In English
『動物心理学研究』優秀論文賞

【論文賞】『動物心理学研究』優秀論文賞のご案内



優秀論文賞規程
【『動物心理学研究』優秀論文賞規程】
第1条 目的と名称
動物心理学研究領域における優秀な論文を奨励することを目的として、機関誌「動物心理学研究」における優秀な論文に対し、「動物心理学研究」優秀論文賞(以下「優秀論文賞」)を授与し表彰する。

第2条 対象論文
優秀論文賞の対象は動物心理学研究に掲載された研究、総説、資料とし、意見および講演は対象としない。

第3条 選考手続き
優秀論文賞は動物心理学研究の編集委員会にて、3年に一度、掲載された論文の中から1つの候補論文を選出する。
2、編集委員長は、選考結果を理事会に報告する。

第4条 受賞論文の発表と表彰
編集委員長は、受賞論文を定めた後に開かれる年次大会期間中に、受賞論文の著者に優秀論文賞および副賞を授与する。
2、理事会は、同様の内容を、ホームページと動物心理学研究に掲載する。

第5条 細則の設置
選考に必要な事項は「日本動物心理学研究優秀論文賞選考細則」に定める。

第6条 規程の改正
本規程の改正は、理事会の議を経て行われる。

平成29年10月15日制定



【『動物心理学研究』優秀論文賞選考細則】
第1条
本細則は「日本動物心理学研究優秀論文賞規定」にもとづいて、編集委員会が行う選考の手続き等を定めるものである。

第2条 受賞論文の選考は、編集委員長から対象となる論文について以下の評価項目ならびにその評点の説明を受け、編集委員会の審議によって決定する。
(1) 成果の学界への貢献度
(2) 論文展開の論理、研究手法の妥当性など
(3) 記述などの論文形式、俯瞰的な考察の完成度
(4) 論文査読者からの評価
   
第3条 編集委員長は、選考結果を理事会に報告するとともに、受賞論文の著者に通知する。

第4条 本細則の改廃は、理事会で決定する。

平成29年10月15日制定


トップページに戻る