デリケートゾーンの黒ずみは市販クリームで治すことはできる?ひどい黒ずみの原因とおすすめの対策方法

デリケートゾーンの黒ずみは市販クリームで治すことはできる?ひどい黒ずみの原因とおすすめの対策方法

このページでは、以下のようなデリケートゾーンの黒ずみに関する疑問を解決します。

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

なぜデリケートゾーンは黒ずんでしまうのでしょうか?
デリケートゾーンの黒ずみの原因はさまざまですが、いずれも「メラニン色素の沈着」が直接的な要因です。

原因を知ればデリケートゾーンの黒ずみ対策にも役立ちます。
まずは、どのようなことであそこ(陰部)の黒ずみが発生するのか、主な原因を5つ紹介します。

原因1:下着や洋服による摩擦

原因1:下着や洋服による摩擦

下着や洋服による摩擦でVラインやIラインなどデリケートゾーンの黒ずみが発生します。デリケートゾーンは下着のゴムやタイトなパンツなど、さまざまなものによる締め付けを受けて摩擦が起こりやすい場所だと言われています。

肌は日常的に摩擦などの刺激を受けると、刺激を受けた部分で一酸化窒素が生成され、メラニンの生成量が多くなり色素沈着を起こしやすくなります[文献 J-STAGE. 「物理刺激によって生じるくすみに対する一酸化窒素の関与」]。アイメイクをする「上まぶた」がくすみやすいのと同じことです。
デリケートゾーンはさまざまな物理的な刺激により摩擦を受けることにより、肌が黒ずんでしまいます。

下着や洋服による摩擦で陰部が黒ずんだときの対策

黒ずみが気になる部位が服や下着と擦れないように、「ゆったりした服を着る」「肌を保湿して守る」などの対策をしましょう。

原因2:過剰な洗浄

原因2:過剰な洗浄

過剰な洗浄はあそこの黒ずみを引き起こす原因です。

汚れやすい部位だけに「しっかりと洗わなきゃ」と思われる方が多いでしょう。しかし石けんを使った過剰な洗浄は摩擦を与えるだけでなく、刺激が強すぎて肌へのストレスをも引き起こす原因になります。

特に石けんをよく泡立てずに、石けん成分のついた手でゴシゴシと洗っている方は要注意です。皮膚の薄いIライン部分のデリケートゾーンには摩擦が大きく、刺激が強すぎることがあります。

過剰な洗浄で陰部が黒ずんだときの対策

陰部は、顔を洗うときのように、泡で優しく洗うようにしましょう。
また、デリケートゾーン用のソープを使うのもおすすめです。

原因3:ムダ毛の自己処理

原因3:ムダ毛の自己処理

デリケートゾーンのムダ毛処理をご自身でしている場合は、自己処理の刺激がVラインやIラインの黒ずみを引き起こしているかもしれません。

ムダ毛を処理するということは、肌にカミソリやシェーバー、毛抜きなどによる刺激を与えるということです。下着や洋服の締め付けと同じ作用を肌にもたらすので、陰部の自己処理を続けていれば徐々にデリケートゾーンが黒ずんでいくことは少なくありません。

ムダ毛を自己処理した後に、しっかりと保湿をしていないという方はさらに注意が必要です。肌は乾燥すると外からの刺激に敏感になるので、少しの刺激でもメラニンが作られてしまう恐れがあります。

ムダ毛の自己処理で陰部が黒ずんだときの対策

ムダ毛を処理したあとに、しっかり保湿するようにしましょう。
また、何度も自己処理をするのなら、不要な部分を脱毛してしまうのもおすすめです。。

原因4:生理用品による蒸れ

原因4:生理用品による蒸れ

閉経前の女性であれば、ほぼ毎月使う生理用品。実は生理用品もデリケートゾーンの黒ずみを引き起こす原因のひとつとなっています。生理用品によるトラブルも、肌への物理的刺激の原因です。

