</comment> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="jsapstyle.css">
学会賞

日本動物心理学会 学会賞規程
第1条 目的と名称
日本動物心理学会は動物心理学の発展と振興を目的として、その研究に特段に優れた功績のあった会員に対し「日本動物心理学会賞(以下、学会賞)」を授与し表彰する。

第2条 学会賞の応募
学会賞に応募できるのは、本学会の正会員および名誉会員とし、個人に限る。
2、応募申請には、学会賞応募申請書、履歴書、本人を除く学会員3名以上による推薦書、および業績書を揃え、当該年度の12月31日までに学会事務局に提出しなければならない。業績書には、研究業績を証明するものを添付しなければならない。
3、学会賞の応募申請は、自薦・他薦を問わない。
4、応募期間は、11月1日から12月31日までの2カ月とする。

第3条 選考委員会
学会賞の応募があった場合、理事会はすみやかに学会賞選考委員会を設置しなければならない。
2、学会賞選考委員会の構成、任務、および任期は、別に定める日本動物心理学会賞選考委員会規程によるものとする。

第4条 受賞者の決定
理事会は、選考委員会から報告された選考結果をすみやかに審議し、学会賞受賞者を決定する。
2、学会賞の受賞者数は、年間1名以内とする。

第5条 受賞の制限
学会賞の受章は、原則として一度限りとする。

第6条 受賞者の発表と表彰
理事会は、直近の年次大会総会において学会賞受賞者名およびその業績を発表するとともに、同様の内容をホームページと機関誌に掲載する。
2、受賞者に賞状と副賞を授与し表彰する。

第7条 規程の改正
本規程の改正は、理事会の議を経て行われる。

平成23年9月10日制定

日本動物心理学会 学会賞選考委員会規程
第1条 学会賞選考委員会
学会賞規程第3条に基づき、学会賞選考委員会(以下、選考委員会)の構成、任務、および任期は、この規程によって定める。

第2条 構成
選考委員会は、次の委員をもって構成する。
(1)理事の中から互選によって選ばれた者5名
(2)理事会が必要と認めた学会員若干名
2、選考委員会委員長は、選考委員の理事の中から互選によって選出する。
3、学会賞応募申請者およびその推薦者は、選考委員会の構成員になることができない。

第3条 任務
選考委員会は、提出された学会賞応募申請書等に基づいて申請者を選考し、選考経過とともに1カ月以内に理事会に報告する。

第4条 任期
選考委員会構成員の任期は、当該学会賞選考期間とする。

第5条 規程の改正
本規程の改正は、理事会の承認を得るものとする。

平成23年9月10日制定

トップページに戻る