データブック


治療成績の引用に関するご注意



生存解析には、2001年治療開始例かKaplan-Meier法が用いられております。2000年までは直接法最小生存率が用いられておりましたので、2001年以降とそれ以前の生存率を単純に比較することはできません。データの解釈には十分にご留意ください。


出典について



本会の報告を用いる場合は出典を明らかにしてください。
  ○○○○年患者年報/Patient Annual Report for○○○○
  第+回治療年報(○○○○年治療開始例)/Treatment Annual Report for ○○○○



患者年報(ダウンロード)


年ごとの治療患者データを「患者年報」としてまとめ、日本産科婦人科学会雑誌に掲載しています。
2019年
p.852 訂正版
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年



治療年報(ダウンロード)


5年治療成績を「治療年報」としてまとめ、日本産科婦人科学会雑誌に掲載しています。
第62回
2014年治療開始例
第61回
2013年治療開始例
第60回
2012年治療開始例
第59回
2011年治療開始例
第58回
2010年治療開始例
第57回
2009年治療開始例
第56回
2008年治療開始例
第55回
2007年治療開始例
第54回
2006年治療開始例
第53回
2005年治療開始例
第52回
2004年治療開始例
第51回
2003年治療開始例
第50回
2002年治療開始例
第49回
2001年治療開始例
第48回
2000年治療開始例
第47回
1999年治療開始例
第46回
1998年治療開始例
第45回
1997年治療開始例
第44回
1996年治療開始例
第43回
1995年治療開始例

絨毛性疾患地域登録成績(ダウンロード)


婦人科腫瘍委員会では、登録地域として1道21県(2012年より宮城県が加入、福岡県は一部地域のみ)を定め、絨毛性疾患の地域登録による調査を行ってきました。登録成績は、報告をそのまま集計していることから、登録実施施設数や登録率に若干のばらつきがあることはご留意ください。2011年分からの集計については日本産科婦人科学会雑誌に掲載しています。

絨毛性疾患地域登録事業参加施設一覧
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年