研究

研究紹介のページです。

研究分野

感染症と人、環境の関係を感染症伝播のシミュレーションモデルを作り明らかにしていくことを目標としています。卒論でインフルエンザと学級閉鎖の関係、修士論文でフィリピンミンドロ島の日本住血吸虫症の伝播についての研究を行いました。博士論文では、中国の日本住血吸虫症感染とヒトの行動について研究し、この研究を通してどのようなデータがシミュレーションモデルの構築に有用か考えるきっかけとなりました。

博士論文
Schistosoma japonicum infection and time allocation studies of the behaviors associated with water contact in a rural village, the Dongting Lake region, China
修士論文
Estimates of the control strategies of schistosomiasis japonica in the Mindoro Island, Philippines: An analysis using the agent-based simulation model
卒業論文
インフルエンザの流行に対する学級閉鎖の効果の数理モデルによる検証

発表論文

  1. 湯浅正洋, 竹内昌平, 山下絵美, 澤村弘美, 島田良子, 坂本薫, 冨永美穂子: 牡蠣生産地の若年者における牡蠣類の特徴の認知度調査. 日本家政学会誌 in press (2022)
  2. Katsuhisa Omagari, Miku Uchida, Yumeno Tagawa, Mizuki Yogo, Kae Inagaki, Ryoko Hongo, Shouhei Takeuchi, Kazuhito Suruga, Kazunori Koba, Mayuko Ichimura-Shimizu, Koichi Tsuneyama: Influence of fasting time on hepatic lipid metabolism in Sprague-Dawley rat model of nonalcoholic steatohepatitis. Journal of Nutritional Science and Vitaminology, (In Press)
  3. 斎藤 正也, 竹内 昌平, 山内 武紀, 内田 満夫: COVID-19流行動態の再構成による メタ・ポピュレーションモデルの記述性能評価. 統計数理, 70 (1), 59-68 [PDF]
  4. Naoya Fujiwara, Tomokatsu Onaga, Takayuki Wada, Shouhei Takeuchi, Junji Seto, Tomoki Nakaya, Kazuyuki Aihara: Analytical estimation of maximum fraction of infected individuals with one-shot non-pharmaceutical intervention in a hybrid epidemic model. BMC Infectious Diseases, 22, 512. (2022) doi:10.1186/s12879-022-07403-5 [Web]
  5. Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Mitsuo Uchida, Masaya Saito, Akatsuki Kokaze: The association between the dynamics of COVID-19, related measures, and daytime population in Tokyo. Scientific Reports, (2022) 12:3063 doi:10.1038/s41598-022-06716-4 [Web]
  6. 竹内昌平, 加藤幸辰, 大澤得二: プラナリアの無性生殖に認められた自切に関する研究. 長崎県立大学看護栄養学部紀要, 20, 115-119. (2022) [Web]
  7. Naomi Kozaka, Shouhei Takeuchi, Nobuyoshi Ishii, Takeshi Terao, Yoshiki Kuroda: Association between lithium in tap water and suicide mortality rates in Miyazaki prefecture. Environ Health Prev Med, 25, 26. (2020) doi:10.1186/s12199-020-00865-6 [Web]
  8. Mitsuo Uchida, Shouhei Takeuchi, Masaya-Masayoshi Saito, Hiroshi Koyama: Effects of influenza vaccination on seasonal influenza symptoms: A prospective observational study in elementary schoolchildren in Japan. Heliyon. (2020) 6(2): e03385 doi:10.1016/j.heliyon.2020.e03385 [Web]
  9. Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yuko Yamano, Yoshiki Kuroda, Toshio Nakadate: Estimation of the effective reproduction number of influenza based on weekly reports in Miyazaki Prefecture. Scientific Reports. (2019) 9:2539 doi:10.1038/s41598-019-39057-w [Web]
  10. Kaori Yamamoto, Shouhei Takeuchi, Junji Seto, Akira Shimouchi, Jun Komukai, Atsushi Hase, Hiromi Nakamura, Kaoru Umeda, Yuki Hirai, Kenji Matsumoto, Jun Ogasawara, Takayuki Wada, Taro Yamamoto: Longitudinal genotyping surveillance of Mycobacterium tuberculosis in an area with high tuberculosis incidence shows high transmission rate of the modern Beijing subfamily in Japan. Infection, Genetics and Evolution. (2018), pii: S1567-1348(18)30714-7. doi: 10.1016/j.meegid.2018.09.014. [Web(PDFはお問い合わせください。)]
  11. Sweta Koirala, Masayuki Nakano, Hiroaki Arima, Shouhei Takeuchi, Tomo Ichikawa, Takayuki Nishimura, Hiromu Ito, Basu Dev Pandey, Kishor Pandey, Takayuki Wada and Taro Yamamoto: Current health status and its risk factors of the Tsarang villagers living at high altitude in the Mustang district of Nepal. Journal of Physiological Anthropology. (2018), doi:10.1186/s40101-018-0181-y [PDF]
