第18回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会開催のご案内

-

目次

大会概要

テーマ 死因究明から身元確認まで
大会長 藤本 秀子(京都法医歯科解析センター)
開催日時
2020年9月12日(土)・13日(日)
※12日は第19回法医画像勉強会同時開催
会場 島津製作所本社・本館1階大ホール (京都市中京区西ノ京桑原町1番地)
https://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/sanjo.html
参加費 〇一般・・・5,000円(事前参加登録 4,000円)
〇学生・・・無料
※事前参加登録受付スタート時期は今後、ホームページにてご案内させていただきます。
特別講演

・佐々木啓子氏(大阪府警察科学捜査研究所)
「薬物犯罪を暴く毛髪鑑定〜デートレイプドラッグの痕跡を追う〜」(仮題)

・Lars Ebert氏(チューリッヒ大学)
「3Dイメージングを用いた犯罪捜査に役立つデジタル解析」(仮題)
※北海道大学死因究明教育研究センター共催

情報交換会 日時 9月12日(土)
会場「京都 神泉苑平八」にて開催予定
〒604-8306 京都市中京区門前町167(二条城南側)
075-841-0811
https://heihachi-web.com/access/
※開始時刻・参加費等詳細は決定次第ご案内いたします。
ポスター 第18回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会 ポスター 第18回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会 ポスター

大会長あいさつ

京都法医歯科解析センター
藤本秀子

この度、第18回Ai学会学術総会の大会長を拝命いたしました、藤本秀子です。

今回のテーマは、「死因究明から身元確認まで」です。本学会は多職種が集まる学際的学会ですので、死因究明のみならず、身元確認についても闊達な議論ができればと考えております。

令和2年4月1日に施行される、「死因究明等推進基本法」には、“死因究明のための死体の科学調査の活用”や“身元確認のための死体の科学調査の充実及び身元確認に係るデータベースの整備”そして“死因究明により得られた情報の活用及び遺族等に対する説明の促進”などが明記されています。この法律施行を受けて、本学会では、各分野の先生方にご講演と討論をいただくシンポジウムを企画しました。

特別講演は、「薬物犯罪を暴く毛髪鑑定〜デートレイプドラッグの痕跡を追う〜」(仮題)と題し、この分野の第一人者である大阪府警科学捜査研究所の佐々木啓子先生にご講演いただきます。また、北海道大学死因究明教育研究センターとの共催により、チューリッヒ大学のLars Ebert氏による「3Dイメージングを用いた犯罪捜査に役立つデジタル解析」(仮題)のご講演も予定しております。

ランチョンセミナーは、北海道大学大学院医学研究科法医学分野の神 繁樹先生に、死因究明に関わる化学分析の話をしていただきます。

各分野の先生方のご講演により、知見を広げられることを期待しております。

また、この度初めて、日本法医画像研究会主催の日本法医画像勉強会との同時開催が叶いました。死後の画像分野の研究で、理解を深められたらと思います。

9月中旬の京都は、暑さも和らぎ、過ごしやすくなっています。ぜひ会場に足をお運びください。皆様方の多数のご応募、ご参加を心よりお待ち申し上げます。

プログラム

  1. 学会日程

    2020年9月12日(土)

    11:30-17:00受付
    11:30-14:00ポスター貼り付け時間
    14:00-17:00ポスターセッション
    17:00-18:30オープニングセレモニー及びシンポジウム
    18:45-20:45情報交換会
    その後二次会

    2020年9月13日(日)

    8:30-15:00受付
    9:00-16:30口演セッション・特別講演・ランチョンセミナー・表彰式
    9:00-14:00ポスターセッション
  2. 事前登録参加費:4000 円
    当日参加費:5000 円
    学生無料(当日、学生証の提示をお願いします)
  3. 情報交換会会場「神泉苑平八」会費:8000円 事前参加登録(先着100名)
    二次会会場「河久」(床予約済) 会費:7000円 事前参加登録(先着30名)

都合により、内容が変更になることがあるかもしれません。ご了承ください。

アクセス

会場へのアクセスは アクセス詳細(PDF) をご確認ください