災害医学・抄読会


 愛媛大学救急医学教室では1995年度から,第5年次および6年次の学生に臨床実習(いわゆるポリクリ)を行うことになりました。この実習のプログラムの1つとして,災害医学に関連した論文の抄読会を行っています。医学生として,また将来は医師として,様々な大災害や危機的な状況に遭遇することがあるかも知れません。その時にそれぞれの境遇の中でしっかりとした役割が果たせるよう,災害に対する心構えを持っていてほしいと願っています。


発信開始 1995年10月1日、最終更新 2018年12月9日、アクセス数(2015年1月21日〜)  課題文献

目 次
今年度の資料

(宇和海とたわわに実った蜜柑)

過去の資料

 2017年度2016年度
 2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度 
 2010年度2009年度2008年度2007年度2006年度 
 2005年度2004年度2003年度2002年度2001年度 
 2000年度1999年度1998年度1997年度1996年度 
 1995年度


181201.御嶽山噴火による噴石外傷の経験
(白子隆志、日救急医会誌 2016;27:770-775)

181202.熊本大震災に関わる日本救急医学会専門医指定施設の活動状況アンケート調査報告
(日本災害医学会広報委員会、日救急医会誌 2017;27:118-121)

181203.防災の思想とは何か/バックアップ用発電機が動かない
(柳田邦夫、「想定外」の罠、東京、文藝春秋社、2011、p.195-203)

181204.洪水等の特性と避難対応の実態
(末次忠司、事例からみた水害リスクの減災力、東京、鹿島出版会、2016、13-19)

181205.この避難所「ビックパレットふくしま」で命を失った方は一人も出ませんでした。それが一番の誇りです。
(井坂 晶、海堂尊・監修:救命 東日本大震災、医師たちの奮闘、東京、2011、 63-84)

181206.鳥取県における高原病性鳥インフルエンザ(H5N1亜型)発生時の住民健康監視および大雪による住民健康監視
(石田 茂ほか、日本集団災害医学会誌 2012;17:351-356)


181113.「災害医学」からみた「救急医学」
(太田宗夫、日救急医会誌 2009;20:101-15)

181114.4日間の有効な実地訓練を背景に実災害へのDMAT出場が短時間で行えた経験
(丹野 克俊ほか、日救急医会誌 2007;18:769-774)

181115.国際災害救援医療の現状と課題
(鵜飼 卓、日救急医会誌 2008;19:1069-1079)

181116.自然災害と公衆衛生活動−阪神・淡路大震災時の対応
(後藤 武、公衆衛生 69: 445-448, 2005)

181117.日本のような先進国で身元不明者がいるなんて絶対に許せません
(江澤庸博、海堂尊・監修:救命 東日本大震災、医師たちの奮闘、東 京、2011、131-156)

181118.臨界事故 東海村からの警鐘/巨大システムの死角
(柳田邦夫、「想定外」の罠、東京、文藝春秋社、2011、p.128-137)


181107.医療がないと人は離れていく。医療が立ち上がれば安心する。
(石本幹人、海堂尊・監修:救命 東日本大震災、医師たちの奮闘、東 京、2011、182-210)

181108.横浜市「大さん橋」で集団発症した熱中症の対応と今後の課題
(森 浩介ほか、日本集団災害医学会誌 2018;23:1-7)

181109.院内災害訓練の振り返りと現状 これからの動向を考える
(市原利彦ほか、日本集団災害医学会誌 2018;23:8-13)

181110.福島第一原発事故は「組織事故」―参議院経済産業委員会での意見陳述
(柳田邦夫、「想定外」の罠、東京、文藝春秋社、2011、p.35-55)

181111.八幡浜市医業務継続計画(BCP)下 p.7-18, 2018年3月

181112.東日本大震災における災害拠点病院のエレベーター被害 日本エレベーター協会の協力による調査結果とこれからの対策
(久志本成樹ほか、日本救急医学会雑誌 2013;24:51-57)


181101.3・11「想定外」の虚構−問われる専門家の想像力
(柳田邦夫、「想定外」の罠、東京、文藝春秋社、2011、p.14-30)

181102.八幡浜市医業務継続計画(BCP)上 p.1-6, 2018年3月

181103.フライトナースの活動 2
(坂田久美子ほか、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす版、2015、p.122-125)

181104.個人希望による災害医療学習会の運営とその効果
(武内有城ほか、日本集団災害医学会誌 2011;16:57-63)

181105.心の問題で自殺する人を一人でも減らしたい
(旭 俊臣、海堂尊・監修:救命 東日本大震災、医師たちの奮闘、東京、2011、84-104)

181106.水道施設の地震に対する安心度指標の研究
(小川雄二郎、災害情報 No.2, 2004, 71-80)


181007.巨大直下型地震の衝撃
(柳田邦夫、「想定外」の罠、東京、文藝春秋社、2011、p243-262)

181008.多人数参加型シミュレータによる電子トリアージシステムの有効性検討
(野上大樹ほか、日本集団災害医学会誌 2011;16:8-18)