  12. J. Seto, T. Ikeda, S. Tanaka, K. Komabayashi, Y. Matoba, Y. Suzuki, S. Takeuchi, T. Yamauchi and K. Mizuta: Detection of modified measles and super- spreader using a real-time reverse transcription PCR in the largest measles outbreak, Yamagata, Japan, 2017 in its elimination era. Epidemiology and Infection. 146(13), 1707-1713. doi:10.1017/S095026881800211X [Web (PDFはお問い合わせください。)]
  13. Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, and Shigeyuki Kawa: High vaccination coverage is associated with low epidemic level of seasonal influenza in elementary schools: an observational study in Matsumoto City, Japan. BMC Infect Dis., 18(1): 128 (2018) [PDF]
  14. Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, and Shigeyuki Kawa: Effectiveness of vaccination and wearing masks on seasonal influenza in Matsumoto City, Japan, in the 2014/2015 season: An observational study among all elementary schoolchildren. Prev Med Rep., 5: 86-91 (2017) [PDF]
  15. Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, Shigeyuki Kawa: Prospective epidemiological evaluation of seasonal influenza in all elementary schoolchildren in Matsumoto City, Japan, in 2014/2015. Japanese Journal of Infectious Diseases, 70 (3): 333-339 (2017) [PDF]
  16. Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoichiro Horii, Yuko Yamano, Yoshiki Kuroda, Toshio Nakadate: Quantitative effects of a declaration of a state of emergency on foot-and-mouth disease. Environ Health Prev Med, 21 (4): 237-47 (2016) [PDF]
  17. Yoshihiro Yoshino, Shouhei Takeuchi, Takahiko Katoh, and Yoshiki Kuroda: XPC intron11 C/A polymorphism as a risk factor for prostate cancer. Environ Health Prev Med, 21 (2): 100-104 (2016) [PDF]
  18. Ippei Shiotsuki, Takeshi Terao, Nobuyoshi Ishii, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda, Kentaro Kohno, Yoshinori Mizokami, Koji Hatano, Sanshi Tanabe, Masayuki Kanehisa, Noboru Iwata, Shinya Matusda: Trace lithium Is inversely associated with male suicide After Adjustment of Climatic Factors. Journal of Affective Disorders, 189: 282-6 (2016) [Web]
  19. Yukari Taniyama, Arisa Nakamura, Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda: Shift-work disorder and sleep-related environmental factors in the manufacturing industry. Journal of UOEH, 37 (1): 1-10 (2015) [PDF]
  20. Yukari Taniyama, Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda: PER1 polymorphism associated with shift work disorder. Sleep and Biological Rhythms, 13 (4): 342-7 (2015) [PDF]
  21. Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Naoki Maehara, Yoshiki Kuroda: The genotype of the transporter associated with antigen processing gene affects susceptibility to colorectal cancer in Japanese. Environ Health Prev Med, 19 (4): 265-70 (2014) [PDF]
  22. 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀: 人口構造の変化が感染症の流行に与える影響:宮崎県の事例. 民族衛生, 80巻 (1): 17-22 (2014) [PDF]
  23. 吉野喜裕, 竜田庸平, 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀: 夜間勤務にたずさわる介護労働者の血圧変動と身体状況調査. 九州農村医学会誌, 22巻: 21-5 (2013) [PDF]
  24. Shouhei Takeuchi, Takahiko Katoh, Takenori Yamauchi, Yoshiki Kuroda: ADRB3 Polymorphism Associated with BMI Gain in Japanese Men. Experimental Diabetes Research, vol. 2012, (2012) [ Web]
  25. 竹内昌平, 黒田嘉紀: 地方中規模都市における新型インフルエンザ流行の数理モデルによる予測-空き病床数の推移と予防接種の効果について-. 日本衛生学雑誌, 65 (1): 48-52 (2010) [PDF]
  26. Shouhei Takeuchi, Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, Moji Kazuhiko, Ohtsuka Ryutaro, Chiho Watanabe: Behaviors associated with water contact and Schistosoma japonicum infection in a rural village, the Dongting Lake region, China. Tropical Medicine and Health, 34 (3): 117-23 (2006) [PDF]

その他の成果物

  1. RECNA-Nagasaki University, Asia Pacific Leadership Network, Nautilus Institute, "PANDEMIC FUTURES and NUCLEAR WEAPON RISKS," December 2020(参加者として)[Web]

