トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

宮城県立こども病院での写真展開催

宮城県立こども病院での写真展開催(2012年2月12日〜26日)

写真展「ハッピーバースデイ3.11〜あの日,被災地で生まれた11人の子どもたちと家族の物語〜」が,2月12日より26日まで宮城県立こども病院内で開催されました.ようやく実現にまで漕ぎつけました.多くの方に強い印象を残したようです.

下の写真のお母さんとお子さんは,3月11日に当院で生まれた方でもうすぐ1歳です.電気が来ない寒くて暗い病室で,頻繁に起こる余震を心配しながら帝王切開後の日々を過ごしました.赤ちゃんは地震1週間後まで手術を待ちましたが,今はすっかり元気に育っています.

2月10日付け読売新聞全国版夕刊で,当院で開かれている「ハッピーバースデイ3.11」写真展を紹介していただきました.

抱っこされている瑞季ちゃんは来月誕生日を迎えます.5か月のときの写真である右のパネルと比べるともう赤ちゃんではありませんね.

--------------------------------------------------------------------

ご意見,ご感想などがありましたら,ぜひメールでお寄せ下さい
アドレスはmurotsukiにyahoo.co.jpをつけたものです

東日本大震災後のわれわれの活動記録 にもどる

フロントページにもどる

カウンタ 1727 (2013年3月12日より)