病理学

記載間違いや記載されていない論文があれば学会事務局までお知らせ下さい。それぞれ訂正、追加することで、より完璧なデータベースにしていきます。

2021年 (令和3年) 2020年 (令和2年) 2019年(令和元年) 2018年(平成30年) 2017年(平成29年) 2004年 (平成16年) 2003年 (平成15年) 2002年 (平成14年)
  • Autopsy imaging (Ai)―新しい剖検概念を目指して―
    江澤英史、米山隆一、神立 進、清水一範、吉川京燦、小畠隆行、岸本理和、張ヶ谷健一、辻井博彦.
    病理と臨床20、p633-641、平成15年
1989年 (平成元年)
前のページに戻る