ブログ一覧

メディア掲載:コロナ禍でうつ傾向がある人は野菜や果物の消費量が減っている傾向

@DIMEに株式会社リンクアンドコミュニケーションと共同研究した論文が紹介されました。2021/7/25公開

https://dime.jp/genre/1184224/

メディア掲載:孤立と孤独は命の問題だ 地域の人の輪に患者を招き入れる「社会的処方」の挑戦、「社会的処方」は孤独・孤立を癒すシステムとなるか 国内で始まっている試み(近藤尚己)

近藤尚己(教授)の記事がバズフィードに掲載されました。

1.孤立と孤独は命の問題だ 地域の人の輪に患者を招き入れる「社会的処方」の挑戦 2021/7/17公開

https://www.buzzfeed.com/jp/naokikondo1/social-prescribing-1

2.「社会的処方」は孤独・孤立を癒すシステムとなるか 国内で始まっている試み2021/7/18公開

https://www.buzzfeed.com/jp/naokikondo1/social-prescribing-2

論文出版:精神医療における「社会的処方」の可能性(西岡)

研究員(非常勤)の西岡大輔の論文が「精神科」から出版されました。

西岡大輔, 近藤尚己. 精神医療における「社会的処方」の可能性.精神科 39(1) 64 – 70
https://www.molcom.jp/products/detail/145870/

報告:4月~7月に教室で読んだ論文

4月から7月にかけて教室メンバーでこちらの論文を読みました。

Tangari G, Ikram M, Ijaz K, Kaafar MA, Berkovsky S. Mobile health and
privacy: cross sectional study. BMJ. 2021 Jun 16;373:n1248. doi:
10.1136/bmj.n1248. PMID: 34135009; PMCID: PMC8207561.

Marsh AD, Muzigaba M, Diaz T, Requejo J, Jackson D, Chou D, Cresswell
JA, Guthold R, Moran AC, Strong KL, Banerjee A, Soucat A; Effective
Coverage Think Tank Group. Effective coverage measurement in maternal,
newborn, child, and adolescent health and nutrition: progress, future
prospects, and implications for quality health systems. Lancet Glob
Health. 2020 May;8(5):e730-e736. doi: 10.1016/S2214-109X(20)30104-2.
PMID: 32353320; PMCID: PMC7196884.

Cole SR, Edwards JK, Greenland S. Surprise! Am J Epidemiol. 2021 Feb
1;190(2):191-193. doi: 10.1093/aje/kwaa136. PMID: 32648906; PMCID:
PMC7850156.

Rothman KJ. Rothman Responds to “Surprise!”. Am J Epidemiol. 2021 Feb
1;190(2):194-195. doi: 10.1093/aje/kwaa137. PMID: 33524113.

Galea S, Hernán MA. Win-Win: Reconciling Social Epidemiology and
Causal Inference. Am J Epidemiol. 2020 Mar 2;189(3):167-170. doi:
10.1093/aje/kwz158. PMID: 31579911; PMCID: PMC7443199.

Park JJ, Coumbe BG, Park EH, Tse G, Subramanian SV, Chen JT.
Dispelling the nice or naughty myth: retrospective observational study
of Santa Claus. BMJ. 2016 Dec 14;355:i6355. doi: 10.1136/bmj.i6355.
PMID: 27974338; PMCID: PMC5156612.

Soga, Masashi, and Kevin J. Gaston. “Extinction of experience: the
loss of human–nature interactions.” Frontiers in Ecology and the
Environment 14.2 (2016): 94-101.

Inoue K, Nianogo R, Telesca D, Goto A, Khachadourian V, Tsugawa Y,
Sugiyama T, Mayeda ER, Ritz B. Low HbA1c levels and all-cause or
cardiovascular mortality among people without diabetes: the US
National Health and Nutrition Examination Survey 1999-2015. Int J
Epidemiol. 2020 Dec 30:dyaa263. doi: 10.1093/ije/dyaa263. Epub ahead
of print. PMID: 33378417.

Glymour MM, Weuve J, Berkman LF, Kawachi I, Robins JM. When is
baseline adjustment useful in analyses of change? An example with
education and cognitive change. Am J Epidemiol. 2005 Aug
1;162(3):267-78. doi: 10.1093/aje/kwi187. Epub 2005 Jun 29. PMID:
15987729.

Westreich D, Greenland S. The table 2 fallacy: presenting and
interpreting confounder and modifier coefficients. Am J Epidemiol.
2013 Feb 15;177(4):292-8. doi: 10.1093/aje/kws412. Epub 2013 Jan 30.
PMID: 23371353; PMCID: PMC3626058.