181009.フライトナースの活動 I
(藤尾政子、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.118- 121)

181010.Jヴィレッジにおける放医研と医療関係者との連携
(宮後法博ほか、Mook 6 放射線災害と医療II、医療科学社 2012、p.125-130)

181011.「ユニットリレー方式」による非常食リフト訓練
(田中晴美ほか、日本集団災害医学会誌 2014;19:54-59)

181012.コミュニテイの再構築に向けたリハビリテ−ション−福島県浪江町への災害リハビリテ−ション支援活動の報告−
(河野 眞ほか、日本集団災害医学会誌 2017;22:199-204)


181001.地震はいかに隠されたのか 一 東南海地震
(木村玲欧、戦争に隠された「震度7」、東京、吉川弘文館、2014、p.6-18)

181002.ドクターヘリでの医療−現場活動と医療機関の連携
(松本 尚、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.110- 115)

181003.東日本大震災に対する日本医科大の対応−武蔵小杉病院、多摩永山病院
(畝本恭子・二宮宣文ほか、日医大医会誌 2011; 7(S): 53-61)

181004.ニッポンの高齢者医療が危ない−大震災で露呈した在宅医療・介護の不備
(日経メディカル2012年11月特別増刊、p.86-93)

181005.イタリア赤十字社主催のCBRN研修への参加体験
(遠藤 聖、日本集団災害医学会誌 2017;22:245-251)

181001.自然災害と公衆衛生活動−震災後のメンタルヘルスを考える、ほか
(山野井尚美ほか、公衆衛生 2005; 69: 457-464)


180908.阪神・淡路大震災 1戦後平和を引き裂く直下地震
(五百旗頭 誠イオキベマコト:大震災の時代、東京、毎日新聞出版、2016、79- 92)

180909.ドクターヘリ内での医療
(荻野隆光、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.101- 109)

180910.DMATによるマラソン大会での救護活動の効果
(仁平悦世ほか、日本集団災害医学会誌 2013;18:219-226)

180911.文部科学省の被ばく医療研修
(山本尚幸、Mook 6 放射線災害と医療II、医療科学社 2012、p.69-76)

180912.東日本大震災に対する日本医科大の対応−看護師・薬剤師の立場から
(周藤和美ほか、日医大医会誌 2011; 7(S): 35-41)

180913.高澤伸一さんの場合−福井集中豪雨
(小林明子、訪問看護と介護 2005; 10(2): 162-168)


180901.関東大震災 1地震発生のメカニズム
(五百旗頭 誠イオキベマコト:大震災の時代、東京、毎日新聞出版、2016、23-32)

180902.東日本大震災に対する日本医科大の対応−千葉北総病院など
(田中宣威ほか、日医大医会誌 2011; 7(S): 23-34

180903.航空機による患者搬送に必要な航空医学
(日本航空医療学会・監修、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.96-100)

180904.にちなんおろち100kmマラソンの救護体制10年を振り返って
(渡辺勝也ほか、日本集団災害医学会誌 2013;18:142-149)

180905.放医研の被ばく医療研修
(立崎英夫、Mook 6 放射線災害と医療II、医療科学社 2012、p.63-68)

180906.国内の自主防災活動の評価に関する文献検討
(浅野泰貴ほか、日本災害看護学会誌 2017; 19: 25-35)


180708.大震災の時代 はじめに
(五百旗頭 誠イオキベマコト:大震災の時代、東京、毎日新聞出版、2016 7-22)

180709.東日本大震災に対する武蔵小杉病院、多摩永山病院の対応
(黒川顕・二宮宣文、日医大医会誌 2011; 7(S): 14-22

180710.首都直下地震における東京都島しょ地域の間接被害と地域防災計画の盲点
(城川雅光ほか、日本集団災害医学会誌 2017;22:274-279)

180711.III 固定翼機による患者搬送(経験と今後の展望)
(日本航空医療学会・監修、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.88-94)

180712.平成19年2月14日「八甲田山前獄山頂付近で発生した雪崩災害」調査報告書
(日本集団災害医学会特別調査委員会、日本集団災害医学会誌 2010;15:231-270)

180713.ワークショップによる災害時遺族支援に関する効果的な研修企画についての検討
(久保田千景ほか、日本災害看護学会誌 2017; 19: 15-24)

180714.災害時の口腔ケア
(迫田綾子、訪問看護と介護 2005; 10(2): 157-161)


180701.首都直下地震/帰宅困難者問題
(矢作征三、巨大災害に立ち向かうニッポン、東京、社会評論社、2015、p.216-230)

180702.東日本大震災に対する日本医科大学救急医学教室の取り組み
(増野智彦ほか、日医大医会誌 2011; 7(S): 43-52

180703.東日本大震災 医療支援の反省点/医療再建、青写真描けず
(NIKKEI MEDICAL 2012.03 p.112-117)

180704.ドクターヘリシステム概論・下
(日本航空医療学会・監修、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.78-85)

