ライフサイエンスシンポジウム

[ Since 12/06/2012  th;


静岡ライフサイエンスシンポジウムは新しいサイトに移行いたしました。



2023年3月5日の静岡ライフサイエンスシンポジウムは
対面開催することにいたしました。


静岡ライフサイエンスシンポジウム開催のお知らせ(今年はポスター発表を予定しています)
ポスター発表募集:
  • 高校生/大学生/大学院生/ポスドクによる生物学分野の研究発表を広く募集します。
  • 発表参加申込期限は2023/2/24(水)です。こちらのサイトから登録できます。
  • 問合先:
    後藤寛貴(静岡大学)  
    E-mail:



    第23回 静岡ライフサイエンスシンポジウム
    実験室だけじゃない
    〜 多様なフィールドで研究する生物学 〜


    日 時: 2023年3月5日(日)
    場 所: 静岡大学 静岡キャンパス 大学会館
    (キャンパスマップ)
    プログラム:
     09:00-09:30 受付
     09:30-09:40 開会のあいさつ
     09:40-__:__ 県内外のフィールド系研究者による講演
      09:40-__:__ 講演1:昆虫による植物操作:虫こぶの研究から紐解く植物の形態形成機構
        別所-上原 奏子 (東北大学)
      __:__-__:__ 講演2:日本の野生メダカ個体群から明らかになった新規性決定遺伝子の誕生機構
        明正 大純 (静岡県立大学)
      __:__-__:__ 休憩
      __:__-__:__ 講演3:海を臨む実験所、特殊な施設で行うホヤの受精研究
        齋藤 貴子 (静岡大学)
      __:__-__:__ 講演4:パワー x 遺伝学で追究する、大震災直後の急速な進化を駆動する要因
        細木 拓也 (国立遺伝学研究所)
     __:__-__:__ 大学院生/大学生/高校生の研究ポスター発表
     __:__-__:__ 大学進学相談ブース
     17:10-17:20 閉会のあいさつ

    主 催: 静岡生命科学若手フォーラム
    後 援: 静岡大学超領域研究推進本部
    静岡理工科大学
    問合先: 後藤寛貴(静岡大学)
    E-mail:
    TEL:054-238-4775






    過去のライフサイエンスシンポジウム
      タイトル 開催日
    第1回 老化のメカニズムを探る −酵母からヒトまで− 2004年10月6日
    第2回 環境ホルモンとは何か? 2005年1月31日
    第3回 細胞の増殖と分化:細胞の運命のキーファクターを探る 2005年7月21日
    第4回 植物ゲノム情報を利用した、遺伝子機能解析 2005年12月16日
    第5回 染色体動態研究の最前線 2006年1月13日
    第6回 植物のイソプレノイドと二次代謝産物研究 2006年2月10日
    第7回 ドラえもんの道具 人間製造機は作れるか?
     〜発生生物学の現在〜
    2006年3月1日
    第8回 医学を支える生命科学の最前線 2007年1月10〜11日
    第9回 共に生きる?
     −生物の共生メカニズムから知る生き残り戦略−
    2008年3月5日
    第10回 命をつむぐもの、命をつなぐもの
     −染色体の素顔−
    2009年3月6日
    第11回 生物のパワーはどこまで利用できるか
     −生物機能の活性化による有用物質生産−
    2010年3月5日
    第12回 いのちと自然のハーモニー
     「生命活動が与える地球環境へのインパクト」
      〜自然の回復力による環境の再生〜
    2011年3月4日
    第13回 明日、何を食べますか? 2012年3月17日
    第14回 エネルギー、環境問題に立ち向かう微生物のパワー 2013年3月16日
    第15回 健康を支える検出技術のフロンティア 2014年3月8日
    第16回 ゲノムのチカラ - 遺伝子情報が拓く未来 - 2015年3月7日
    第17回 光が拓く新たな生命科学の世界 2016年3月5日
    第18回 化ける生物学 - 化学と生物学の融合 - 2017年3月5日
    第19回 いのちのカタチ <小さな世界を目で見てみよう> 2018年3月4日
    第20回 身体づくりの分子メカニズム
     <細胞機能を支える「栄養・環境シグナル」の実体に迫れ>
    2019年3月2日
    第21回 生物学×情報学
     〜 コンピューターが加速させるバイオ研究の最前線 〜
    2021年2月28日
    第22回 生物はこんなこともできる
     〜 多様な生物の驚くべき能力の数々 〜
    2022年3月6日
    第23回 実験室だけじゃない
     〜 多様なフィールドで研究する生物学 〜
    2023年3月5日




     ●ページトップへ●