経営者必見!ニッポンの長時間労働をなくす「5つのおもしろアイデア」

長時間労働をどうなくすかが議論されています。

東京大学大学院の受講生たちが、思わず長時間労働をしたくなくなってしまう、ユニークだけど、無理なくできそうな5つのアイデアを提案してくれました!

経営者の皆さん、必見です!

印刷用ファイルはこちら→ニッポンの長時間労働をなくす5つのアイデア.pdf

——

ニッポンの長時間労働をなくそう!
東大生が考えた 自然と「残業したくなくなる」 5つのアイデア

アイデアその1 残業しないとオトク 「ノー残業手当」

アイデアその2 冷静なうちに決めてしまう 「初出勤日に決める年間有給取得計画」

アイデアその3 みんながやっているとやりたくなる 「みんなのリアルタイム退社モニター」

アイデアその4 お知らせしましょう 「残業時に鳴り響くアラーム」

アイデアその5 だらだら会議はおしまい 「時間制限のある会議設定システム」

“経営者必見!ニッポンの長時間労働をなくす「5つのおもしろアイデア」” の続きを読む

よりよい「連携」づくりに役立つ4つの方法リーフレット公開

地域包括ケアの推進において不可欠な部署間連携。連携には顔を合わせた話し合いの場がつきものです。初めて会う、専門もまるで違う人びと円滑にアイデアを共有したり、アイデア出しを行うのにやくだつ「4つの方法」を紹介するリーフレットです。熊本大学の河村洋子先生の作成です。

河村 小さな工夫でコミュニケーションの質を高めよう.pdf

「健康・介護施策における部署間連携のためのアクションチェックリストv1.1」

昨年度の研究事業で作成した「健康・介護施策における部署間連携のためのアクションチェックリストv1.1」を掲載します。

様々な部署や団体と連携を進めるときに、その必要性や優先順位付けを判断するために役立つチェックリストです。作成は産業医科大学宇野藤野義久准教授です。

藤野et al  アクションチェックリスト 2016.pdf

健康格差算出ソフトHD*Calcの日本語説明ファイル

米国国立がん研究所が無料で公開している健康格差のモニタリングのためのソフトウェア:Health Disparity calculator (HD*Calc)を使うための説明書を添付します(作成:長谷田真帆氏)

長谷田 HDCalc使い方.pdf

ソーシャルキャピタルの評価指標(2016年11月5日更新)

これまで主な公衆衛生関係の調査で使用されてきたソーシャルキャピタル指標を紹介します。ほかにもご存知の方がいたら掲載しますのでご連絡ください!

  1. 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科疫学・衛生学分野のホームページで、「ソーシャル・キャピタル質問項目お勧め版」(研究者・自治体担当者向け)が公開されています。
    (リンク:http://www.unit-gp.jp/eisei/wp/?cat=53
  2. 日本老年学的評価研究(JAGES)版ソーシャル・キャピタル測定尺度(version 3.0)
    市民参加(civic participation)・社会的凝集性(social cohesion)・互助性(reciprocity)の3つの構成要素を、11の質問で測定します。個人単位での回答を集団単位で集計することで評価します。ここから説明文書をダウンロードできます: 斎藤 et al. JAGES SC指標 ver 3.0.pdf

健康格差の評価のための社会背景調査項目

自治体等で健康格差の評価を行う際には、所得や学歴など、個人の社会背景についての情報を入手する必要があります。

これまで国内の主な公衆衛生関係の調査や政府による調査において使われている項目を紹介します。

今後、以下の情報について随時追加していきます。

  • 所得
  • 学歴
  • 職業
  • 年金種別
  • 生活保護等の給付状況