リンクサイトマップ

 消化管障害

平滑筋の障害により消化管運動(蠕動)も低下します。食べた物が便として排泄されるまでの時間は、一般には24時間程度といわれていますが、筋強直性ジストロフィーの患者様では72時間以上かかる方もおられます。咀嚼(そしゃく)筋が弱いため線維質の食べ物を避ける傾向が強いことや、腹筋の力が弱いためいきむ力が弱いことも一因です。

食道拡張や食道での通過障害のため食べた物が長時間食道にとどまっていることがあります。また、一度胃に入った食べ物が食道に逆流することもあります(胃食道逆流)。食後直ぐに横になると食道の中にたまった食べ物が喉まで上がって誤嚥することがあります。食後直ぐに横になることは避けましょう。

食べ物の通過時間が長いので、毎日排便していても便秘であることが多いことに注意しましょう。一般的な便秘対策(適度な運動、水分摂取など)で応用可能なものはできるだけ取り入れましょう。食物線維はパウダー(薬局で購入できます)などで補うことが可能です