放射線(技術)

記載間違いや記載されていない論文があれば学会事務局までお知らせ下さい。それぞれ訂正、追加することで、より完璧なデータベースにしていきます。

2021年(令和3年) 2020年(令和2年) 2019年(令和元年) 2018年(平成30年) 2005年 (平成17年)
  • 死亡時画像取得―当院における死後MRIの現状―
    曾澤敏広、加賀和紀、竹林浩孝、瀬尾芳子、篠田和哉、五月女康作、伊東善行、小林二郎、赤松和彦、宮本勝美、飯村秀樹、塩谷清司、山崎健太郎、菊地和徳、永田千草、鈴木将玄、阿竹 茂、河野元嗣、大橋教良
    日本放射線技師会雑誌52、p1421-1425、平成17年
2004年 (平成16年)
  • 死亡時画像取得―当院における死後CTの現状―
    加賀和紀、会澤敏広、伊東善行、小林二郎、赤松和彦、宮本勝美、飯村秀樹、塩谷清司、河野元嗣、大橋教良、山崎健太郎
    日本放射線技師会雑誌51、p118-120、平成16年
前のページに戻る