muruganathanのご厚意でIEP委員長の牧石先生と筒泉がゲストスピーカーとしてインドにご招待いただきました。初日は飛行機による移動で会場のLucknowに到着した時は真夜中でしたが迎えにきてくださっており、インドのホスピタリティを初日から強く感じました。今日から限定4日分のインド滞在記を報告いたしますのでお付き合いくださいね。
(投稿:IEP 副委員長 筒泉)

支部長挨拶

ACPは地球を救う!

 

ACP日本支部長 上野文昭

いまさらですが,ACPの存在価値はどこにあるのでしょうか.ACPには多くの優れた内科医,研修医,医学生が入会し,世界最大の医学系学術団体を構成しています.ACPはその会員に対し,豊富な教育リソースを提供しながら内科系医学の知識と技術の向上に寄与し,高い水準の医療で社会に貢献することを責務と考えています.ACPのミッションを達成するために,7つの具体的なゴールが明記されています.いずれも内科医の質の向上を目指したものですが,うち3つに”public”や”patients”というキーワードが含まれています.すなわちACPは会員だけを考えているわけではなく,よい内科医を育んで社会全体の健康を改善しようという意図を明らかにしています.最近変わったACPのロゴに,Leading Internal Medicine, Improving Livesというコピーがあります.後半部分にACPの強い意志が感じ取れます.

ほかの学会だって同じではないかという反論もあるでしょう.最先端の治療技術を開発し,学会員を適切に教育しているではないか.これが世の中のためでなくて何なんだという反論です.決定的に異なる点が2つあります.一つには他の学会はACPほど明確に社会のために活動するという意識や行動を前面に出していません.学会は学会員がその領域の学問を研究する場であるという認識が主体ではないでしょうか.ですから時折市民公開講座を主催することや患者向けガイドラインを作ることなどで,お茶を濁しているわけです.ACPの役員会議の議題の約半分は社会に関連したもので,少なくともACPのリーダーたちはこのゴールをしっかりと把握しています.

もう一つ忘れてはならない点があります.世界の医療はValue Based Medicineへと急速に舵を切り始めました.患者の価値観は重視されて当然ですが,患者を含めた社会の価値観も同様に大切です.つまりコストの問題です.医療資源は有限です.患者の自己負担だけでなく,社会全体の負担を真剣に考えないと,国の財政が破綻する恐れが出るほど医療費は高騰しています.これは一つの国だけでなく,われわれの地球が破滅する危険さえ感じられます.世の中の学会は新規診療技術の開発に没頭しています.一部の患者はその恩恵にあずかっていることは喜ばしいのですが,臨床応用された新しい高価な技術が医療費高騰の一因でもあります.多くの学会はそれぞれの分野の新規技術を何とか承認させて国庫負担にさせることで,学会の存在感をアピールしようとしているだけです.世の中も「新しい医療=よい医療」という勘違いに気づいていません.ACPの示している姿勢は正反対です.Value Based MedicineのACP流解釈がHigh Value Careであり,ここでは患者のアウトカム改善と同時にコスト意識が重視されています.ACPのHigh Value Care Initiativeは臨床医,教育者,患者に具体的なウェブ情報を提供し,コストを抑えたよい医療(多くは新しくはない)を実践することを支援しています.

ACPの活動は,医師を適切に教育し,患者と社会に貢献するだけでなく,さらに地球を救うことに繋がるのではないかという気がしてなりません.

 

Report from Dr Masao Nagayama about ACP 2018 and being a member of FACP

In participation to the ACP Convocation as a new FACP

 

Chair, Local Nomination Committee, ACP Japan Chapter

Professor, Department of Neurology

International University of Health and Welfare Graduate School of Medicine

Masao Nagayama, MD, PhD, FAAN, FACP, FNCS

 

Thanks to present and past Governors of the ACP Japan Chapter and Chair of the Credentials/Membership Committee, I could be a new FACP at the ACP Internal Medicine Meeting 2018 at New Orleans this April.

I am most honored to be a FACP because I used to point out the needs of broader coverage of patients and illnesses in the clinical practice, in contrast to the research activities. In my case, I am always trying to be a physician, and a generalist, rather than an internist, rather than a neurologist, rather than a critical care neurologist. Also, I am most pleased to be a FACP because I was involved in the project of the Japanese Society of Internal Medicine for the translation of the ABIM/ACP/EFIM Physician Charter and Medical Professionalism in 2002, and also in the project of creating the Physician Charter in Japan.

I would like to specific contribute to the ACP and ACP Japan Chapter as a FACP and a FAAN (Fellow of the American Academy of Neurology).