びまん性正中グリオーマ diffuse midline glioma

  • MRIで,頭の真ん中に境界がはっきりしないにじむような腫瘍がみえたときに疑います
  • WHOの分類では,diffuse midline glioma, H3 K27M-mutantといいます
  • histone H3-K27Mという遺伝子に変異を有しているグリオーマです
  • 小児と若年成人の中枢神経の真ん中に発生するのでこの呼び名がつきました
  • 視床下部,視床,橋,脊髄に発生します
  • びまん性橋膠腫(橋グリオーマ,DIPG)がほとんどを占めますので,橋グリオーマのところを読んでください
  • 橋グリオーマと同じ臨床像ですから治療方法も同じです
  • 橋に発生するものの年齢中央値は7歳くらい,視床や脊髄のものが20歳を超えます
  • とても悪性度の高いグリオーマで,予後不良です
  • 様々な病理組織像を示してHE染色では診断ができません

midlinegliomass
20代の若い患者さんの延髄下端のdiffuse midline gliomaです,組織診断ではanaplastic astrocytomaでした

病理像は? なんでもあり

以下のような部分像を示します
gliomas with giant cells, epithelioid and rhabdoid cells, primitive neuroectodermal tumor (PNET)-like foci, neuropil-like islands, pilomyxoid features, ependymal-like areas, sarcomatous transformation, ganglionic differentiation, and pleomorphic xanthoastrocytoma (PXA)-like area

グリオーマならなんでも混じってよいということですから,遺伝子診断しないとわかりません

IDH1 mutationとEGFR amplificationはありませんが,まれにco-occurred with BRAF-V600E mutationがあります。p53 over expressionとATRX loss (except in pontine gliomas)とmonosomy 10が認められることは多いです。

文献

Solomon DA, et al.: Diffuse Midline Gliomas with Histone H3-K27M Mutation: A Series of 47 Cases Assessing the Spectrum of Morphologic Variation and Associated Genetic Alterations. Brain Pathol 10, 2015

文字の大きさ変更

ホームページ内検索

Copyright (C) 2006-2017 澤村 豊 All Rights Reserved.