タグ記事一覧

タグ「対処法」の記事一覧

治療後の過ごし方

退院後は体重が激減し、ゼリー以外は食べられず、皮膚がボロボロ。血液の成分が少なく、貧血で、感染しやすい状況でした。 対策としては、とにかく清潔な環境の中で保湿クリームをひたすら塗り、食事は水分の多いものから徐々…

続きを読む

治療の後遺症 ~排尿障害との付き合い…

手術の後遺症の1つで、排尿障害があります。術後しばらくは自力で排尿ができず、それどころか尿意すら感じませんでした。 その頃は、時間や、下腹部の圧迫感によってタイミングを見ながら、カテーテルを使って排尿する状態が…

続きを読む

入院中に頑張ることと無理をしないこと

入院中は、薬や移植によって想像もしないような症状(局所的な熱が全身を巡る感覚、背中一面の湿疹、原因不明の胸の痛み、手首や足首・手のひら・足の裏の痺れ など)が突然出ることがあり、気持ちと体調を一定に保つことが難…

続きを読む

病院のトイレを快適にする私なりの工夫

入院中、特に体調の悪い時につらかったのが、トイレのにおいでした。きちんと掃除は行き届いており、清潔ではあったのですが、独特のにおいがあり、体調の良くない時はさらに敏感に感じ、ますます気分が悪くなりました。 そん…

続きを読む

固いペットボトルをあけるには輪ゴムが…

抗がん剤治療でしびれが出て困ったことは沢山ありました。 その一つが『ペットボトルの蓋が開けられなかったこと』。簡単に開けることが出来ていたのに、手がしびれるせいで徐々に開けることが難しくなりました。 出先でスー…

続きを読む

ホットフラッシュ時の対応

私は、ホルモン療法の副作用のホットフラッシュが強く、多い時には1時間に2~3回以上、暑くて暑くて汗だく。もちろん寝ている時にもホットフラッシュがあるので、ゆっくり眠れない事も多くありました。 生活の中では、常に…

続きを読む

痛みに耐える方法

私は入院中、痛い注射や検査をするときはいつもタオルやぬいぐるみを検査室に持ち込み、針を刺すときにはそれらをぎゅっと握りしめることで痛みに耐えるようにしていました。あとは退院してから「ペンレステープ」という貼る麻…

続きを読む

いろいろな痛み~傷の痛みと内臓痛~

術後は、目に見える傷の痛みだけではなく内臓痛があり、食事や排せつ、そして笑ったりくしゃみしたりするとつらかったです。 しかし、遊びたがる幼児の面倒を見る必要があり、毎日痛みとの戦いでした。夜はお腹の上に乗られな…

続きを読む

つらいことはとりあえず寝て忘れよう …

抗がん剤治療中は発熱、吐き気、だるさ等つらいことが多くあります。 その時いろいろな制吐剤を使い、その中に少し眠くなる制吐剤がありました。「吐き気も止められて眠くなるなんて最高じゃない」と思ってすぐにそれを使って…

続きを読む

シャワーはぬるめで

在宅時のホットフラッシュ対策でいちばん手軽かつ効果のあるのは、やっぱりシャワー。一気に体を冷やせるので日に何度も浴びていました。 その際に大事なのが、温度。冷水のシャワーは、その時は気持ちいいのですが、後になっ…

続きを読む