脳外科医 澤村豊のホームページ

様々な脳腫瘍や脳神経の病気について説明しています。

前頭葉白質浸潤・脳室壁に生じたジャーミノーマ

ジャーミノーマには好発部位というものがあります,神経下垂体,松果体,大脳基底核などですが,例外的な発生部位もあるので注意です。この例は,浸潤形態が脳室壁に沿う subependymal infiltrationという特徴からジャーミノーマと画像診断できるものです。
発見時に無症状で尿崩症もなにもなく,下垂体にも松果体にも腫瘍はありませんでした。

21歳男性で交通事故で偶然発見された両側前頭葉腫瘍です。


ガドリニウム増強では,前頭葉腫瘍というより,側脳室壁にベトベトくっついているような腫瘍です。germinoma特有のsubependymal infiltration像を示します。

大きな病院で内視鏡生検術が行われて,chronic cerebritisの病理診断で経過を見ることになりました。

生検後2ヶ月,セカンドオピニオンのために受診された時の画像です。腫瘍が縮小傾向にあります。入院中に行われた何度かのCT被曝の影響で,germinomaの退縮が生じたのだと判断しました。

germinomaの確定診断が必要だと判断して2度目の生検術を行いました。

脳梁部分にあった腫瘍の中心部の病理です。炎症細胞浸潤ですがほとんどがリンパ球であり,典型的なtwo-cell patternの所見を示します。

前頭葉深部白質の所見です。大型の疎な核を有する腫瘍細胞が白質内に散在性に浸潤 infiltrationしています。germinoma cells は,脳白質組織内を遊走 migration できる性質を有しています。


GFAP染色です。ある部位では腫瘍細胞が集簇 cluster して白質内に浸潤 invasion しています。


左はICE化学療法 (IFO/CDDP/VP-16)前,右は1コース終了後です。腫瘍は顕著に縮小してgerminomaとして普通の化学療法反応性を示します。また,松果体と下垂体には腫瘍はありません。


ICEを3コース行なって腫瘍は完全消失して,前頭葉浮腫も消えました。その後に,全脳照射 25.2Gy/14分割を加えました。無症状で復職することができました。

 

 

Copyright (C) 2006-2021 澤村 豊 All Rights Reserved.