脳腫瘍の病理 brain tumor pathology

  • 病理組織診断とは,治療方針を決定するために腫瘍の種類を決めることです
  • 手術でとった腫瘍の断片を1mmの数十分の一に薄く切っていろいろな液体で染色します
  • 最近では,遺伝子の核酸 (RNAやDNA)を調べたり,染色体を調べたりもできます

snowflower

長嶋和郎の脳腫瘍病理教室

このページは,北海道大学病理学教室名誉教授 長嶋和郎先生,現札幌東徳洲会病院・病理部長の協力を得て作成しています


下の目次をクリックすると腫瘍病理の項目が開きます

2016年 WHO脳腫瘍病理分類

専門医試験に出そうなもの

髄膜腫 meningioma
神経鞘腫 schwannoma
びまん性星細胞腫 diffuse astrocytoma
膠芽腫 glioblastoma GBM
毛様細胞性星細胞腫 pilocytic astrocytoma
ジャーミノーマ germinoma
頭蓋咽頭腫 craniopharyngioma
中枢性神経細胞腫 central neurocytoma
血管芽腫 hemangioblastoma
上衣下腫 subependgymoma

稀な例

星細胞系腫瘍が放射線治療後に神経節細胞腫に分化?した例

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2006-2017 澤村 豊 All Rights Reserved.