JapaneseEnglish

活動紹介

より迅速に、より確かな治験・臨床試験を支援します。

医療ニーズの高い医薬品や医療機器を日本の患者により早く供給するため、高い実績のある大学病院が連携・協力関係を結び、安全かつ効率的な治験・臨床試験を実施します。大学病院という特性を活かし、難治・希少疾患などアンメットメディカルニーズの高い医薬品の開発にも、積極的に協力します。
医師主導治験をコーディネートできるAROを目指します。

大学は様々な領域の研究を進めており、そのシーズを育成することで新たな新薬を開発できる可能性を秘めています。1つの大学では困難なリソースや経験を8大学で共有し、アライアンスのネットワークをAROとして育成することで、アライアンスの新たなエネルギーを新薬開発に貢献できる組織としてステップアップします。


山梨大学 信州大学 東京大学 東京大学医科学研究所 新潟大学 千葉大学 群馬大学 筑波大学 東京医科歯科大学


実績

活動区分 活動内容・成果 活動期間(年度) 補足
シーズ育成 小淵沢カンファレンス(産官学意見交換会)
アライアンスシーズ育成
RMS(Research Mapping System)活用
2015 ~
2015 ~
2回/年開催

活用検討中
倫理教育 臨床研究法に伴う共同倫理委員会検討WG
- 技術専門員の相互協力アンケート / 結果
2018 ~  
研究者育成 臨床研究者教育支援システムCREDITS開発・運用 2016 ~ 約5,000名が登録     
モニタリング・監査ガイドライン作成委員会
 - 臨床試験のモニタリングと監査に関するガイドライン
2015
モニタリングスキル講習会 2014 ~ 2017
CRC実務者養成研修会(第1回~第20回)
 - CRC実務者アンケート結果
1回/年開催
CRC業務の施設間相互研修会 2018 ~
EDCシステム 臨床研究支援EDC? UHCT ACReSS開発・運用
UHCT ACReSS Cloudサービス開始
 - UHCT ACReSSパンフレット
2011 ~運用開始
2017 ~
241試験登録済
アライアンス外利用可
品質向上 ISO9001取得 2012 ~ 2017 2018年度は未取得
臨床試験の品質に関する大学間相互チェック実施
 - 平成27年度大学間相互チェック結果
 - 平成28年度大学間相互チェック結果
2013 ~
施設調査支援 企業治験の施設調査を支援 2006 ~ 73試験の調査実施