会則,規則

委員会運営細則









1.日本実験動物医学専門医協会に以下の委員会をおく。
 
委員会 任務
認定委員会 実験動物医学専門医の認定審査、認定に関わる事項
試験問題作成委員会 試験問題の作成、答案の採点に関わる事項
試験問題検討委員会 試験問題の妥当性の検討に関わる事項
試験実施委員会 認定試験の実施に関わる事項
学術委員会 JCLAMフォーラム、シンポジウム開催に関わる事項
研修委員会 ウェットハンド研修会開催に関わる事項
国際渉外委員会 IACLAM、国際組織との関係構築・維持に関わる事項
レジデントプログラム委員会 JCLAMレジデントプログラムに関わる事項
将来検討委員会 JCLAMの未来ビジョン・ミッション作成に関する事項


2. 第1項で定めた委員会のほか、理事会が必要と認めた場合、ワーキンググループを設置する。また、総務部は委員会と同格の組織として位置付ける。

3. 各委員会(ワーキンググループを含む、以下同)は委員長と複数の委員から構成する。委員長の裁量により、副委員長を任命することができる。

4. 各委員会の委員長には理事が就任し、委員長の任期は理事の任期と同一とする。

5. 第 4項の例外として、認定委員会、試験問題作成委員会および試験問題検討委員会の委員長および委員については、任期開始年度の認定業務終了後から任期終了年度の認定業務終了までを任期とする。

6.各委員会の所属委員の任期は委員長と同一とする。

7. 各委員会の委員長は理事会に担当業務の進捗について報告する。

8. 各委員会は、年 1回以上委員会を開催する。また、日常の業務遂行のためメーリングリストあるいは掲示板を利用する。メーリングリスト・掲示板の設定は総務部が行う。

9. 理事会のメーリングリスト・掲示板には各委員長が登録される。ただし、認定委員会、試験問題作成委員会および試験問題検討委員会については、総会にて新理事(委員長)就任が決定した後も当該年度の認定業務が終了するまでメーリングリストへの登録を継続する。(理事会細則第 4項の適用)

10.本細則の改廃は理事会の議決による。


附則
1.本細則は 2019年6月1日より発効する。


2020年10月19日記載。