180705.北イラク戦傷外科病院の現状
(中出雅治、日本集団災害医学会誌 2011;16:97-103)

180706.東日本大震災と原子力発電所事故の災害経験と看護基礎教育に与えた影響の実態―福島県の看護教員への調査から―
(木下美佐子ほか、日本災害看護学会誌 2017; 19: 3-14)

180707.見附市における豪雨災害と新潟県中越地震に関する報告
(小坂井保子、訪問看護と介護 2005; 10(2): 95-101)


180608.アイシーエスで緊急対応力を強化する(1)
(矢作征三、巨大災害に立ち向かうニッポン、東京、社会評論社、2015、p.131-144)

180609.都市部に立地する総合病院の災害における弱点―休日発災にどう対応するか―
(中出雅治ほか、日本集団災害医学会誌 2011;16:75-79)

180610.ドクターヘリシステム概論・中
(日本航空医療学会・監修、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.70-78)

180611.ルポ 東日本大震災 奮闘する医療現場
(NIKKEI MEDICAL 2011.05 p.59-67)

180612.弘前大学におけるコメディカルを中心とした被ばく医療教育について
(柏倉幾郎、Mook 6 放射線災害と医療II、医療科学社 2012、p.55-62)

180613.平成27年度関東東北豪雨災害における初動調査―病院避難における活動状況―
(城戸口親史ほか、日本災害看護学会誌 2017; 19: 47-51)

180614.順天堂医院が主催した災害訓練概要の紹介
(柳川洋一ほか、日本集団災害医学会誌 2013;18:150-154)


180601.私たちは平和ボケに陥っていないか
(矢作征三、巨大災害に立ち向かうニッポン、東京、社会評論社、2015、p.29-39)

180602.震災医療 成果と反省 Part1.明らかになった災害関連疾患の実態
(日経メディカル特別増刊 2012.3 p.104-111)

180603.ドクターヘリシステム概論・上
(日本航空医療学会・監修、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.65-70)

180604.大規模地震災害と透析医療
(倉持 元ほか、日本災害看護学会誌 2011; 16: 27-34)

180605.パネルディスカッション:緊急被ばく医療における人材育成と人材確保
(衣笠達也ほか、Mook 6 放射線災害と医療II、医療科学社 2012、p.94-97)

180606.東日本大震災における石巻市遊楽館福祉避難所の活動報告
(赤井健次郎ほか、日本集団災害医学会誌 2017;22:252-258)

180607.災害急性期における看護師が行う遺族支援についての効果的な研修計画についての検討
(久保田千景ほか、日本災害看護学会誌 2017; 19: 36-46)


180508.東日本大震災の津波震災
(「TSUNAMI」改訂委員会 編、TSUNAMI−津波から生き延びるために、丸善プラネット、2016、13-26)

180509.ドクターヘリの感染対策/ドクターヘリの費用
(日本航空医療学会・監修、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす出版、2015、p.59-63)

180510.堀内義仁:病院BCP作成の手引き【災害拠点病院用】(平成29年3月版)
http://www.med.tottori-u.ac.jp/emergency/files/31255.pdf

180511.東京電力福島第一原子力発電所事故への医療対応
(大津留 晶、安村誠司・編:原子力災害の公衆衛生、東京、南山堂、2014、12-17)

180512.東日本大震災から学んだ災害時の感染に関する提言
(宮城ICNネットワーク世話人会、感染防御 9: 209-225, 2012)

180513.本当に役立つ「防災訓練」とは!?
(高橋 洋:予防時報2007、8-13、2007)

180514.心のケアの専門家だから傷つかないわけではないんです
(桑山紀彦、海堂尊・監修:救命 東日本大震災、医師たちの奮闘、東京、2011、35-61)


180501.過酷な「想定外」の事態に備える−首都直下地震
(矢作征三、巨大災害に立ち向かうニッポン、東京、社会評論社、2015、p.206-216)

180502.東日本大震災における付属病院の対応
(福永慶隆:日本医科大学医学会雑誌 7:(suppl.1) 6-11, 2011)

180503.ドクターヘリ運行一般
(関口英男、日本航空医療学会・監修、ドクターヘリハンドブック、東京、へるす版、2015、p.50-59)

180504.福島第一原子力発電所事故による地域社会と医療への影響
(及川友好:保健医療科学 62: 172-181, 2013)

180505.海外医療支援チームにおけるコーディネーションの実際 ネパール地震2015
(中出雅治:日本集団災害医学会誌 2017; 22: 267-273)

180506.手術室震災マニュアルの見直しと訓練実施による危機管理の向上/手術室ポケットマニュアルの作成に向けての取り組み
(山村 恵、與儀士文:OPE nursing 27: 92-99, 2012)

180507.東日本大震災時のA県の市町村における他地域住民への保健師活動の実態
(白木裕子ほか:日本災害看護学会誌 15: 38-46, 2014)


災害医療コーディネータ・ホ−ムペ−ジへ