会則,規則

試験問題作成委員会規程














第1条

日本実験動物医学専門医協会(以下、協会)の試験問題作成委員会(以下、問題作成委員会)
は、認定筆記試験の問題作成及び試験後の採点を行うことを目的とする。

第2条
理事会の下に問題作成委員会をおく。

2 問題作成委員会に委員長と副委員長をおく。

3 委員長は委員会を掌理し、副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故があるときはその職
務を代行する。

第3条
問題作成委員会の委員、委員長及び副委員長は実験動物医学専門医(以下、専門医)の中か
ら理事会において決定し、会長が委嘱をする。

2 委員長は専門医の中から委員を選出する。

3 委員、委員長及び副委員長の氏名は公表する。

第4条
問題作成委員会委員の選考のため、専門医は次項の10の出題分野のうち3分野を選択して登録
する。但し、選考にあたっては、1)、2)及び5)、6)はそれぞれまとめて1つの分野と見なされ
る。

2 出題分野は次のとおりであり、各論A及び各論BをA及びBとする。

1) 形態的特徴A 2) 機能的特徴A 3)遺伝育種A 4)感染症・一般疾病A 5)形態的特徴B
6)機能的特徴B 7)感染症・一般疾病B 8)実験手技・麻酔・鎮痛・術後管理AB 9)発生工学
AB 10)環境・動物福祉・法規AB

3 登録及び登録の変更は協会総務部宛に行う。

第5条
問題作成委員会委員の任期は3年とし、毎年、1/3ずつ改選を行う。委員会に以下の3つのグル
ープを置き、改選はグループごとに行う。

第1グループ 1) 形態的特徴A 6)機能的特徴B 7)感染症・一般疾病B 10)環境・動物福
祉・法規AB

第2グループ 2)機能的特徴A 4)感染症・一般疾病A 8)実験手技・麻酔・鎮痛・術後管理AB 9)
発生工学AB

第3グループ 5) 形態的特徴B 3)遺伝育種A 7)感染症・一般疾病B(あるいは4)同A) 10)
環境・動物福祉・法規AB

第6条
問題作成委員会委員は分野の如何にかかわらず原則として二期連続して選考されてはならな
い。ただし、登録された専門医の数が少ない分野において二期連続することがやむを得ない
場合にはこのかぎりではない。

第7条
問題作成委員会は、毎年、専門医から試験問題を募集することが出来る。

第8条
問題作成委員会は、専門医から提出された試験問題数を更新時単位認定のために認定委員会
へ報告する。

第9条
問題作成委員会は、専門医から募集した問題と委員自らの作成した問題を合わせて最終問題
を作成する。

第10条
問題作成委員会は、作成した試験問題を試験実施委員会へ送付する。

第11条
問題作成委員会は、試験実施後、試験実施委員会から送付された答案用紙を採点する。

第12条
問題作成委員会は、試験問題と解答を試験問題検討委員会に送付し、試験問題の内容の妥当
性を検証してもらう。

第13条
問題作成委員会は、試験実施後、試験問題と解答を専門医全員に送付し、不適切な問題等の
指摘を受ける。

第14条
問題作成委員会は、試験問題検討委員会及び専門医全員からの試験問題に関する指摘を考慮
し、最終的な解答と採点の結果を理事会に報告する。

2 問題作成委員会は、理事会にて実験動物医学専門医の更新及び新実験動物医学専門医が確
認された後に、試験問題と解答を一般に公開する。

第15条
本規程による活動に関する旅費支払いは、日本実験動物医学専門医協会旅費規程に準じて行
う。

付記
本規定の改廃は理事会の決定による。

本規定は平成16年4月4日から施行する。

平成22年9月16日一部改正。

日本実験動物医学会から日本実験動物医学専門医協会に移管され平成24年9月15日一部改正。平成25年5月1日 大幅改正(試験小委員会から試験問題作成委員会への改組、及び試験実施を試験実施委員会へ業務譲渡)に伴い、以下の移行措置を講ずる。

(1)平成22~25年の委員を第2グループ、平成24~27年の委員(本改正で平成24~26年に変更)を第1グループとし、平成25年の試験に向けて平成25~27年の第3グループを選考する。

(2)改正時の第1グループに属する「3 遺伝育種A」担当委員は平成26年までおかれ、それ以降は選考しない。

(3)改正時第3グループの「5 形態的特徴B」担当委員には、平成25年に第2グループ「5 形態的特徴B」担当委員の後任として選考された委員をあてる。





2016年10月30日記載。


学術集会,規則の改正等,更新リスト
(2015年以降)

  1. 2017年4月1日付のJCLAM名簿更新,2017年5月25日。
  2. 平成29-30年度 JCLAM専門医認定審査・専門医資格更新の案内,2017年3月31日。
  3. 過去5年間のウエットハンド講習会の開催情報を記載,2017年3月31日。
  4. 新JCLAM名簿ダウンロード用pdfファイルの添付, 2017年2月1日。
  5. 過去試験問題(第1回〜第15回,模擬試験)の添付,2017年2月1日。
  6. 認定規則の改正,2016年9月23日。
  7. 運用規程の改正,2016年5月25日。
  8. 第159回 日本獣医学会学術集会,日本実験動物医学会開催,日本大学生物資源科学部(藤沢),2016年9月6日〜8日。
  9. 日本実験動物医学専門医認定試験(The certification test for the Diplomate of the JCLAM)実施,2016年9月4日。
  10. 第63回 日本実験動物学会(The meeting of JSVS)開催,ミューザ川崎シンフォニーホール,2016年5月18日〜20日。
  11. 実験動物の移動に関する声明(Statement about "Laboratory Animal Transportation” )を発表,2015年11月15日。
  12. げっ歯類の胎児・新生児の鎮痛・麻酔および安楽死に関する声明(Statement about sedation, anesthesia, and euthanasia in a rodent fetus and newborn;第2版、2015年)を発表,2015年8月11日。
  13. 第158回 日本獣医学会学術集会,日本実験動物医学会開催,北里大学獣医学部,2015年9月6日〜8日。
  14. 日本実験動物医学専門医認定試験(The certification test for the Diplomate of the JCLAM)実施,2015年9月6日。
  15. 第62回 日本実験動物学会(The meeting of JSVS)開催,京都テルサ,2015年5月28〜30日。



2017年5月25日記載。