タグ記事一覧

タグ「告知後」の記事一覧

がんの知識と就労継続

白血病にも種類があります。私が罹患した「慢性骨髄性白血病」は世間一般のイメージ(急性骨髄性白血病など)と異なり、直ちに入院治療を必要とするわけではありませんでした。 診断名が付いた日のことです。自宅に戻ると妻が…

続きを読む

がん告知と転職活動

告知背景 前の仕事をやめようと思い、転職活動を開始しましたが、前職で受けていた健康診断で要精密検査という結果が出ていたので、転職活動中に病院を訪れたのがきっかけでした。 告知日と転職先との出会い 何度か病院に通…

続きを読む

両親なりのエール

私は一人っ子で、両親と3人で住んでいます。診断の4年前から症状がありましたが、原因が分からず、症状があることに慣れてしまい、家族もさほど気に留めることなく生活していました。 その後、乳がんの診断を受けました。一…

続きを読む

会えなくなるの?

私が脳腫瘍で入院した時、息子は7歳、娘は3歳でした。 「大きくなると脳幹の圧迫をきたし生命に関わるので今のうちに摘出したほうがよい」との主治医の説明を受け入院が決まってからは、自分の治療よりも子どもの生活をどう…

続きを読む

保育園への伝え方

告知されて誰に伝えるか迷いました。職場の方々たちは否応なしに知っていることですから・・・ 子どもたちは保育園に通っていたので行事との兼ね合いもあり保育園の担任や園長には今後のことを考えて伝えました。今現在も、職…

続きを読む

幼い子どもを抱えて、がん宣告を受けた…

33歳の時、突然急性骨髄性白血病の告知を受けました。子どもはまだ5歳と6歳。自分のこともですが、何より頭をよぎったのは二人の子どものことでした。病気のことをどういえばいいのか?どんなにごまかしても明日からは即入…

続きを読む

目を背けたい

がんが発覚したのは29歳の春。病理検査が確定するまで、少しだけ時間が与えられていた。その間、私は、これ以上ないってくらい一生懸命に仕事をし、仲間とたくさん笑い、栄養をつけるためにいっぱい食べた。なぜって、なぜっ…

続きを読む

病名を告げられることによる心への影響

がんと診断された時、信じられない気持ちになったり、自分のことではないような感覚になったりしたかもしれません。あるいは、「なぜ僕が・・・」、「なぜ私が・・・」と思われたかもしれません。これらの反応は、病気の診断後…

続きを読む