Baiocchi M, Cheng J, Small DS. Instrumental variable methods for
causal inference. Stat Med. 2014 Jun 15;33(13):2297-340. doi:
10.1002/sim.6128. Epub 2014 Mar 6. Erratum in: Stat Med. 2014 Nov
30;33(27):4859-60. Erratum in: Stat Med. 2019 Sep 10;38(20):3960.
Erratum in: Stat Med. 2020 Sep 10;39(20):2693. PMID: 24599889; PMCID:
PMC4201653.

Sharifi A, Khavarian-Garmsir AR. The COVID-19 pandemic: Impacts on
cities and major lessons for urban planning, design, and management.
Sci Total Environ. 2020 Dec 20;749:142391. doi:
10.1016/j.scitotenv.2020.142391. Epub 2020 Sep 18. PMID: 33370924;
PMCID: PMC7499053.

van Wijngaarden E, Leget C, Goossensen A. Ready to give up on life:
The lived experience of elderly people who feel life is completed and
no longer worth living. Soc Sci Med. 2015 Aug;138:257-64. doi:
10.1016/j.socscimed.2015.05.015. Epub 2015 May 13. PMID: 25982088.

お知らせ:公衆衛生セミナー:日本における健康の社会決定要因

今年も公衆衛生セミナー:日本における健康の社会決定要因(The Osaka Public Health Seminar: Social Determinants of Health in Japan)が開催されます。
近藤尚己も8月9日に登壇します。

【日程】 2021年 8月7日(土)、8日(日)、9日(月)
【場所】 大阪大学吹田キャンパス 最先端医療イノベーションセンター棟 1階マルチメディアホール

8月9日 (月) 12:00 – 12:45 講演 16
社会的処方: 共生型社会づくりに向けたSDH概念の応用 近藤尚己(京都大学)

※阪大教員・学生以外はweb(Zoom)のみでの参加となります。
1.参加ご希望の方は、専用の登録フォームより参加登録を お願いいたします。
登録締切 : 2021年7月18日(日)
スケジュール詳細プログラムは、こちら
※Zoom参加のためのURL・ID等は、各日の前日にメールにてお送りします。参加登録フォームURL:
https://forms.gle/QUJHy7kup6CFraV27

連載:「健康管理支援事業」を考える(季刊公的扶助研究, 西岡)

研究員(非常勤)の西岡大輔の新連載が季刊公的扶助研究で始まりました。

「健康管理支援事業」を考える
季刊公的扶助研究 262:24-7. 新連載
大阪医科薬科大学研究支援センター医療統計室 助教 西岡大輔

西岡大輔のウェブサイトはこちらです

連載:層別解析により因果効果を推定する(医学界新聞, 助教 井上)

助教の井上浩輔が医学界新聞で連載している「臨床研究・疫学研究のための因果推論レクチャー」の最新回が掲載されました。

[第4回] 層別解析により因果効果を推定する
(2021.07.05 週刊医学界新聞(通常号):第3427号より)

井上浩輔のウェブサイトはこちらです

メディア掲載:農家のうつリスク研究 地域越える助け合い必要(特別研究学生 金森)

特別研究学生の金森万里子の論文について、複数の新聞に掲載されました。

「農家のうつリスク研究 地域越える助け合い必要」 山陰中央新報(2021年7月5日)
https://www.sanin-chuo.co.jp/articles/-/54401

その他、沖縄タイムス 、神戸新聞、日本海新聞、高知新聞
(Kochi)、山陽新聞、新潟日報、福島民報、岩手日報、埼玉新聞、東京新聞、南日本新聞、秋田さきがけ、山陰中央新報、東奥日報、山形新聞、長崎新聞、佐賀新聞

チームの東京大大学院医学系研究科大学院生で獣医師の金森万里子さんは「農業は地域での助け合いが多い仕事。地域に同業者が少ない場合、助け合いをしづらいことがメンタルヘルスに影響している可能性がある。地域を越えて助け合える仕組みの充実が必要だと思う」と話している。

参考:
Kanamori, M., Hanazato, M., Kondo, K., Stickley, A., & Kondo, N. (2021). Neighborhood farm density, types of agriculture, and depressive symptoms among older farmers: a cross-sectional study. BMC public health, 21(1), 1-11.

金森万里子のウェブサイトのプレスリリースはこちらです