研究

研究紹介のページです。

研究分野

感染症と人、環境の関係を感染症伝播のシミュレーションモデルを作り明らかにしていくことを目標としています。卒論でインフルエンザと学級閉鎖の関係、修士論文でフィリピンミンドロ島の日本住血吸虫症の伝播についての研究を行いました。博士論文では、中国の日本住血吸虫症感染とヒトの行動について研究し、この研究を通してどのようなデータがシミュレーションモデルの構築に有用か考えるきっかけとなりました。

博士論文
Schistosoma japonicum infection and time allocation studies of the behaviors associated with water contact in a rural village, the Dongting Lake region, China
修士論文
Estimates of the control strategies of schistosomiasis japonica in the Mindoro Island, Philippines: An analysis using the agent-based simulation model
卒業論文
インフルエンザの流行に対する学級閉鎖の効果の数理モデルによる検証

発表論文

  1. Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, and Shigeyuki Kawa: Effectiveness of vaccination and wearing masks on seasonal influenza in Matsumoto City, Japan, in the 2014/2015 season: An observational study among all elementary schoolchildren, Prev Med Rep., 5: 86-91 (2017)
  2. Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, Shigeyuki Kawa: Prospective epidemiological evaluation of seasonal influenza in all elementary schoolchildren in Matsumoto City, Japan, in 2014/2015, Japanese Journal of Infectious Diseases, advpub (2016)
  3. Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoichiro Horii, Yuko Yamano, Yoshiki Kuroda, Toshio Nakadate: Quantitative effects of a declaration of a state of emergency on foot-and-mouth disease, Environ Health Prev Med, 21 (4): 237-47 (2016)
  4. Yoshihiro Yoshino, Shouhei Takeuchi, Takahiko Katoh, and Yoshiki Kuroda: XPC intron11 C/A polymorphism as a risk factor for prostate cancer, Environ Health Prev Med, 21 (2): 100-104 (2016)
  5. Ippei Shiotsuki, Takeshi Terao, Nobuyoshi Ishii, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda, Kentaro Kohno, Yoshinori Mizokami, Koji Hatano, Sanshi Tanabe, Masayuki Kanehisa, Noboru Iwata, Shinya Matusda: Trace lithium Is inversely associated with male suicide After Adjustment of Climatic Factors, Journal of Affective Disorders, 189: 282-6 (2016)
  6. Yukari Taniyama, Arisa Nakamura, Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda: Shift-work disorder and sleep-related environmental factors in the manufacturing industry, Journal of UOEH, 37 (1): 1-10 (2015)
  7. Yukari Taniyama, Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda: PER1 polymorphism associated with shift work disorder, Sleep and Biological Rhythms, 13 (4): 342-7 (2015)
  8. Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Naoki Maehara, Yoshiki Kuroda: The genotype of the transporter associated with antigen processing gene affects susceptibility to colorectal cancer in Japanese, Environ Health Prev Med, 19 (4): 265-70 (2014)
  9. 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀: 人口構造の変化が感染症の流行に与える影響:宮崎県の事例, 民族衛生, 80巻 (1): 17-22 (2014)
  10. 吉野喜裕, 竜田庸平, 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀: 夜間勤務にたずさわる介護労働者の血圧変動と身体状況調査, 九州農村医学会誌, 22巻: 21-5 (2013)
  11. Shouhei Takeuchi, Takahiko Katoh, Takenori Yamauchi, Yoshiki Kuroda: ADRB3 Polymorphism Associated with BMI Gain in Japanese Men, Experimental Diabetes Research, vol. 2012, (2012)
  12. 竹内昌平, 黒田嘉紀: 地方中規模都市における新型インフルエンザ流行の数理モデルによる予測-空き病床数の推移と予防接種の効果について-, 日本衛生学雑誌, 65 (1): 48-52 (2010)
  13. Shouhei Takeuchi, Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, Moji Kazuhiko, Ohtsuka Ryutaro, Chiho Watanabe: Behaviors associated with water contact and Schistosoma japonicum infection in a rural village, the Dongting Lake region, China, Tropical Medicine and Health, 34 (3): 117-23 (2006)

