がんの在宅療養 地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクトfacebook

がん患者さんのためのチーム医療と地域連携の推進に向けた取り組み 阪神緩和薬物療法ネットワーク学術講演会 2022

資料・アンケートを掲載しました(2022年6月29日)。
研修会は終了しました。後日、資料・アンケート・開催記録を掲載する予定です(2022年6月7日)。

【アンケート結果】
当日のアンケートの結果をご覧いただけます。

「がん患者さんのためのチーム医療と地域連携の推進に向けた取り組み 阪神緩和薬物療法ネットワーク学術講演会 2022」参加者アンケート PDF

日時: 2022年6月7日(火)18:30~20:00
  会場とオンラインのハイブリッド開催(Zoomウェビナーを使用)
場所: 市立芦屋病院
(兵庫県芦屋市朝日ケ丘町39−1)

プログラム
【座長】 岡本 禎晃(市立芦屋病院 薬剤科部長)
【特別講演】 ●がん患者さんのためのチーム医療と地域連携の推進に向けた取り組み
渡邊 清高(帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科)PDF
【ディスカッション】  

開催概要は、以下の通りです。

詳細は、ちらし(PDF)をご参照ください。

対象: 医療・介護・福祉・行政従事者、患者さんの療養支援に関わっている方
参加費: 無料
定員: 200名
共催: 尼崎市薬剤師会
阪神緩和薬物療法ネットワーク
後援: 日本がんサポーティブケア学会
取得単位: 日本薬剤師研修センター(1単位)
日本緩和医療薬学会(1単位)

この研修会は、日本癌治療学会/ファイザーの医学教育助成金「がん患者のためのチーム医療・地域医療連携の推進に対する取り組み」の助成を受けて開催しました。

【アンケート調査のお願い】
  • 研修前と終了後に簡単なアンケートにご協力をお願いします。
    本研修会は日本癌治療学会/ファイザーの医学教育助成金「がん患者のためのチーム医療・地域医療連携の推進に対する取り組み」の助成を受けた研究の一環となっております。
    お手数ですが、アンケートにご協力くださいますようお願い申し上げます。
    アンケートはお申し込み後ご案内します(市立芦屋病院倫理委員会承認)。
掲載日:2022年05月19日  更新日:2022年06月29日
アンケートにご協力ください
「がんの在宅療養」ウェブサイトについて、あなたのご意見・ご感想をお寄せください。
アンケートページへアンケートページへ