学会発表

  1. 石橋聡, 木山明香里, 黒川桜, 長尾福乃, 山下知輝, 田口奈美, 荒木鈴奈, 永山千尋, 竹内昌平, 植村(石見)百江, 飛奈卓郎. 乳酸閾値強度と動脈硬化パラメーターの関係 -ABIとCAVIの関係-. 第77回日本体力医学会大会, 2022年9月, オンラインのみ
  2. 荒木鈴奈, 中峯かほり, 冨賀(髙江)理恵, 橋爪美那, 竹内昌平, 久米こころ, 田口奈美, 石橋聡, 山下知輝, 松川碧允, 奥村ほのか, 田中杏佳, 飛奈卓郎. 固形物と飲料の混合摂取が胃内容排出速度に与える影響. 第69回日本栄養改善学会学術総会, 2022年9月, 岡山
  3. 山本香織, 橋本美穂, 蒲田脩圭里, 米田佳美, 永石真知子, 吉田英樹, 小向潤, 松本健二, 和田崇之(会員外研究協力者:竹内昌平). 24領域のVNTR型別における1領域違いの検討. 第97回日本結核・非結核性抗酸菌症学会, 2022, 旭川
  4. 和田崇之, 山本香織, 瀬戸順次, 小向潤, 松本健二, 橋本美穂, 蒲田脩圭里, 米田佳美, 永石真知子, 吉田英樹(会員外研究協力者:竹内昌平). 大阪市結核分子疫学データから見る菌株系統と患者年齢構成および伝播傾向. 第97回日本結核・非結核性抗酸菌症学会, 2022, 旭川
  5. Tatsuki Fukuie, Shouhei Takeuchi, Masaya M. Saito, Reiko Adachi, Hiroshi Akiyama, Yoshinari Suzuki, Yukihiro Ohya, and Hirohisa Saito. Analysis of Clinical Food Allergen Thresholds by Comparing Threshold Dose Distributions. AAAAI 2022, 2022.
  6. 竹内昌平, 山内武紀. 新型コロナウイルス感染症の実効再生産数の推定とその注意点. 第86回日本健康学会, 2021, オンライン(神戸).
  7. 竹内昌平, 石見百江, 飛奈卓郎. 高齢者の買い物状況および年齢と生活行動圏に関する研究. 第85回日本健康学会, 2020, オンライン(東京).
  8. 山口智美, 竹内昌平. 大学生における栄養成分表示に関心があることと良好な食生活の関連について. 第79回日本公衆衛生学会, 2020, オンライン(京都).
  9. 中谷友樹, 山本香織, 竹内昌平, 瀬戸順次, 翁長朝功, 藤原直哉, 和田崇之. 結核患者のゲノム変異上の近さと地理的近接性の関連 -大阪市病原体情報を用いた解析-. 第30回日本疫学会, 2020, 京都.
  10. 山内武紀, 竹内昌平, 宮川三平, 山野優子. 小学校におけるインフルエンザ流行の伝播状況について(第2報). 第30回日本疫学会, 2020, 京都.
  11. 竹内昌平(発表): ヒトの接触行動と人口構成から求めた基本再生産数と人口密度の関連について. 第84回日本健康学会, 2019, 長崎.
  12. 竹内昌平(発表): 人口構造が感染症流行リスクに与える影響の検討. 第78回日本公衆衛生学会, 2019, 高知.
  13. 竹内昌平(発表), 山内武紀: 将来人口推計を用いた都市部と地方における感染症流行リスクの検討. 第77回日本公衆衛生学会, 2018, 郡山.
  14. 山本香織, 中谷友樹, 竹内昌平, 小向潤, 青木理恵, 松本健二, 吉田英樹, 山本太郎, 和田崇之: 大阪市における社会経済的指標を用いた結核発生状況の地域差. 第77回日本公衆衛生学会, 2018, 郡山.(最優秀ポスター賞)
  15. 竹内昌平(発表): 宮崎県における感染症週報を用いたインフルエンザの基本再生産数の推定. 第88回日本衛生学会, 2018, 東京.
  16. Shouhei Takeuchi(発表): The estimation of R0 of influenza from the infectious diseases weekly reports by the public health centers in Miyazaki Prefecture. The 12th Japan-Korea International Nursing Conference, 2017, Nagasaki.
  17. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀, 梅崎昌裕: 1kmメッシュごとの人口に対する接触頻度に基づく基本再生産数の推定. 第86回日本衛生学会, 2016, 旭川.
  18. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 人口構造の変化と感染症の流行. 第85回日本衛生学会, 2015, 和歌山.
  19. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 接触行動を用いた基本再生産数推定方法の他地域への応用に関する研究. 平成27年度日本産業衛生学会九州地方会学会, 2015, 鹿児島.
  20. Shouhei Takeuchi(発表), Takenori Yamauchi, Yoshiki Kuroda: A model based study of the optimal control of infectious diseases for small working groups. 31th International Congress on Occupational Health, 2015, Korea