学会発表

  1. Shouhei Takeuchi: The estimation of R0 of influenza from the infectious diseases weekly reports by the public health centers in Miyazaki Prefecture, The 12th Japan-Korea International Nursing Conference (Nagasaki) (2017)
  2. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀, 梅崎昌裕: 1kmメッシュごとの人口に対する接触頻度に基づく基本再生産数の推定, 第86回日本衛生学会 (2016)
  3. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 人口構造の変化と感染症の流行, 第85回日本衛生学会 (2015)
  4. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 接触行動を用いた基本再生産数推定方法の他地域への応用に関する研究, 平成27年度日本産業衛生学会九州地方会学会 (2015)
  5. Shouhei Takeuchi, Takenori Yamauchi, Yoshiki Kuroda: A model based study of the optimal control of infectious diseases for small working groups, 31th International Congress on Occupational Health (Korea) (2015)
  6. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 宮崎県における今後の人口変化の予測と従属人口指数の変化, 第84回日本衛生学会 (2014)
  7. 竹内昌平, 山内武紀, 坂本龍彦, 黒田嘉紀: 九州4県における県単位のインフルエンザ(H1N1)2009の基本再生産数の推定と宅地面積を用いた人口密度との相関について, 第86回日本産業衛生学会 (2013)
  8. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 船越弥生, 黒田嘉紀: 感染症の伝播に関するヒトとヒトの接触行動の特徴について, 平成24年度日本産業衛生学会九州地方会学会 (2012)
  9. 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀: 感染症の伝播に関するヒトとヒトの接触行動の特徴, 第85回日本産業衛生学会 (2012)
  10. 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀: 新型インフルエンザの基本再生産数を活用するために~県単位の基本再生産数の推定~, 第84回日本産業衛生学会 (2011)
  11. 竹内昌平(発表), 黒田嘉紀: 感染症の流行に関するヒトとヒトの接触行動研究, 第80回日本衛生学会 (2010)
  12. 竹内昌平(発表): ジオコーデッドされたデータを用いた数理モデル研究, 『地域研究と空間情報科学』研究会 (2010)
  13. 竹内昌平(発表), 黒田嘉紀: 感染症の流行に関するヒトとヒトの接触行動の研究, 第20回日本数理生物学会 (2010)
  14. 竹内昌平(発表), 黒田嘉紀: 新型インフルエンザ流行時の医師による重症患者のトリアージが流行に与える影響 -病院の空き病床数による考察-, 第82回日本産業衛生学会 (2009)
  15. 竹内昌平(発表), 門司和彦, Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, 渡辺知保, 大塚柳太郎, 黒田嘉紀: 中国湖南省洞庭湖周辺集落における日本住血吸虫症感染と村民の行動のリスク評価, 平成20年度日本産業衛生学会九州地方会学会 (2008)
  16. Shohei Takeuchi, Kazuhiko Moji(発表), Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, ChihoWatanabe, and Ryutaro Ohtsuka: Time allocation study in endemiology of schistosomiasis japonica in the Dongting Lake, China, 41st Annual US-Japan Joint Conference on Parasitic Diseases (2007)
  17. 竹内昌平(発表), Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, 門司和彦, 大塚柳太郎, 渡辺知保: Behaviors associated with water contact and Schistosoma japonicum infection in a rural village, the Dongting Lake region, China, 第47回日本熱帯医学会・第21回日本国際保健医療学会合同大会 (2006)
  18. 竹内昌平(発表), 中澤港, 梅崎昌裕, 渡辺知保: インフルエンザの流行に対する学級閉鎖の効果の数理モデルによる検証, 感染症理論疫学研究大会 2006 - 数理疫学・数理生態学・数理統計学の融合 (2006)
  19. 竹内昌平(発表): フィリピン・ミンドロ島における日本住血吸虫症対策の推計: エージェントベースのシミュレーションモデルによる分析, 熱帯疫学における観察データと複数数理モデルの対峙 (2004)
  20. 竹内昌平(発表): インフルエンザの流行に対する学級閉鎖の効果の数理モデルによる検証, 第66回日本民族衛生学会 (2001)