会則,規則

会則









(名称)
第1条
本会は日本実験動物医学専門医協会〔Japanese College of Laboratory Animal Medicine (JCLAM)〕と称する。

(組織)
第2条
本会は非営利の教育、研究、学術団体である。

(目的)
第3条
本会は実験動物の健康・医学ならびに福祉に関する研究、教育の推進およびその普及を行う。
2.本会は日本実験動物医学専門医(Diplomate of Japanese College of Laboratory Animal Medicine)の認定を行う。
3.本会は実験動物医学専門医が相互に研鑚し、専門情報の交換を行うことを目的とする。

(会員)
第4条
本会正会員は、日本実験動物医学専門医個人とする。
2. 本会正会員は、日本実験動物医学会会員でなければならない。
3.本会正会員は日本実験動物医学専門医であり、名誉実験動物医学専門医および生涯実験動物医学専門医は含まれない。

(資格)
第5条
会員となるためには規約に定めた必要事項をすべて満たさなければならない。

(役員)
第6条
本会に次の役員をおく。

1)理事若干名
2)監事2名
2.役員の任期は3年とし、再任を妨げない。
3.理事は会員の選挙により選出し、総会で任命する。選挙細則は別に定める。
4.理事は互選により会長、副会長および総務部長を選任する。
5.監事は理事会が会員より選出し、総会で任命する。ただし理事は監事を兼ねることができない。

(理事会)
第7条
理事会は会長、副会長、総務部長およびその他の理事により構成する。

2.理事会は本会の執行機関として、会務を行う。

(運用規程)
第8条
本会の運用に関しては別に定める。

(改定)
第9条
本会則改定に関する提案は2名以上の正会員連名で提案する。

2.提案事項を総会で決定する。

(附則)
本会則は2012年4月1日より施行する。

2015年10月30日記載。


学術集会,規則の改正等,更新リスト (2015年以降)


  1. 2017年4月1日付のJCLAM名簿更新,2017年5月25日。
  2. 平成29-30年度 JCLAM専門医認定審査・専門医資格更新の案内,2017年3月31日。
  3. 過去5年間のウエットハンド講習会の開催情報を記載,2017年3月31日。
  4. 新JCLAM名簿ダウンロード用pdfファイルの添付, 2017年2月1日。
  5. 過去試験問題(第1回〜第15回,模擬試験)の添付,2017年2月1日。
  6. 認定規則の改正,2016年9月23日。
  7. 運用規程の改正,2016年5月25日。
  8. 第159回 日本獣医学会学術集会,日本実験動物医学会開催,日本大学生物資源科学部(藤沢),2016年9月6日〜8日。
  9. 日本実験動物医学専門医認定試験(The certification test for the Diplomate of the JCLAM)実施,2016年9月4日。
  10. 第63回 日本実験動物学会(The meeting of JSVS)開催,ミューザ川崎シンフォニーホール,2016年5月18日〜20日。
  11. 実験動物の移動に関する声明(Statement about "Laboratory Animal Transportation” )を発表,2015年11月15日。
  12. げっ歯類の胎児・新生児の鎮痛・麻酔および安楽死に関する声明(Statement about sedation, anesthesia, and euthanasia in a rodent fetus and newborn;第2版、2015年)を発表,2015年8月11日。
  13. 第158回 日本獣医学会学術集会,日本実験動物医学会開催,北里大学獣医学部,2015年9月6日〜8日。
  14. 日本実験動物医学専門医認定試験(The certification test for the Diplomate of the JCLAM)実施,2015年9月6日。
  15. 第62回 日本実験動物学会(The meeting of JSVS)開催,京都テルサ,2015年5月28〜30日。



2017年5月25日記載。