本文へスキップ

日本渡航医学会 JSTH (Japanese Society of Travel and Health)

看護部会Nursing Professional Group


看護部会会長挨拶

 日本渡航医学会の前身である「海外渡航者の健康を考える会」の時代から看護部会の構築、 企画運営にご尽力された波川先生の後を引き継ぐことになりました。 はなはだ微力ではございますが、日本渡航医学会看護部会の発展に誠心誠意努めて参りたいと存じます。 引き続きご協力を頂けます様どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 さて2020年はオリンピック・パラリンピック開催に向け、東京を中心に日本中が訪日する外国人を迎える体制を整えている折に、 世界的な新型コロナウィルス感染症拡大の問題に直面することになりました。 国際間を移動する人々の医療、健康支援に携わっている看護職の皆様も、各々の現場で対応に追われております。
 日本渡航医学会看護部会には、トラベルクリニック、産業保健、学校保健、地域保健、検疫、国際医療活動、 在日・訪日外国人医療、教育・研究など多岐にわたる分野で活躍する看護職が現在200名いらっしゃいます。2020年度に関しては、 まず新型コロナウィルス感染症に関し、皆さんが現場で経験したことや課題を共有し、 各分野の看護職、またすべての看護職の皆様との交流を通じた連携に取り組んでいます。 この様な活動を通じ、渡航看護・Travel Health Nursingの既存の役割から「New Normal」な時代における役割も明確化されていくことと思います。 またCompetencyモデルの設計、システマティックかつICTを活用した教育機会のなどにも引き続き取り組んで参ります。
 国際間を移動する人々の医療、健康支援に携わっている看護職、また業務上部分的にでも海外渡航者や在日・訪日外国人医療などに携わっている方、 またこの領域に興味のある方など、是非ご入会頂き、日常の情報交換、そしてご自身のスキルアップにご活用頂きたいと思います。

2020年10月
サトウ菜保子

目的:

 日本渡航医学会の目的・事業の趣旨に沿って、看護職の活動を通して海外渡航者の健康に関する諸問題に取り組み、海外渡航者の健康増進に関わる看護職の知識・技能の向上・発展に努めるとともに看護職の交流を深めることを目的とします。

主な活動:

1. 看護部会・看護職交流会の開催
2. 看護職セミナーの開催
3. 渡航医学・看護等に関する調査研究
4. 部会員の人材育成
5. 国際交流の推進
6. 広報活動
7. その他、看護部会の目的達成に必要な活動

トラベルヘルスナーシング: キャリア・コンピテンシー開発
英国看護協会(RCN)ガイダンス(2012年度版)

発行:看護部会翻訳チーム

新型コロナウィルス感染症禍における看護職の経験(2021年3月版)

     

看護部会の入会について

看護部会入会の希望者は、日本渡航医学会会員の看護職に限ります。
日本渡航医学会の入会申し込み時に看護部会入会を行ってください。

 ホームページからのお申し込みはこちらから
※“その他情報”入力欄“看護部会入会希望有無”で“希望する”を選択してください。

メールで入会申し込みをする場合は、こちらをご参照ください。

既に日本渡航医学会会員の看護職の方で、これから看護部会に参加される場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。



看護部会 トップページ
看護部会のこれまでのあゆみ・活動実績
看護部会規定
看護部会運営委員

バナースペース

日本渡航医学会

〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル 編集室なるにあ内

tramedjsth@narunia.co.jp

FAX 03-3818-0554

index.htmlへのリンク