ライフサイエンスシンポジウム

[ Since 12/06/2012  th;


シンポジウム開催およびポスター発表募集のお知らせ
  • シンポジウムはどなたでも参加でき、参加費も無料ですので、ぜひご参加ください。
☆ポスター発表の登録資格
大学生(短大を含む)、大学院生、ポスドク、教育機関の教員、研究機関の研究者、高校生、高専生
ポスター発表に関する注意事項
  • ポスター掲示用のボードはW180cm x H120cm(1人分のスペースW90cm x H120cm)です。ボードの表に2枚、裏に2枚のポスターを並べて貼付ける予定です。
  • ポスター左上に,15cm x 15cm以上のポスター番号を貼るスペースを作ってください。
  • *ポスター作成には日本語を推奨しますが,英語でも構いません。
  • *当日は一般の方や専門外の方への説明の機会が多いと思われますので,英語でポスターを作成される場合には,日本語でのまとめの図や説明用資料を準備する等,できるだけご配慮をお願いします。
  • *ポスター発表者は当日の受付時間中(9:00-9:20)にポスターを貼り付けて下さい。
  • *奇数番がポスター発表(前半)の時間帯(10:50-12:00)に,偶数番がポスター発表(後半)の時間帯(13:00-14:10)にプレゼンテーションをして下さい。
     (ポスター番号は、PDF版要旨集 を参照ください。)
  • *閉会式終了後、各自ですみやかにポスターを回収してください。
  • *ポスター発表者(大学生および大学院生)には、投票によりポスター賞が授与されます。
  • 演題登録はこちらのサイトから2月19日までにお願いします。

     本ポスター発表では大学生および大学院生が発表する演題を対象として、投票によりポスター賞が授与されます。ポスター賞受賞者の上位3名には受賞者講演をして頂きます。ポスター賞受賞対象者の方は下記要領に従い、事前に発表スライドをメール添付にて御送りください。
    要領:
    1)受賞者講演用の発表スライド及び発表言語はできるだけ日本語でお願いします。
    2)ポスター賞の発表は当日のシンポジウム日程内(15:30〜)で行われ,引き続き受賞者講演が行われます(上位3名程度の予定)。
    3)ポスター賞受賞者講演用の発表データを2/19(月)19:00までに 堀池(shizuoka.seimeikagaku@gmail.com)までメール添付にてお送り下さい。
    4)「メールのタイトル」と「発表データファイル名」には、必ず半角英数で「19th_Name」(例:「 19th_Horiike 」)と書いて下さい。ポスター番号は生命科学若手フォーラムのホームページの要旨集からご確認ください。
    5)できるだけパワーポイントファイル(バージョン2010以降)かPDFファイルで作成してください。それ以外のファイル形式を希望の場合には,事前に堀池までメールでお問い合わせください。
    6)スライド5枚以内を目安にして作成して下さい。
    7)ファイルサイズをなるべく小さく(〜4MB)にしてください。
    8)発表時間は4分間となります。質疑応答はありません。発表時間を厳守してください。
    9)講演ファイルがない場合は受賞資格を失うこととなります。
問合先:
    大吉 崇文(静岡大学)  E-mail:



第19回 静岡ライフサイエンスシンポジウム
いのちのカタチ
<小さな世界を目で見てみよう>


日 時: 2018年3月4日(日)
場 所: 静岡大学 大学会館 大ホール
(〒422-8529 静岡市駿河区大谷836 交通アクセスキャンパス

★ポスター発表・シンポジウムともに参加費は無料です。
★昼食を兼ねて、昼の交流会(立食形式:一般・教員1000円、大学生500円、高校生無料)を行いますので、是非ご参加下さい。

プログラム:  (PDF版要旨集はこちらからダウンロードできます。
 9:00- 受付
 9:20-9:30 開会式
 9:30-10:10 講演1:「N結合型糖鎖プロセシング酵素と相同性を有する細菌由来酵素の構造と機能」
    宮崎 剛亜(静岡大学グリーン科学技術研究所)
 10:10-10:50 講演2:「薬はどこに行ったのか - 光る化合物と体内での動き -」
    浅川 倫宏(東海大学創造科学技術研究機構)
 10:50-12:00 ポスター発表(前半)
 12:00-13:00 交流会 (静岡大学大ホールの隣のセミナールーム)
 13:00-14:10 ポスター発表(後半)
 14:10-14:50 講演3:「細胞内のエネルギー通貨「ATP」の濃度を可視化する」
    今村 博臣(京都大学大学院生命科学研究科)
 14:50-15:30 講演4:「DNAオリガミを使った1分子の観察」
    遠藤 政幸(京都大学大学院理学研究科)
 15:30-16:10 講演5:「生命を司る分子を観る、操る新しいテクノロジー」
    山東 信介(東京大学大学院工学系研究科)
 16:10-16:40 ポスター賞発表および受賞者講演
 16:40-16:45 閉会式

主 催: 静岡生命科学若手フォーラム
共 催: 日本農芸化学会中部支部、静岡大学テニュアトラック普及定着事業
後 援: 静岡大学超領域研究推進本部、静岡理工科大学
問合先: 大吉 崇文(静岡大学理学部)
E-mail:
TEL:054-238-4760






過去のライフサイエンスシンポジウム
  タイトル 開催日
第1回 老化のメカニズムを探る −酵母からヒトまで− 2004年10月6日
第2回 環境ホルモンとは何か? 2005年1月31日
第3回 細胞の増殖と分化:細胞の運命のキーファクターを探る 2005年7月21日
第4回 植物ゲノム情報を利用した、遺伝子機能解析 2005年12月16日
第5回 染色体動態研究の最前線 2006年1月13日
第6回 植物のイソプレノイドと二次代謝産物研究 2006年2月10日
第7回 ドラえもんの道具 人間製造機は作れるか?
 〜発生生物学の現在〜
2006年3月1日
第8回 医学を支える生命科学の最前線 2007年1月10〜11日
第9回 共に生きる?
 −生物の共生メカニズムから知る生き残り戦略−
2008年3月5日
第10回 命をつむぐもの、命をつなぐもの
 −染色体の素顔−
2009年3月6日
第11回 生物のパワーはどこまで利用できるか
 −生物機能の活性化による有用物質生産−
2010年3月5日
第12回 いのちと自然のハーモニー
 「生命活動が与える地球環境へのインパクト」
  〜自然の回復力による環境の再生〜
2011年3月4日
第13回 明日、何を食べますか? 2012年3月17日
第14回 エネルギー、環境問題に立ち向かう微生物のパワー 2013年3月16日
第15回 健康を支える検出技術のフロンティア 2014年3月8日
第16回 ゲノムのチカラ - 遺伝子情報が拓く未来 - 2015年3月7日
第17回 光が拓く新たな生命科学の世界 2016年3月5日
第18回 化ける生物学 - 化学と生物学の融合 - 2017年3月5日




 ●ページトップへ●