自分の肌にあわない生理用品を使っていると、蒸れたりかぶれたり、かゆみが引き起こされたりさまざまなトラブルが起こるものです。その肌トラブルが黒ずみを引き起こしている可能性があります。

生理用品による蒸れで陰部が黒ずんだときの対策

生理用品をなるべく頻繁に交換したり、別のナプキンやタンポンに変えてみて、自分の肌にあったものを探してみましょう。
ただ、生理中は体が重だるいことも多く、その状態で普段の生活(家事や仕事など)もこなさないといけないので、あまり無理しないようにしてください。

原因5:ホルモンバランスの影響

原因5:ホルモンバランスの影響

ホルモンバランスの影響によりデリケートゾーンが黒ずむことがあります。

女性ホルモンのひとつである「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の影響により、メラニン色素の働きが活発になる傾向があるためです。
たとえば、妊娠中、排卵日から月経までの期間中、ピル服用時など、黄体ホルモンによる影響を受けやすい時期にデリケートゾーンや乳首の色が黒くなり、色素沈着が見られることがあります。

ホルモンバランスの影響で陰部が黒ずんだときの対策

新陳代謝が正常であれば、肌が生まれ変わることで元の色に戻るので、深く気にする必要はありません。
ただ、妊娠や出産で黒ずだ場合は、肌の色が元に戻るまでに数年かかることもあるので、その場合は、黒ずみケアクリームでケアしたり、美容クリニックで治療をするのがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみを治すおすすめのケア方法

デリケートゾーンの黒ずみを治すおすすめのケア方法

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すためのおすすめのケア方法には、どのようなものがあるのでしょうか?
デリケートゾーンの黒ずみを治すケア方法には、「ケアクリーム」「専用石けん」「ニベア」「ハイドロキノン」「レーザー治療」と主に5種類の方法があります。それぞれ費用や治るまでの日数は違うので、まずは一覧で違いを見てみてください。

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法を作成する際に参考にしたサイトはこちらです⇒デリケートゾーンの黒ずみを治す市販でおすすめ商品ランキング【154個を徹底比較】

効果 治るまで
の日数
副作用 費用
市販の黒ずみ
ケアクリーム
高い 2-3ヶ月 無い 1,000~16,000円/月
デリケート
ゾーン用の石鹸
低い 1年以上 無い 2,000~6,000円/月
ニベア 低い 1年以上 無い 500円/月
ハイドロキノン 高い 2-3ヶ月 肌の痛み、赤み、
かぶれ、ひりつき、
皮剥けなど
2,000~5,500円/月
皮膚科の
レーザー治療
高い 2-3ヶ月 肌の痛み、赤み、
かぶれ、ひりつき、
皮剥けなど
3~9万円/回

ケア方法1:市販の黒ずみケアクリーム

ケア方法1:市販の黒ずみケアクリーム

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法として、人気が高いのが市販のデリケートゾーン黒ずみクリームでのケアです。ネットやドラッグストア、薬局などで探せば、あそこの黒ずみを治すためのケアクリームがたくさん市販されていることがわかります。

「誰にも知られず自宅で手軽に」デリケートゾーンの黒ずみを解消でき、市販品でも効果も高いことがメリットです。副作用もほぼありません。

費用は商品により大きく変わり、安いデリケートゾーン黒ずみケアクリームであれば1,000円ほどのプチプラで購入できますが、中には1つ16,000円と高額なクリームもあります。
平均すると1つ4500円くらいになります。

誰にも知られず、素早くデリケートゾーンの黒ずみを治したい方におすすめなのが、市販のクリームで治す方法です。

黒ずみケアクリームの良い点

  • デリケートゾーンの黒ずみを治す効果が高く、2-3ヶ月で治る方もいる
  • ネットで市販されているので、手に入りやすい
  • 医師や看護師だけじゃなく、家族にも内緒でケアできる
  • 粘膜には使えないけれどIラインの黒ずみには使える

