日本メイラード協会 お問い合わせは電話またはフォームにて
日本メイラード協会 電話を掛ける

会長挨拶

山本靖彦

 日本メイラード学会の“メイラード”という名称は、フランスの科学者Louis Camille Maillard 博士(1878-1936年) の人名に由来します。アミノ基とカルボニル基の間で起こる求核付加反応に始まる一連のアミノカルボニル反応のことを称して、メイラード反応といいます。
 食品学的視点から見ると、メイラード反応は、食品の嗜好性や品質を考える上で欠かせないばかりか、安全性、加工特性、機能性にも関わっています。一方、生体内で生じるような現象を病態生理学的な視点から見ると、本反応はありとあらゆる場所でランダムに生じることから、様々な病気の発症や病態の形成に関与していると考えられます。例えば、糖尿病・糖尿病合併症、動脈硬化、アルツハイマー病に代表される神経変性疾患、白内障、加齢黄斑変性症などの加齢関連疾患、そして老化そのものにも深く関連します。
 他の動物と比べた時、メイラード反応が起こっている加熱・貯蔵した食品を食べ、そして、生体内メイラード反応が影響するほど長生きするのは人類だけです。人類が考え続けなければならない奥深い反応といえます。
 谷口直之先生、宮澤陽夫先生、鈴木敬一郎先生、村田容常先生のこれまでの歴代会長や名誉会員の先生方、そして、役員や会員の皆様方が築いて来られた本学会の活動をさらに充実発展できますよう、様々な分野の方々のご支援や積極的なご参加をお願い申し上げます。

NEWS -新着情報-
国際メイラード反応シンポジウム  2021.08.23【締切間近‼】第14回国際メイラード反応シンポジウム(ドーハ2021年9月20日〜24日)
日本分子生物学会  2021.06.18第44回日本分子生物学会年会にてワークショップを開催いたします
日本生化学会  2021.06.17第94回日本生化学会大会にてシンポジウムを開催いたします
紫綬褒章  2021.06.15川上正舒先生(自治医科大学名誉教授)が「紫綬褒章」を受章されました
国際メイラード反応シンポジウム  2021.04.05第14回国際メイラード反応シンポジウム(ドーハ2021年9月20日〜24日)
第30回JMARS年会開催  2021.01.25第30回JMARS年会開催報告
研究助成  2020.12.14【研究助成】 三島海雲記念財団2021年度学術研究奨励金の応募受付を1月12日より開始いたします
  2019.12.23第30回JMARS年会開催のご案内
研究助成  2019.12.12【研究助成】 三島海雲記念財団2020年度学術研究奨励金の応募受付を1月10日より開始いたします
第29回JMARS年会開催  2019.10.30第29回JMARS年会開催報告
研究助成  2019.05.21【研究助成】 第9回(2020年度)三島海雲学術賞に関する推薦公募情報のご案内
2019 International Symposium on Glycoconjugates  2019.05.152019 International Symposium on Glycoconjugatesが開催されます。
  2019.05.08第29回JMARS年会開催のご案内
東京都医学総合研究所  2019.01.16東京都医学総合研究所でAGEsのシンポジウムが開催されます。
研究助成  2018.12.11【研究助成】三島海雲記念財団 2019年度 学術研究奨励金の応募受付を1月10日より開始いたします
谷口先生受賞  2018.11.07谷口先生が2018 Karl Meyer Lectureship Awardを受賞されました
第41回日本分子生物学会年会  2018.10.31第41回日本分子生物学会年会で「糖化生物学の病態生理~食品化学から創薬まで~」を行います
第28回JMARS年会開催  2018.10.30第28回JMARS年会開催報告
日本生化学会大会  2018.10.29日本生化学会大会にて、セッション『グリケーション研究の潮流』行われました
  2018.08.23第28回JMARS年会開催のご案内
  2018.01.07第27回JMARS年会開催報告
  2017.08.01第27回JMARS年会開催のご案内
  2017.01.07第26回JMARS年会開催報告
  2016.08.02第26回JMARS年会開催のご案内
  2016.01.23第25回JMARS年会開催のご案内
  2015.06.15第25回JMARS年会開催報告
宮澤陽夫先生  2015.04.01宮澤陽夫先生が紫綬褒章をご受章されました
  2014.08.13第24回JMARS年会開催報告
  2014.01.03第24回JMARS年会開催のご案内
  2014.01.02第23回JMARS年会開催報告

 新着情報一覧へ

国際メイラード学会

CONTENTS

ページのトップへ戻る