研究(調査)

長崎県立大学シーボルト校に来てからの調査一覧です。

調査一覧

結核の伝播経路調査

大阪市を中心として、結核の伝播経路を、疫学情報および遺伝子を用いて追跡していく。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)調査

宮崎県で始められた重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の調査で、特定健診において対象者を集め、過去に罹患した方や、不顕性感染者を探し、抗体保有者割合を調べる。

長与での日程

2018年2月9日~10日
9日に研修会を行い、調査者の訓練を行い、10日の特定健診で調査を行う。