黒ずみケアクリームの悪い点

  • 月に4000円から6000円程度かかる
  • ニオイの改善には効果がないことがある

すぐにデリケートゾーン黒ずみケアクリームのランキングを見たい方は、「デリケートゾーン黒ずみの市販クリームおすすめランキング」が参考になります。

ケア方法2:デリケートゾーン用の石鹸

ケア方法2:デリケートゾーン用の石鹸

デリケ―トゾーンの黒ずみケアクリームとともに、自宅で治すためのケア方法として人気なのが「石けん」でのケアです。

お風呂のときに石けんで洗うだけで良いという手軽さと、皮膚科のレーザー治療や市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリームに比べて価格が安いことが魅力です。またVライン、Iラインなど陰部の黒ずみだけでなく、ニオイが解消できることも強みと言えます。

ただしあくまでも「肌をいたわって黒ずみをケアする」ことが目的で、有効成分をすべて洗い流してしまうので、デリケートゾーンの黒ずみへのホワイトニング効果は高くありません。

デリケートゾーン用の石鹸の良い点

  • Iラインの黒ずみやデリケートゾーンのひだの黒ずみにも使える
  • 陰部の黒ずみだけじゃなく、ニオイの改善にも効果が期待できる
  • クリームや皮膚科のレーザーに比べて安い

デリケートゾーン用の石鹸の悪い点

  • 黒ずみ解消成分を洗い流すので、ホワイトニングの効果はほぼ無い

ケア方法3:ニベア

ケア方法3:ニベア

手指の保湿アイテムとして定番のニベアで、デリケートゾーンの黒ずみをケアして治すという方法もあります。
ニベアの最大のメリットは、薬局やドラッグストアなど、どこでも安い価格で市販されていることです。

ただし、ニベアはデリケートゾ―ンの黒ずみを治すためのケアアイテムではありません。Iラインの黒ずみなど粘膜への使用は推奨されておらず、人によっては使うとかぶれて、黒ずみが悪化してしまう危険性があります。

ニベアの成分を見てもデリケートゾーン黒ずみへのホワイトニング効果がある成分は含まれていないので、「肌を保湿して摩擦などを軽減するためのもの」と考えてください。

ニベアの良い点

  • どこのドラッグストアや薬局でも簡単に手に入る
  • 圧倒的に安い

ニベアの悪い点

  • 黒ずみを治す効果はほぼ無い
  • デリケートゾーンへの使用が推奨されていない
  • デリケートゾーンに使うとかぶれて、黒ずみが悪化する可能性がある

ケア方法4:ハイドロキノン

ケア方法4:ハイドロキノン

デリケートゾーンの黒ずみを治すケア方法として、高い効果が期待できるのが「ハイドロキノン」です。ハイドロキノンは色素沈着に対してホワイトニング効果を発揮することが認められているので、デリケートゾーンのひどい黒ずみに悩んでいる方にもおすすめできるケア方法です。

ただし肌への刺激が強く、調査によると「比較的安全な物質」との評価にとどまっています。デリケートゾーンは全身の中でも特に皮膚が薄く敏感な場所なので、肌トラブルや副作用が起こるリスクも高いです。

また、クリニックで処方されるハイドロキノンを使ってケアをする場合、医師や看護師に見られて恥ずかしい思いをしなければならない…ということもデメリットとなります。

ハイドロキノンの良い点

  • デリケートゾーンの黒ずみを改善する効果が高い
  • レーザー治療に比べて安く治すことができる

ハイドロキノンの悪い点

  • 痛みや腫れ、皮剥けなど副作用が強い
  • ダウンタイムが1-2週間ある
  • 医師や看護師にデリケートゾーンを見られる
  • ひだには使用できない

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは効果あり?