  21. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 宮崎県における今後の人口変化の予測と従属人口指数の変化. 第84回日本衛生学会, 2014, 岡山.
  22. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 坂本龍彦, 黒田嘉紀: 九州4県における県単位のインフルエンザ(H1N1)2009の基本再生産数の推定と宅地面積を用いた人口密度との相関について. 第86回日本産業衛生学会, 2013, 松山.
  23. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 船越弥生, 黒田嘉紀: 感染症の伝播に関するヒトとヒトの接触行動の特徴について. 平成24年度日本産業衛生学会九州地方会学会, 2012, 福岡.
  24. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 感染症の伝播に関するヒトとヒトの接触行動の特徴. 第85回日本産業衛生学会, 2012, 名古屋.
  25. 竹内昌平(発表), 山内武紀, 黒田嘉紀: 新型インフルエンザの基本再生産数を活用するために~県単位の基本再生産数の推定~. 第84回日本産業衛生学会, 2011, 東京.
  26. 竹内昌平(発表), 黒田嘉紀: 感染症の流行に関するヒトとヒトの接触行動研究. 第80回日本衛生学会, 2010, 仙台.
  27. 竹内昌平(発表): ジオコーデッドされたデータを用いた数理モデル研究. 『地域研究と空間情報科学』研究会, 2010, 京都.
  28. 竹内昌平(発表), 黒田嘉紀: 感染症の流行に関するヒトとヒトの接触行動の研究. 第20回日本数理生物学会, 2010, 北海道.
  29. 竹内昌平(発表), 黒田嘉紀: 新型インフルエンザ流行時の医師による重症患者のトリアージが流行に与える影響 -病院の空き病床数による考察-. 第82回日本産業衛生学会, 2009, 福岡.
  30. 竹内昌平(発表), 門司和彦, Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, 渡辺知保, 大塚柳太郎, 黒田嘉紀: 中国湖南省洞庭湖周辺集落における日本住血吸虫症感染と村民の行動のリスク評価. 平成20年度日本産業衛生学会九州地方会学会, 2008, 北九州.
  31. Shohei Takeuchi, Kazuhiko Moji(発表), Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, ChihoWatanabe, and Ryutaro Ohtsuka: Time allocation study in endemiology of schistosomiasis japonica in the Dongting Lake, China. 41st Annual US-Japan Joint Conference on Parasitic Diseases, 2007, Tokyo.
  32. Shouhei Takeuchi(発表), Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, Kazuhiko Moji, Ryutaro Ohtsuka, Chiho Watanabe: Schistosoma japonicum infection and time allocation studies of the behaviors associated with water contact in a rural village, the Dongting Lake region, China. アジア・オセアニアの人口・健康・栄養転換の統合的研究, 2007, 長崎.
  33. 竹内昌平(発表), Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, 門司和彦, 大塚柳太郎, 渡辺知保: Behaviors associated with water contact and Schistosoma japonicum infection in a rural village, the Dongting Lake region, China. 第47回日本熱帯医学会・第21回日本国際保健医療学会合同大会, 2006, 長崎.
  34. 竹内昌平(発表), 中澤港, 梅崎昌裕, 渡辺知保: インフルエンザの流行に対する学級閉鎖の効果の数理モデルによる検証. 感染症理論疫学研究大会 2006 - 数理疫学・数理生態学・数理統計学の融合, 2006, 東京.
  35. 竹内昌平(発表): フィリピン・ミンドロ島における日本住血吸虫症対策の推計: エージェントベースのシミュレーションモデルによる分析. 熱帯疫学における観察データと複数数理モデルの対峙, 2004, 長崎.
  36. 竹内昌平(発表): インフルエンザの流行に対する学級閉鎖の効果の数理モデルによる検証. 第66回日本民族衛生学会, 2001, 沖縄.

その他講演など

  1. 「&Well」ウィークリーイベント:「感染症の流行はどう理解するのか?~新型コロナウイルスの流行対策について~」, 長崎県立大学シーボルト校から遠隔, 2020/03/24
  2. 地域公開講座:「予防接種のホント」, 長崎西公民館, 2019/11/19
  3. 出前講義:「予防接種のホント」, 長崎県立佐世保西高等学校, 2018/08/02

研究室について

竹内研のメンバーおよび現在進行形の調査・研究を紹介しています。