ご遺族に関わる医療、心理関係者の方へ

複雑性悲嘆の治療について

複雑性悲嘆治療のメタアナリシス(Wittouck et al, 2011)では、複雑性悲嘆に対して有効だと考えられている治療法は、いずれも複雑性悲嘆をターゲットにデザインされた個人の認知行動療法です。代表的な治療としてShearら(2005, 2014)、Boelenら(2007)、Wagnerら(2006)、Bryantら(2014)が開発した認知行動療法があげられます。Wagnerらの治療法は、インターネットを用いて行うため、治療場所が遠い遺族などが利用することが可能です。

これらの治療は、悲嘆や複雑性悲嘆に対する心理教育、死別体験への曝露、故人の思い出の整理、故人のいない世界への適応の要素が含まれています。現在、私たちは、Shear博士の開発した複雑性悲嘆のための心理療法(Complicated Grief Treatment, CGT)を日本の臨床現場に即した形に改良した日本版CGT(J-CGT)の効果研究を行っています。この治療については本HPにて研究参加の情報を提示しています。

複雑性悲嘆に対する薬物療法の研究も行われています。三環系抗うつ薬ではうつ症状の改善はありましたが、悲嘆の症状には改善が見られませんでした(Pasternak et al., 1999)。また、近年SSRI(escitalopram)(Zisook et al., 2001)やSNRI(bupropion)(Hensly et al., 2009)を用いて行われた研究では、抑うつ症状だけでなく複雑性悲嘆症状の改善が見られました。しかし、これらの研究はすべてオープントライアルであるため、薬物療法の効果が十分検証されたとは言えない段階です。2016年にShearらが、シタロプラム(SSRIの1つ)とCGT、praceboの組み合わせによるRCTの結果を報告していますが、その研究ではシタロプラムの複雑性悲嘆症状への効果は見られませんでした。