ケア方法5:皮膚科のレーザー治療

ケア方法5:皮膚科のレーザー治療

皮膚科のレーザー治療でもデリケートゾーンの黒ずみを治すことができます。

美容皮膚科では、デリケートゾーンやバストトップ専用に「黒ずみ解消レーザー治療」を提供している場合があります。レーザー治療なら黒ずみの原因であるメラニンをレーザーで破壊し、ホワイトニング効果が得られるのでデリケートゾーンの黒ずみをすぐにホワイトニングすることも可能です。

医師による治療なので安心感もありますが、施術費用が高く、ダウンタイムが長くなりがちなことがデメリットです。またデリケートゾーンの診察を受けることへの恥ずかしさもデメリットとなります。

皮膚科のレーザー治療の良い点

  • デリケートゾーンの黒ずみを治す効果が高い
  • 医師が肌や黒ずみの状態を診てくれるので安心

皮膚科のレーザー治療の悪い点

  • 痛みや腫れ、皮剥けなど副作用が強い
  • ダウンタイムが1-2週間ある
  • 医師や看護師に黒い陰部を見られる
  • 施術料金が高い(1回3万円から9万円程度)

デリケートゾーン黒ずみの皮膚科での治療法|レーザーや薬など4つの治療法を徹底解説

デリケートゾーンの黒ずみの予防|日々の習慣で悪化を防ぐ

デリケートゾーンの黒ずみの予防|日々の習慣で悪化を防ぐ

デリケートゾーンの黒ずみは、治すだけで終わりではありません。股が黒くなった日々の習慣を改善することも大事です。
黒ずむ習慣がなくなれば、それ以上デリケートゾーンの黒ずみが悪化することなく、理想のあそこを維持できるからです。

予防1:保湿を徹底すること

デリケートゾーンの黒ずみを予防するには、まず保湿を徹底することを心がけてください。乾燥した肌ではバリア機能が低下し、外部からの刺激や摩擦による影響を受けやすい状態になります。

保湿をしっかりとすれば、肌内部の水分は保たれて少しの刺激には負けない肌となり、黒ずみの原因となる摩擦の影響も受けにくくなるためです。

予防2:ゆとりのある下着・洋服を選ぶこと

保湿を徹底するとともに、ゆとりのある下着や洋服を選ぶようにして、デリケートゾーンへの摩擦を和らげることが大切です。締め付けの強いタイトな下着や洋服を着用していると、動くたびに肌への刺激が発生します。

気づかないうちに黒ずみを作ってしまうことになるので、ゆとりがあり、コットン100%など肌への刺激が少ないものを身につけることが大切です。

予防3:石けんで過剰に洗わないこと

石けんでの過剰な洗浄は、デリケートゾーンの黒ずみを作る原因であると解説しました。石けんでの洗浄は摩擦による刺激だけでなく、石けんによる刺激と、皮脂を奪うことによる肌の乾燥を招きます。

石鹸で洗うときにはよく泡立てて、ふんわりとした泡で優しく洗うことを基本としてください。市販されているデリケートゾーンの黒ずみに効果のある石けんを使うとさらに理想的です。

予防4:肌にあった生理用品を選ぶこと

デリケートゾーンの黒ずみを予防するなら、生理用品にもこだわるようにしましょう。蒸れやかぶれも黒ずみの原因となるので、肌にあったストレスの少ない生理用品を選ぶことが大切です。

もしナプキンではどうしても蒸れてしまうようなら、タンポンや経血カップなどを活用してみてはいかがでしょうか?着用していて快適な生理用品を使えば、陰部の黒い色素沈着も自然と解消されていくかもしれません。

予防5:長時間座るときにはクッションを活用すること

デリケートゾーンの黒ずみ予防として盲点となりがちなのが、長時間の座り姿勢です。座っているとどうしてもデリケートゾーンに負担がかかり、気づかないうちに摩擦などを加えてしまいます。

そこで長時間にわたり座り姿勢をとるときは、柔らかなクッションを敷いたり、1時間に1回違う姿勢に整え直したりしましょう。特に仕事でデスクワークをしている方は毎日のことなので、意識的にお尻付近への負担を減らすようにしてください。

予防6:日頃からホワイトニングケアを行うこと

上記の予防法を実践しながら、日頃からホワイトニングケアを行っていくことも欠かせません。

デリケートゾーンの黒ずみに対してホワイトニング効果を持つクリームは、ドラッグストアでもプチプラで販売されています。もちろんネットを探せば、さらにデリケートゾーンのひどい黒ずみへの効果が期待できるおすすめクリームも紹介されています。

日頃からホワイトニングケアを行っていれば、すでにある黒ずみをケアして治すとともに、新たな黒ずみの予防も可能です。

デリケートゾーン黒ずみのQ&A

デリケートゾーン黒ずみのQ&A

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方から、よくいただく質問についてお答えしていきます。

デリケートゾーンはなぜ黒くなる?

