脳腫瘍のできる場所

  • 脳のある部位には,ある腫瘍ができやすいということがあります
  • 脳腫瘍を場所で,名付けることがあります
  • これはあくまでも場所であって,手術の難しさを示すものです
  • 治療法を選ぶには,病理診断名の方が正確ですから,場所の名前ではなくて,病理診断名を聞いてください
それぞれの場所は解剖図で見て下さい(クリック)

 

松果体腫瘍(クリックするとみれます)

松果体実質腫瘍や胚細胞腫瘍などです

小脳橋角部腫瘍

聴神経腫瘍が大部分で,次いで髄膜腫です

下垂体腫瘍

下垂体腺腫が大部分で,次いでラトケのう胞頭蓋咽頭腫です

間脳下垂体腫瘍

視床,視床下部腫瘍と下垂体腫瘍を併せた呼び方で,内分泌障害を伴うのが特徴です

脳室内腫瘍

側脳室内にできた腫瘍をさします,中枢性神経細胞腫,毛様細胞性星細胞腫,脈絡叢乳頭腫,海綿状血管腫,などです

第4脳室腫瘍(クリックするとみれます)

髄芽腫,上衣腫,毛様細胞性星細胞腫,脈絡叢乳頭腫などです

第3脳室腫瘍

頭蓋咽頭腫,毛様細胞性星細胞腫,脈絡叢乳頭腫,コロイド嚢胞(内胚葉のう胞),その他のグリオーマなのですが,松果体腫瘍を含めることもあります

鞍上部腫瘍

第3脳室(視床下部)と下垂体の間にある腫瘍で,頭蓋咽頭腫胚細胞腫瘍です

脳幹部腫瘍(クリックするとみれます)

脳幹部グリオーマ,海綿状血管腫などです

 

Copyright (C) 2006-2017 澤村 豊 All Rights Reserved.