本文へスキップ

香取研究室は、医学史、盲人史、東洋医学をメインに研究しています。

プロフィールPROFILE

著者略歴
 1958年、群馬県で経絡治療家・香取利雄の長男として生まれる。

 立正大学文学部史学科入学、古文書学、新田氏の成立について研究。1976年 1976年 
 1983年立正大学大学院修士課程修了。
 1986年、筑波大学附属盲学校高等部専攻科理療科卒業。あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゆう師免許取得。
 同年より経絡治療の講習会・鍼光会に入会。現在学術部長。
 1989年、筑波大学理療科教員養成施設卒業。江戸幕府の医学制度・盲人について卒業論文を提出。
 1989年より群馬県立盲学校教諭、現在に至る。
 2006年WHO/WPROによる経穴部位の国際標準合意に作業部員として参加。

 2010年、財団法人杉山検校遺徳顕彰会・杉山和一生誕400年祈念事業実行委員会より学術奨励賞授与。

【主な著述】
 江戸幕府における鍼科と盲人の鍼科登用に関する研究
 (長尾榮一教授退官記念論文集『鍼灸按摩史論考』、
 桜雲会、1994年)
 杉山和一 その文献と伝説(『理療の科学』第18巻第1号、1994年)
 杉山和一の屋敷と杉山鍼治講習所について(1)(2)(『医道の日本』54-10・55-7、1995年・1996年)
 元禄時代の鍼・灸・按摩・医学史料 −附 『隆光僧正日記』医師・医事索引−(『理療の科学』第20巻第1号、   1997年)
 新発見・三嶋総検校安一の史料と土浦の伝説(『医道の日本』第793号、2009年)
 その他

【主な仕事】
 日本理療科教員連盟教科書編纂委員、第二次日本経穴委員会作業部員。



このページの先頭へ

香取研究室