デリケートゾーンの黒ずみが起こる理由は、さまざまな外部刺激やホルモンバランスの乱れにより、メラニン色素が増えることです。

メラニン色素は紫外線によって作られると思われている方も多いようですが、実は紫外線だけでなく、さまざまな外からの刺激により作られることがあります。また女性ホルモンのバランスの変化によって作られやすい状態となるとも言われています。

「デリケートゾーンは紫外線に当たらないのに…」と思われるかもしれませんが、全身の中でも皮膚が薄いデリケートゾーンに下着による摩擦や洗浄の刺激などが加われば、過度な刺激となりメラニン色素が集中的に作られることがあります。

デリケートゾーンはなぜ黒くなるのかについて、詳しくは「デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?」で説明しています。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治る?

デリケートゾーンの黒ずみを治すための期間は、平均すると約7ヶ月という調査データがあります。[参考:デリケートゾーンの黒ずみの治し方、5つの対策方法|どのくらいで治る?]ただす、デリケートゾーンの黒ずみのケア方法により、治るまでの期間は大きく変わります。

市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリームやハイドロキノン、皮膚科のレーザー治療であれば2~3ヵ月で治すことも可能です。しかしデリケートゾーン用の石けんやニベアクリームでは、1年以上かかることが多くなります。

同じデリケートゾーンの黒ずみケアの市販商品を使ったとしても、その方の肌質や黒ずみの状態によっても変わります。できるだけ早めに安く効果を得たいと思われているなら、デリケートゾーン黒ずみケアクリームの口コミなどを調べて、早く効果が現れそうなものを選ぶのがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみを治すにはどうすればいい?

デリケートゾーンの黒ずみをケアして治すには、「保湿を徹底して」「摩擦や刺激を避けて」「ホワイトニング効果のあるケア用品を使う」ことが最も効果的です。

乾燥した肌は外部の刺激を受けやすくなっているので、まずは保湿ケアでしっとりとしたやわらかな肌を保つようにしてください。その上で締め付けや摩擦、洗浄による刺激を避けながら、ホワイトニング効果のあるクリームなどを使えば高い効果が期待できます。

詳しくは、「デリケートゾーンの黒ずみを治すケア方法」で説明しています。

デリケートゾーンの黒ずみの色はどの程度が普通?

デリケートゾーンの黒ずみの色は、赤黒い色が普通です。[参考:【意外】デリケートゾーンの黒ずみってどのくらいが平均?みんなの色を調査した] その人の持っているメラニン色素の量にも影響されるので、白人女性の場合はピンク色のことが多いですが、日本人をはじめアジア人女性は少し赤黒い、赤茶色くらいが平均の色になります。

そのため日本人女性のデリケートゾーンの黒ずみの色は、「真っ黒ではないけれど赤黒く見える」くらいの色が平均の色です。ただし生活習慣や肌質、年齢などでより黒くなることもありえます。また丁寧なケアにより、ピンク色に近づけることも可能です。

陰部が黒いのは遊んでいるから?

「陰部が黒い=遊んでいる」と思っている方もおられるようですが、陰部の色の濃さと遊んでいるかどうかは全く関係がありません。

あそこ(陰部)の黒ずみは、石鹸の刺激や下着との日々の摩擦、ホルモンバランスの乱れ(妊娠や生理不順など)など様々な原因で生じるからです。

陰部が黒くなる原因について、詳しくは「デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?」で説明しています。